タグアーカイブ: 東日本大震災

風の電話

数年前に放送されたNHKのドキュメンタリー番組で存在を知ったっけ…
現時点で3万人もの方々がこの場所を訪れておられるとか。
20200207_224953

映画「風の電話」を観てまいりました。
東日本大震災の津波で家族を失い、広島の叔母に引き取られた少女・ハルが
叔母が倒れたことをきっかけに故郷の大槌町を目指す…というストーリー。
ヒッチハイクを繰り返すうちに震災で妻子を失った福島出身の森尾と出会い、
お互いに境遇を重ねながら生きることの意味を見出していく…

そんな感じかな。
台本は一応あるようですが、基本的にアドリブで演じられているためか
リアリティがすごいです。
最後に辿り着いた「風の電話」でのハルのセリフは圧巻でした。
淡々と"おしゃべり"しているだけなんですが、これがもう"普通"すぎて。
心にじわじわくるんです。泣きそうになりました。
セリフ以外にも挨拶できないとか、渡し船に乗るのを躊躇するといった
ハルの言動がいちいち気になり、ハルに寄り添うように観ていました。
映画というよりドキュメンタリーを観ている感覚だったな。

東日本大震災の発生から間もなく9年。
私にとってはあっという間でしたが、被害に遭われた方にとっては
一体どんな9年間だったのでしょう。。。
3月には福島第一原発を題材にした「フクシマ50」が公開されますので
そちらも観に行く予定です。

録画予約完了。

5分番組なので、番組表を見てもただの赤い棒にしか見えない…
DSCN1934
 
DSCN1939花は咲く~アニメスター・バージョン~
5分間の間、38ものアニメーション作品がぎゅう詰め状態!
歌うのは水樹奈々さんと山寺宏一さん。すごい。
 
 
今夜…厳密には明日の3:20くらいからの放送です。
たった5分間ですが、とにかくインパクトが強いです!
妖怪ウォッチや進撃の巨人といった最新のアニメーションも入っていますが
思わず「懐かしい!」と叫びたくなるものもたくさんありますよ~
気になる方は是非に♪
 
あ。ようつべにもUPされています。
…いつ消されちゃうか分かりませんが^^;
 
 
 
それにしても…やってくれるな、NHK!

あれから5年。

東日本大震災が発生した当時に感じたことを振り返ってみました。
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
当時勤務していた神戸の職場でも震度2を観測したあの時。
別棟で遅い休憩時間をとっていた方が事務所に飛び込んできて
「東北が凄いことになっているみたい!でも、こっちも揺れたよね?」と…
(※私は立ち仕事をしていたので気付きませんでした)
 
その後、職場では情報収集に追われましたが…
津波警報発令でパニック状態になったらしい経営者の所業たるや
「非常時こそ人間性が見える」のわかりやすい見本でしたね(笑)
従業員一同に「こういう時には会社を守るものだ!」と
土嚢袋や木の板をホームセンターに行かせて出入口等に積み上げさせ、
家族がフラッシュバックを起こしていないか心配し帰宅したいと申し出た
従業員の懇願を無視し、全員を20時近くまで会社待機させ。
一部の従業員は社長命令で職場で一夜を過ごしたそうで、
翌日出社するなり「会社を守ってこそ社会人だ!」
ワケワカラン訓辞を垂れて居残り組に大賛辞を送っていました。
…本人たちにとってはむしろ大参事だったろうにーー;
従業員やその家族の命よりも会社が大事って… 一気に心が離れましたわ。
 
私にとっての「5年前」はそんな感じでした。
阪神淡路大震災の被災体験談があちこち話題に上るたびに
被災地での大変さを理解できず、もどかしく感じた時期でもありました。
どんなに頑張っても想像しきれないのです。
状況を理解しても心理状態までは再現しきれませんから。
そういう経験がないことは本当に幸運なんですけどね…
 
関東を離れて2年後の大災害…あまりにも絶妙過ぎるタイミングに
「私が住んでいる場所は安全」という変な噂?も一部で流れたな^^;
ちなみに阪神大震災の3年前に四国から関東へ移り住み、
阪神大震災の2か月後に起きた地下鉄サリン事件の当日は遅番出社でした。
(職場に到着してから一時的に呼吸困難になったけどーー;)
生命の危機に陥るような出来事には触れずに済む運の持ち主なのかも。
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
5年という節目の年に、奇しくも震災発生当時と同じ金曜日という巡り合わせ。
アフター5や休日の予定にワクワクしている方もおられたでしょう。
平々凡々な日々を過ごすことが決して当たり前ではないと思い知ったあの日。
 
なんというか…
日々不満に思っていることとか、本当にちっぽけだな~と。
それでも目先のことに囚われて思い詰めて方向性を見失って
変な方向に突っ走ったりしちゃうんだよね…
そんなことを5年という節目を迎えて改めて思った次第です。
 
一個人の事情と震災がもたらした試練ではスケールが違い過ぎるけど
 
生きていきたい。
幸福に、できれば苦労のない人生を送りたい。
多分…気持ちはみんな同じじゃないかな。
 
うん。頑張ろう。
自分に恥じない人生を送ろう。
 
 
 
 
最後になりますが…
被災地の一日も早い復興と、被災された方々の心が癒されることを。
そして…震災の犠牲となった多くの御霊が安らかであることを。
心よりお祈り申し上げます。

阪神淡路大震災1.17のつどい

今年は震災発生から20年という節目の年、更に土曜日が重なったこともあってか
例年よりも人出があるとのこと。私も今年初めて会場へ行きました。
 
祈りに包まれた東遊園地はとても静かで、厳かな雰囲気が漂っていました。
IMGP6130
IMGP6117IMGP6118
IMGP6128IMGP6127IMGP6131
 
IMGP6116IMGP6110IMGP6113
 
3.11犠牲者への祈りの場も…
IMGP6136IMGP6141
IMGP6138IMGP6139
 
IMGP6145
東遊園地の北側(神戸市役所側)、花時計のそばにあるマリーナ像。
震災前と同じ場所に設置されているとか。
よく見ると倒壊時の傷跡があちこちに残って痛々しい御姿です。
(脚の部分がへこんだりしています)
腕の中の時計は今も震災発生時の時刻を留めたまま。
立ち止まって撮影する方が多かったです。 …私も撮っていますが。
 
 
 
こちらに引越してからずっと気になっていた“震災のつどい”ですが、
何となく部外者(というのか?)は遠慮したほうがいいのかな…と思っていました。
今後はできる限り会場で祈りを捧げようと思います。
 

時々、無性に食べたくなるんだよね…

発売から80年目にしてこの快挙!
ですが…その背景を考えると素直に喜べない感もあるな==;
 
 
しかし。。。
ビスコ保存缶」の存在は知らなんだわ^^;
ウチも備蓄しとこうかな。。。乾パンもいいけど、甘いのも食べたいさ~♪
 
 

実物、見てみたい!

正直、AKB48には興味がないです。ガンダムとガンプラが好きなだけさっ!!!
 
本文にも書いてあったけど…クオリティが高すぎ。
「笑うレベル」という表現も納得です。
組み上げる気はないですけど、愛でるには良いですな^^;
 
ただ…制作者の言葉は結構重かったです…
 

国民性というものは

こんなところにも垣間見えるものなのですね。
…見られているほうか、呟いている方かはさておいて。
 
 (↑クリック)
 
これが2年前の出来事だったら、この光景に私の姿もあったかもしれません。
いつまで経っても動かない電車を待ち続けるか
あるいは 帰宅支援マップの実践経験 を活かすべく、徒歩で帰宅していたか。
 
いずれにしても疲労困憊な結果になっていたことでしょう…
 
 
埼玉在住で都内勤務(台東区)の妹も帰宅難民となりましたが
幸いにも職場の方のご自宅に泊めていただくことができました。
(ちなみに当日の夕飯は会社の方々と職場で鍋をつついたそうです)
最初は連絡が取れなくてやきもきしましたが
安全な場所で、しかも布団で休めると知りホッとしました。
 
その後で思い出したのがブログ仲間のこと。。。
ミクシィのつぶやきなどで無事を確認し、こちらもひと安心。
昔の職場仲間とは連絡を取っていませんが、
帰宅難民と化していそうでちょっと心配…
住まいも千葉だったり埼玉だったりするしなぁ==;
 
昨夜から今朝にかけて地震情報にかじりついていたためほとんど寝ていません。
そのせいで今猛烈に眠いです==;
 
私の周囲では人的にも物質的な被害もありませんでしたが
現地の悲惨な状況をテレビで目にするたびに胸が痛みます。
 
末筆になりますが
被災した皆様方にはお見舞いを申し上げるとともに
一日も早く復興されますことをお祈り申し上げます。
また、犠牲となられた方々、ご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。