タグアーカイブ: 来場者特典

「違うよ、それはヴァイオレットじゃなくてパンジーっていうんだ。」

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンより。
ギルベルトの生存が明らかになる重要なシーンです。

というわけで?「ヴァイオレットじゃなくてパンジー」の画像をば(笑)
20201220_153137

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

以下は愚痴です。めっちゃ映画館の悪口を書きます。
簡単に割り出せるとは思いますが、施設の名称は伏せておきます。

本日、劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンを観納めてまいりました。

本当は金曜日の夜で最後のはずでした。
が…シアターの環境に満足できず不完全燃焼になっちゃって。
スクリーンの状態があまりにも悪すぎて集中できなかったんです。
継ぎ目っぽい筋や汚れっぽいものがやたらと目立っていただけでなく
フットライトか非常口ランプが光源と思しき光が反射していたという…
正直、こんなんで金取るん?と言いたくなるほどの酷さでした。

そんなわけで「土日外出自粛」を破って観に行ったわけですが。

今日は劇場スタッフの不手際にガチギレ。
まだ上映が終了していないのに出口ドアが開放されてしまったんです。
結果、スクリーンに光が入り、売りであるはずの"没入"が台無しに。
エンドロールのラストにおまけ映像が流れるというのに(怒)

それとですね…
機材トラブルかもしれませんが、一瞬だけ音声が途切れました。
電灯が点く様子を作業棒を持ったガス灯の点灯夫が呆然と眺める…
ヴァイオレットたち代筆屋の行く末を暗示していて   
個人的には物凄くお気に入りのシーンなだけにめっちゃ残念で。
でもま、一瞬のことだったので気にせず続きを観たのですが。。。

ドルビーシネマでドア開放はさすがにないでしょ!!
こっちは作品に入り込みたくて割増料金を払っているんだよ…
基本のサービスくらいきっちり果たしてくれ(怒)

あ~スッキリした。
劇場スタッフがこのブログを読まれるかどうかは知りませんが
観客は作品だけでなく映画館の質も込みでお金を払っているということを
分かっていただきたいです。    
言うまでもないけど「質」とは設備だけを指しているわけではないからね!

本日も入場者プレゼントの絵葉書をいただきました。
18枚もGETしちゃった…部屋中に飾りまくろうかしら^^;
20201220_164411

明日からはいよいよ月締め&四半期決算モードに突入します。
これを乗り切ったら年末年始休。あっという間の2020年でした。
コロナ禍に終始しちゃったな…ーー;

増殖中…

ここから増えるとしてもあと2枚だと思いますけどね。
20201216_214814

梅田ブルク7のドルビーシネマでは今週末から上映時間が昼間になります。
が…土日の県境跨ぎに関しては自粛することに決めましたし、
平日は仕事なので当然ながら行けるはずもなく。
大阪ステーションシティシネマでは来週も21時の回が設定されていますが
仕事帰りに通うような時間帯ではない!ーー;

地元映画館も木曜日で上映終了。昼間なので観たくても行けませんけど(泣)
というわけで、ヴァイオレット鑑賞は今週末が観納めとなりそうです…
この3ヶ月間、通いに通ったわ~!!
「映画に出てくるちょっとインパクトのある数字」と同じ回数観ました。
ご覧になった方には簡単なヒントですが…まあ、結構な数字かと^^;

今日はレディスデーだったので私はお得に観ることができましたが
シアター内は男性客の姿が結構ありました。
もしかして例の報道(何とは書きませんが)が引き金になったのかな?
ドルビーシネマでの上映期間もいきなり1週間延びましたしね…
個人的には良作だと思いますので、そういうことを抜きにしても
機会があったら是非観ていただきたいと思いますが。。。

さて。炬燵で撃沈する前に布団へ移動するか…

夜遊びモード。

と書くと「こんなご時世に!?」と呆れられるかもしれませんが。
仕事帰りに映画を楽しんでいるだけ♪…観ているものが偏り過ぎですが^^;
20201208_230418   
既に何度も観ている劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン(笑)
現在の入場者プレゼントは絵葉書の再配布です。
…て、コレが目的で観に行ったわけではないんですけどね^^;
(今も週1,2回のペースで通っています)
昨日、普通のシアターで観てちょっと物足りなかったので
続けてになるけどドルビーシネマでも鑑賞した…というのが実態です。

そう。ドルビーシネマ。こいつが実に曲者なのですよ。。。
観比べるとやはり映像も音響も段違いなのがよく判るんです。
なんかもう…ハマりそう…否、既に手遅れか?^^;

で。
木曜日の仕事帰りにコレを予約しちゃった~☆
20201208_204914

世界的に有名なアニメーション作品ですが、観たことがありません。
公開当時は好きな絵でも作風でもなかったのでね…

COVID-19感染というリスクゆえ外で遊び辛い雰囲気がありますが
できる範囲で楽しく過ごせたらいいな…と思います。
とりあえず映画館に行く時はヒートテックを着込むようにしよう…
(換気のせいか冷たい風が吹いていてちょっと寒いのだ…--;)

おさらい上映ですと!?

1/23公開の「シン・エヴァ」の前に序破Qを週替わりで上映するんですって~
正月休みに自宅のDVDでおさらいする予定でしたが
映画館の大画面と音響で観られるとなると…う~むむむ。
観に行くしかないかねぇ?←完全に踊らされとります^^;
20201128_191211

そういえば、こちらは「全米に先駆けて公開!」だとか。
何度も予告編を観ているのに食指が動かないので観ないと思うけど(笑)
20201128_191334

昨日も今日も仕事帰りに映画館。でもって明日も映画館。
観る作品は全部同じ~☆
入場者プレゼント狙いですが、欲しいものが当たらない~(泣)
なので…明日のドルビーシネマで最後にします。
欲しいものを引き当てたら次も観よう!と思うかもしれませんが
さすがにモチベーションが下がっています。。。--;

とりあえず寝よ。

実話ベース2作

このところ観たい映画・気になる作品が続々と公開されているので
金欠で困っておりますわ~♪←コラコラ(笑
20201118_23032020201123_225428

◆ドクター・デスの遺産
「人には生きる権利と死ぬ権利がある」と死にたい人間をネットで募集し
報酬をとらず次々と安楽死させる"ドクター・デス"。
"被害者"のダイイングメッセージや関係者の証言などをコツコツと集め
少しずつその正体に近づいていく様子にドキドキ。
「罪の声」のように自分も捜査に加わっているようで面白かったです。
とはいえ、安楽死…尊厳死というべきか…結構重い題材ですね--;
海外には安楽死を認める国があり、死を選択した日本人もいらっしゃいます。
ペットの安楽死は日本でも行われていますよね。
「死ぬ権利」については何度か考えたことがありますが…
難しすぎて答えが出せません。。。

◆ストックホルム・ケース
「ストックホルム症候群」の語源となった事件を題材とした作品。
銀行強盗などの人質が犯人を庇うような行動を取る状態のことを指しますが
どのような状況下だとそういう心理状態になるのか?
というシミュレーションのような作品…とでも言えばいいのかな。
まあ…ぶっちゃけ、犯人だって人間ですからね~
人柄や目的によっては、あるいは人質の心が動くこともあるかもしれませんが。
正直、体験してみないと答えが見いだせないかも…
もちろんそんな事態には遭遇したくないですけどね!^^;

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

今日から月次決算に突入しましたので映画はしばらくお預け。
…が…そんなタイミングでヴァイオレットの入場者プレゼントの発表が!
なんと、私が入手できなかった小説が貰える…かもしれないのです。
3種類のどれが当たるか分からないけど、行くしかないでしょ?
というわけで~金土の仕事帰りはヴァイオレット鑑賞ケテー(笑)
…いいんだ。好きなんだから。ふふふ…金欠ばんざーい!!!

そうだ、京都、行こう。

JR東海の回し者ではございませぬ(笑)
20201113_215340-edited20201113_19590420201113_19593320201113_195919

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンのドルビーシネマ公開が
本日から始まったため早速行ってまいりました。
自宅の最寄シアターは梅田ブルク7ですが、敢えてのMOVIX京都。
だって…貴重な舞台挨拶のサインが飾られているんですもの。

初めてのドルビーシネマ鑑賞。
音に奥行きがありますね…小さい音をきちんと拾っている感じ。
低音の圧も結構凄かったような気がします。
映像は…ヴァイオレットは全体的にほんわりとした色使いだからか
普通のシアターと大きな違いは感じませんでしたが
エンドロールや画面の切り替え時の黒色はやたらと強かったです。
ビビットカラー使いの映像だとハッキリクッキリするのかもね…
あ、でも画面の明暗はハッキリしていたかも?
暗くてよく分からなかった小さな表情や動きが見やすかったです。
特にラストのヴァイオレットが海に飛び込んだ直後のシーンで
ギルベルトがバイオレットの声に反応して少し顔を上げるところ。
通常のシアターでは何となく顔の角度が変わった?くらいでしたが
はっきりと顔を上げているのが分かりました。
鑑賞料金+500円分の価値はあった…かもしれない???(笑)

約1年振りの京都は外国人観光客の姿がなく、ちょっと不思議な感じでした。
錦市場もサクサク通れましたしね~(笑)
新型を「いちげん」と呼ばせたこのポスターには思わず笑っちゃった☆
CIMG9318

いつもお参りしている錦天満宮さんは手水禁止に。
お清めできず申し訳ない気がしますが…仕方がないですねーー;
20201113_105946

今日はほぼ終日京都で過ごし、明日は神戸を散策…昨日も行ったけど。
大阪には仕事で行っていますし…ナニゲに三都物語状態ですな(笑)
COVID-19の感染拡大が懸念されていますので外出時には気を付けないと…
とりあえず寝ます。明日も早いので。

邦画2本。

金曜日の仕事帰りに観に行ったこちら。
女子高校生をはじめ、女性に囲まれての鑑賞って初めてかも…
主演の2人がジャニーズだからでしょうかね^^;

20201106_224047

461個のおべんとう
高校に進学した息子のために父親が毎日お弁当を作るお話。
家族の話でもあり、人間関係の話でもあり…でもやっぱりお弁当の話。
あの玉子焼きのバリエーションは凄かった~!
ほぼ毎回入っているけどいろいろと工夫されていました。
肉巻きもそうかな?オクラ入りのは断面図が可愛かったです^^
イノッチ演じる父親はミュージシャンということもあり、
OP、EDはもちろん、劇中にもライブシーンがチョイチョイ出てくるので
ちょっとしたミュージッククリップっぽかったです(笑)

十二単衣を着た悪魔
20201107_143330

主人公は採用面接59敗でフリーター生活に甘んじている伊藤雷(らい)。
「源氏物語と疾病展」というイベントのアルバイト帰りに落雷を受け
気が付いた時には源氏物語の世界にタイムスリップ!
持っていた現代の薬(イベントでのいただきもの)で弘徽殿の女御の病状を
和らげたことでお抱えの陰陽師として生活していくことに…というお話。

ん~…原作を読んでから観たのですが…ちょっと失敗だったかなーー;
端折られ感が凄くて。映画の尺的に仕方がないとは思いますが。
それ以前に…すみません。全体的に私好みの演出ではなかった。。。
特に最後のシーン…あれのせいで気分が萎えちゃったんだ~ーー;
恋愛関係を強調されるのは不得手なもので。てか子供は??って。
(原作と映画、両方をご存知の方にしか分からないネタです。)
こればかりは解釈の違いというしか。監督さんには申し訳ないーー;
弘徽殿女御の人となりはそれなりに出ていたかな?と思います。
でも…男性の監督さんが手掛けたらもっと面白い解釈になったかも?
…あれ。「娼年」を観た時は原作者が女だったら…って書いたっけ…
我儘な奴で本当にすみません!ーー;

「十二単衣~」は土曜日の朝一番に観に行きました。
でもって一旦帰宅し、夜に再び同じ映画館でヴァイオレットを鑑賞。
できれば続けて観たかったけど上映時間が合わなかったんですよね~
別の施設での用事もあったので、思い切って時間帯を空けました。
徒歩圏内に大きな映画館があるのは便利だなぁ…
20201107_174720

半券キャンペーン参加中に付き、意図的に座席番号を隠しています。
応募するには半券画像が必要なのですよ…
当たる確率は相当低いと思われますけどね…最後まで足掻きます♪^^

アンと愛情

「和菓子のアン」シリーズ第三弾!
10月22日に発売された本ですが…ネット予約していたら24日に到着したという。
本屋さんで買えばよかったわ~==;
20201024_141958

掲載誌のジャーロ(※電子版のみ)で内容は知っていましたが
やっぱり手元に置きたいですから…今後も単行本で揃えるつもりです。

タイトルは巷の予想通りでしたね~2作目が「青春」でしたし。
話の展開的には本家「アン・ブックス」に至りませんでしたが
恋のお話はそこそこ強めな感じでした。
アンちゃんと"乙女"の関係はともかく椿店長…意外過ぎなんですが!
恋バナ的展開はあまり得意ではないので(案外純情なんです…笑)
アンちゃんの奥手っぷりに感謝…していいのか?な??今後の展開的にも^^;

あまりネタバレしたくないのでこの辺で~☆

今日は朝からヴァイオレット・エヴァーガーデンを観てきました。
言わずもがなの入場者プレゼント狙いでございます(笑)
20201024_14415420201024_144211

来週末に大ヒット御礼舞台挨拶がMOVIX京都で開催されますが
仕事以外に県境越えしないと決めている私…もちろん行けません(泣)
当日の上映回にて中継が入るとのことなので頑張って予約を入れます!!
今回は音響監督さんも登壇されるということですし…楽しみっ♪

「鬼滅の刃」的空間

映画館がこんなに込んでいるのって本当に久しぶりに見ました。
超話題作ともなると観客動員力が半端ないですね~^^;
CIMG9241

呑気に写真撮影なんぞしているうちに入場を待つ列がどんどん伸びてきて
ついには私が立っていた場所に到達。
そのまま列に吸い込まれるという「よもやよもや」な展開となりました^^;

というわけで…観てきました、劇場版・鬼滅の刃。
入場者プレゼントは特別読切の"煉獄零巻"と塗り絵(裏面にもデザインあり)。
パンフレットは通常版と豪華版の2種類があり、通常版を購入しました。
20201017_200037-edited

本作はテレビシリーズの続きで原作の7-8巻にあたるようですね。
原作もテレビアニメもすっ飛ばし~な状態での鑑賞となりましたので
事前にサラッとあらすじだけ確認しましたが、割と分かりやすい内容でした。
年齢問わずファンが多いのも頷けるし面白かったです。

煉獄さんのことはみもさんのコメントから推察できましたが
確かに涙なしには語れない展開ですね…
隣に座っていた若いパパさん、めっちゃ泣いていました。
原作やテレビシリーズを知っていたら感情移入度はかなり高かったかも。

炭治郎の心の中にある「無意識」のシーンがとても綺麗でした!
あと、音楽がドストライクでした…梶浦由記さんなんですね~納得。
(実は梶浦由記さんの隠れファンだったりする)

久しぶりに家族連れ満載の劇場に入りました。
上映時間まで結構ざわついていましたが、始まるや否やシーンとなって
ちっちゃいお子さんでもちゃんと集中しているんだな…と感心。
途中で「おわった~?」という甲高い声が聞こえていたり
上映終了後に「途中から寝ていた」という声がチラホラ聞こえて来たり
靴を光らせていたらしい子、じっとできなかった子らが叱られていたりと
なんとも微笑ましい光景のオンパレードではありましたけど^^;

面白かったけど熱というか圧が凄くて…だいぶ消耗しました。。。
久しぶりにほぼ満席のシアターに入ったことも拍車をかけたかな?
帰宅するなり布団に入って2時間爆睡してしまいました。
じっと座って観ているだけでも気力・体力が必要なんですね…
これもお年頃のせいなんだろうか?--;

3週目入場者プレゼント

コレが欲しいがために仕事帰りに映画館へ行ってまいりました。
20201002_231822-edited

もうネタバレしちゃってもいいと思うので書いてしまいますが
最後にヴァイオレットとギルベルトの「その後」がちょっぴり出てきます。
ヴァイオレット…だいぶ感情豊かになったと思うけど
思考回路や口調は変わらないのね…もう少し砕けていると思ったのに^^;

映画館を出たのは22時前、帰宅してからもこの本に夢中で
23時半を回っていることに気が付きませんでした。
道理で眠いと思った。。。

四半期決算でバタバタしていたせいか、やたらと眠いです。。。
今夜は(「も」だよな…多分^^;)寝ます。

ちなみに明日も朝から夕方まで映画館。。。ふふふふふ。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。