タグアーカイブ: 来場者特典

犯罪行為

…に、遭遇したかもしれません。
20191122_220836

蒼穹のファフナー THE BEYOND 第4話~6話先行上映にて。
第6話が始まる直前、耳慣れた…
けれども映画館内では絶対に聞いてはいけない音を耳にしました。
そして上映終了後。ふたたびその音が聞こえました。

それはスマートフォンの動画撮影時の操作音…
私の席のすぐそばでした。

その音がした場所に居た人物は薄青色っぽいスマートフォン
(カバーの色かもしれませんが)を鞄の中にしまっていました。
ですが…映画を観終えた後の行為としては不可解すぎ。
普通は上映中オフにしていたスマホを起動させるために取り出すんじゃない?

「録音してた?」と声を掛けましたが相手は完全シカト。
まあ…聞こえていなかった可能性もありますが。

杞憂であることを望みます。

が…もし私の懸念が当たっていたとしたら…
ファフナーファン、引いては映画ファンとしてこれ以上の失望は有りません。

蒼穹のファフナー THE BEYOND 第四話「力なき者」第五話「教え子」第六話「その傍らに」

前回の第1話~第3話先行上映から早半年。
早くも続きが気になって仕方がない…また半年待つのか???==;

20191108_170447
20191108_17015520191108_170639

第3話のラストは転生総士がマークニヒトで大暴れするところまででした。
結果は…まあ…第4話のタイトル通りでしたけど^^;
とはいえこれで考え方を改めた総士君。
自分でちゃんと考えて結論を出すべく、お勉強を開始します。偉い。
表情が硬く冷徹な態度を取り続けていた真矢の表情もようやく軟化…
転生総士には容赦なく銃を向け…というか発砲しちゃいましたけど^^;
転生総士は彼なりに彼女の言動を冷静に受け止めているようです。
でも…元の総士時代を思い出すことがあったら…う~ん…複雑。
ちょっとドキッとするシーンもありましたし。。。

とと。感想はここまで!
今回も「そこで区切るか!?」と叫びたくなるほど衝撃的なラストでした。
他の方も同じだったらしく、エンドロール中に席を立つ人は皆無。
明るくなっても場内は静かで席を立つのも憚られるような雰囲気でした。
ネタバレになるから詳しく書けませんが…えええ?あなたがっ??って…
あれはショックだ…なんでなんだよ~!!!

いやぁ…相変わらず容赦ないですね、ファフナー。。。
なんだかイヤンなフラグもチラホラ立っちゃっている気がするし。

というわけで。続きはよ!!

好かれているのか、嫌われているのか。

昨日も今日もアン・マグノリア…なぜだ==;
20191010_213649

結局、シャルロッテ姫は1冊だけという結果に…(泣)
一応コンプリートしているので高望みはしちゃいかん!と思いますが、
ここまで通ったんだからせめてあと1セット欲しかった。。。
誰かトレードしてくれないかな…できればアンと。
(もちろんリオンでもイザベラでも構いません!)

アン・マグノリアに限ってはトレードなしで差し上げますよ~
こんなに持っていても仕方ないもん。。。

なんだか疲れてしまったので寝ます。
コメントのお返事を溜め込んでいて申し訳ありません。
明日以降に少しずつお返事させていただきます。

勝負は明日。

シャルロッテ姫に嫌われる日々…(泣)
20191009_212650

画像上はヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝の入場者特典・完全版。
下は左から
アン・マグノリアと十九歳の誕生日(5冊)※1冊は本日入手で鞄の中…
リオン・ステファノティスと一番星(2冊)
イザベラ・ヨークと春の雨(2冊+ケース付き1冊)

「シャルロッテ・エーベルフレイヤ・フリューゲルと森の王国」は
公開2日目にGETして以降、ご縁がありません。
途中から加わったイザベラ・ヨークは2冊もあるのに…なぜ?
(※ケース付きイザベラは3週目特典で確実に入手できるものでした)
一通り揃っているとはいえ、こうもバランスが悪いと流石に気になります。

明日は公開5週目の上映最終日。ランダム配布も明日で最後となります。
もちろん観に行きましてよ!
どうかシャルロッテ姫とご縁がありますように。。。

…あ。
もしかして「姫」呼びがいけないのか???
(シャルロッテ様は隣国王家に嫁がれ、冊子の時点では王妃となっています)

明日もご縁が無かったらどうしよう?
どなたか交換してくださらないかしら… できればアン・マグノリア嬢と。
TVシリーズのアンのエピソードは涙なしには観られない話のひとつですが
だからといって同じ話を何冊も欲しいとは思わないよ…==;

「エイミー…私も幸せを運ぶ人になりたい」

既に10回以上観ているヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝。
当然ながらあらすじが頭に入っている状態で観ていますので
回を重ねるごとに感動ポイントが少しずつ変わっていくわけですが…

テイラーが発した表題のこのセリフ。
ストーリーが頭に入って初めてとてつもなく"重い"言葉であると感じました。

親に見捨てられエイミーに拾われたテイラーが「選んだ」未来。
きっかけはエイミーの手紙を届けたベネディットでしたが、
手紙を送ったエイミーの心からの願いが叶った瞬間でもありました。

遠く離れていても、どんなに時間がかかっても、強い思いは必ず通じる。
それを手伝うのが自動手記人形と郵便配達人の役割。

…思い出したら泣けてきたわ。。。

というわけで。
本日4週目公開を迎えるヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝を観てきました。
繁忙期ですが、すでにストーリーが頭に入っているので気分転換になるのよね…
20190927_213045

今週の来場者特典は特製色紙。ヴァイオレットが薄く微笑んでいます。
「僕の人生は何もない」と人生に後ろ向きなイザベラ(エイミー)と
目を輝かせて「郵便配達人になりたい!」と宣言するテイラー。
姉妹の視線がそれぞれの心情を物語っていますな・・・

来週はいよいよ公開最終週。
せっかくなので京都まで足を延ばそうかな。。。

揃いました。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝」3週目来場者プレゼントをGET!
4冊目の小説(右)と収納ケース。
20190921_204812

早速1,2週目プレゼント(3種類の小説)と合体♪
20190921_20495120190921_205324

4冊目の小説は現在公開中の作品に出てくるイザベラの物語で
映画では描かれていないエピソードが含まれています。
時期的には「少し疲れてしまいましたね」の直後くらいかな…?
(観ていない方には分からない話ですみませんーー;)

2週間の上映予定だった本作品は公開前に3週間に延びて上映館も増え、
全ての映画館ではありませんが4週目、5週目の上映も決まりました。
4週目(9/27~10/3)は四半期決算ど真ん中なので微妙ですが
最終週の5週目にはたぶん落ち着いているので観に行こうと思います。

他にもイロイロ観たい作品があるし…しばらく映画館通いかな。。。

四半期決算前にがっつりお出掛け。

昨日(9/14)は半日出歩いて疲れました… 体力を付けなきゃだわ--;

今週もヴァイオレット・エヴァーガーデン三昧^^
公開2週目に突入した金曜日に1回、翌土曜日に3回の計4回鑑賞しました。
微力ながら観客動員数を上げたいので。
が…さすがに内容を知っていての1日3回は少し疲れました…
今後は仕事帰りに鑑賞する方向性でいきましょう。
20190914_16141020190914_213048

公開2週目に入り、1週目と同じくミニ小説が配布されましたが
なぜか全て『アン・マグノリアと十九歳の誕生日』でした。
(※ランダム配布なので選べないし、開封するまで中身が分かりません)
3種類あるのに…しかも1週目でも被ったというのに。
よほど相性が良いんでしょうかね???^^;

ちなみに最後に観た神戸国際松竹では配布されませんでした。
先着順に配られるので前の回までに終わっちゃったんでしょうね…残念。

9/14は第2土曜日。
というわけで、久しぶりに 新開地土曜マルシェ に行ってまいりました。

ヴァイオレット2回目鑑賞後でお腹が空いていたのでまずは腹ごしらえ。
出店の大常連、はっちゃんの台所様のランチプレートを頂きました。
20190914_13501020190914_135053

この日のメインディッシュは活きハモのフライ(自家製タルタルソース掛)。
副菜は20種類のお惣菜からの取り放題となっていましたが
私が行った時には12種類に。少しずつ全部のせていただきました♪

地元で採れた食材を地元の窯元で焼かれた食器に盛り付けて。。。
あ~…幸せ♪

cicobird様のスカートとfuuka様の天然石アクセサリーもGET!
20190914_16110020190914_205129

スカート…実は買った直後にその場で"生着替え"しちゃいました^^;
(ウェストがゴムなので上からスポッと被れば問題なし!)
可愛い図柄ですが…パン好きの大食漢だと宣言しているみたい(笑)

天然石はチャロアイトというヒーリング効果のある石。
浄化作用や人間関係向上に効果を発揮するようです…今の私にピッタリかも。

昨日から決算前の貴重な3連休。
お出掛けで疲れたので今日は自宅に籠っておりますが、明日はお出掛け。
映画を観に行きます。
爆音映画祭のスケジュールに劇場版シティハンターがラインナップ
されていたので先月のうちに予約しちゃったのよね~♪

というわけで今日はひたすらダラダラ生活します!!…いつもの休日と同じ(笑)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-

公開を楽しみにしていたので本当に嬉しい…関係各位に心の底から感謝!
  ※公式ページはこちら ⇒ http://www.violet-evergarden.jp/sidestory/20190906_221232
20190906_22141420190906_22154120190906_084356

時系列的にはTVシリーズ直後とその3年後の物語…ということのようです。
TVシリーズをご覧になっていない方でも十分楽しめると思いますが
世界観やあらすじを軽く押さえておいたほうがすんなり入り込めるかと。
でないと初っ端から「自動手記人形サービスって何?」ってなるし^^;
サラッとセリフによる説明が入りますのでたぶん大丈夫でしょうが。
(手紙の代筆という職業で自動手記人形、又はドールと呼ばれている。)

ストーリーは二部構成となっていて、それぞれ "主人公" がいます。

前半はヴァイオレットが本来の仕事である手紙の代筆ではなく、
家庭教師としてイザベラ・ヨークの元を訪れるところから始まります。
…厳密には始まりは少し違うけど…ネタバレになるからな~^^;

話を戻して。
イザベラが住まうのは良家の子女が通う全寮制女学校の寮の一室。
彼女にとっては牢獄そのもので、父親によって送り込まれた"ドール"を
快く思わず冷たく接しますが、ヴァイオレットのやさしさに触れるうちに
少しずつ心を開いていきます。   
ヴァイオレットとの別れの日、彼女は父親によって封印された自分の過去を
明かし、 ヴァイオレットに手紙の代筆を頼みます。
宛て先はテイラー・バートレット…それは生き別れた妹の名前でした。

それから3年後…話の後半部分です。   
一隻の船が接岸し、1人の少女が下船しました…古ぼけた2通の手紙を持って。
彼女の名前はテイラー・バートレット。
実は持っていた手紙のうち1通はヴァイオレットから送られたもので
3年前、イザベラからの手紙とともに届けられていました。
「困ったことがあったら私を訪ねてください」という言葉を頼りに
差出人のヴァイオレットが住まうC.H郵便社を訪ねてきたのです。

「私をここで働かせてください!郵便配達員になりたいんです!!」

テイラーは姉と別れた後、孤児院で生活をしていましたが
そこを無断で抜け出してきていたのでした。

テイラーはまだ幼くて文字の読み書きができなかったのですが
ヴァイオレットの助けを借りながら文字を覚え、配達業務をこなしていきます。
「ねぇね(=イザベラ)のことを覚えていないけど、手紙は残っているもの」
と言うテイラーに、ヴァイオレットはイザベラへ手紙を出すことを提案し…

以上、ネタバレを極力控えてあらすじを書いてみました。
ぼかすのってホンットウに難しいですねーー;

テイラーが郵便配達に拘る理由…これが実に泣けるんだ~
でもってその気持ちがハッピーエンドを予感させるラストシーンへと
繋がっていくのです。
ラストは涙ボロボロ状態でした。4回観て4回とも同じシーンで泣いたもの。

…3回ではなく、4回。
ええ。そうなんです。
公開初日に来場者特典をコンプできなかった私。
実は今日も観に行ったわけですよ…うふふふふ。
20190907_18121620190907_181335

ストーリーも良かったですが、やっぱり映像が素晴らしかったです。
さすが京アニクオリティ。ひとつひとつの描写が丁寧と言うか細かい!
今作ではキャラクターの「目の演技」について感想を述べている方が
多いようですが、私もそこは同感!瞼の震えとかもリアルでした。
列車の窓への景観の映り込み、逆に手垢なのか埃なのかで汚れた様子。
下船時のタラップの軋み具合や、上空を舞う白鳥の羽根の厚さとか…
とにかく細部まで拘り抜いて描かれているのがよく分かりました。
効果音も凄かった…歩く場所や靴によって音の響きが全然違うんだもの。

個人的に気に入ったのは船が錨を下ろすシーンですね~
あんなアングルは初めて!迫力もあるし一見の価値ありです!!
観ている側も気持ちが切り替わりました。

来場者特典をコンプリートしたかったというのはもちろんありますが
特典がなくても何度も足を運んでいると思います。
多分、あと5回くらいは観に行くんじゃないかな?^^

来年1月上映予定だった「劇場版」は事実上の延期が発表されましたが
今は無理をせず環境を整えてほしいと思います…

あああ。やっぱりグダグダになっちゃった。。。
文章力なさすぎですみません==;

もとぶら ~ モトコー散策 ~ 春日野道へ

購入したてクッション性最高!な歩行向きの靴2足を持ち
見ため重視でウォークングに適していない靴で6㎞近く歩いてしまった…
脚、めっちゃ痛い…特に左脚の膝裏付近から脹脛にかけてバッキバキ(泣)
ホント、何をやっているんだか?==;
無題

余談ですが昨日1発目の用件はこちらでした。
神戸で靴を買うなら神戸で観ちゃえ!と思いまして。
…観るというより来場者特典が目的ですが(苦笑)
20190316_190559

第23話の「だよね、隊長。」と涙を浮かべながら斉藤を諭す永倉(画面左)、
「何でもねぇ!ひとっ風呂浴びてきただけだ」と無表情に答える斉藤。
そして旧作からは「そんな2人に水を差す」(笑)森雪のキャラデザ。

斉藤の「ひとっ風呂」は前章でキーマンが語った「方法は一つだけある」を
実践したのだと、駆け付けたキーマンの反応で理解できますが…
個人的にはもうちょっと説明を入れてほしかった…て、前にも書いたっけ?

いかん。ヤマトの感想になっちゃうーー;

話を戻して。。。
映画館(神戸国際松竹)を出て神戸元町通商店街へ移動。
1番街にあるアシックスウォーキングさんに30分ほど滞在し、
そのままアーケードの反対側の出口(6丁目)へ移動してお昼ご飯♪
Norari & Kurari さんで豆カレーのセットをいただきました。
20190316_120628

Norari & Kurari さんネタは別口でUP予定…くだらない内容ですが(笑)
(ごはんは美味しいです!私の言動が変なだけ!!)

腹ごなしを兼ねて三宮まで徒歩で移動。
いつもはアーケードを引き返していますが(そして余計な買い物を増やす…)
今回はJR神戸線の高架下、"モトコー"こと元町高架通商店街を歩いてみること
にしました。
数年前から耐震補強工事などを理由にJRから立ち退きを要求されているそうで
少しずつシャッター通りと化しています。既に工事が始まっている区画も。
神戸駅側のモトコー7・モトコー6はシャッター通りどころか照明も消されて
いて、昼間でも一人で歩くのはかなり怖い…治安というより雰囲気が==;
20190316_12532820190316_125347

JR元町駅に近づくにつれ、雰囲気がどんどん明るくなってきました。
昭和の空気がむんむん♪
20190316_12575920190316_131814

途中、このような立て看板を見かけました。
戦後の闇市から発展したモトコー。
確かにこの独特の雰囲気は味があって良いですが…難しいですね。
20190316_13004020190316_130100

周辺はシャッターアートや移転のお知らせ、工事の"壁"が同居…カオス…
20190316_12550020190316_12553820190316_125718
20190316_13020620190316_13012920190316_125938

JR元町駅を過ぎた先(三ノ宮側)の高架下商店街・ピアザ神戸は
阪急三宮駅からJR&阪神元町駅方面へ抜ける通路として利用者が多く
常に活気に満ち溢れています …ので通路の撮影はちょっと…ね^^;
飲食店、服飾店、雑貨店…とにかくいろんなジャンルの店舗が同居していて
ブラブラするだけでも楽しいですが、立ち止まると渋滞必至です(笑)
20190316_132028

JR三ノ宮駅に到着…
高架下は飲み屋さんだらけ!ウチの旦那も時々行っているようです。
20190316_132431

いつもはここから電車(阪急神戸線)に乗って帰宅しますが…
何となく歩きたい気分だったので隣駅の春日野道駅まで歩くことに。
三宮駅からは2㎞くらいかな…20分ほどかけ、どうにか無事に到着。
20190316_134248

阪急春日野駅といえば特徴的なのは細長~いプラットホーム!
高架駅で地上改札がへ通じる階段も梅田寄りの1ヶ所のみという
とにもかくにもコンパクト設計の駅。なかなか楽しいです^^
20190316_13583620190316_13584720190316_13595120190316_14021420190316_140302

数分後にやってきた阪急梅田行き列車に乗車…お!クロスシート車両!!
使用感が半端ないんですが、そこがまた良いのだ^^
20190316_14060220190316_143138

帰宅したのは15時前。
歩かなければ1時間は早く帰宅できたと思いますが
家でダラダラ過ごすよりは有意義な時間の使い方かな?
でも…実は帰宅するなり3時間ほど寝倒してしまったのですけど^^;
しかも左脚が痛い!特に太ももから脹脛にかけてが辛いです。

無意識に左脚に負荷がかかる歩き方をしているようで
左脚だけが筋肉痛になることが多いんですよね…
右足首にもちょっと痛みが出ましたが、捻挫から間もなく4年。
既に完治している(と思う)のでこちらも筋肉痛なんだろうな~
お尻も地味~に痛いよ~==;
運動不足な上、体のバランスがきちんととれていないんだろうな…
ストレッチ、特に体幹トレーニングを頑張ろう。。。

絶望した男とは

1000年もの長い年月を絶望し続けたズォーダーか、
事ある毎に酷な選択を迫られ己の信念を曲げるしかなかった古代か。
20190301_215435
20190301_21470920190301_223145

宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち第七章・新星篇を観てまいりました。
感想は…う~ん。。。
今日は公開初日なのでネタバレはやや控えめにいたしますが
なんというか、詰め込み過ぎ感が半端ない感じ?
第六章までの展開をしっかり押さえていれば理解できると思いますが
無駄な説明を省いているな~と思うほどエピソード満載でした。

着地点が「さらば」なのか「ヤマト2」なのかという問いに対しては
確かに煽り文句通りの "誰も予想しなかった衝撃のラスト" でしたね…
ご都合主義も多少垣間見えたりしますけど(苦笑)

てかさ。
アーシアン(分かる人いるかな…高河ゆんさんの作品です)とかファフナーEXODUSとか
機動戦士ガンダムUCとかの要素がてんこ盛りなんですが!?

本作オリキャラの桂木透子は全編を通して報われないというか
ひたすらに悲しい存在でした。
冒頭9分間公開でズォーダーの幼生体であることが判明したミルは
もしかしたらガトランティスに新たな世界をもたらしたかもしれません。
キーマンは…「名は体を表す」通りのキーパーソンだったな…

でもって。
大方の予想通り(だよね?)玲ちゃんは「大人の事情」で生き残ったという(笑)
蛇足ですが芹沢虎鉄さんのあの何とも言えん言動には笑えたわ。。。

というわけで、とりあえずワケワカラン感想でした。
詳細は公開2週目に行われる舞台挨拶を経てからUPする予定です。
まずはBDを観て頭の中を整理しなきゃ。。。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。