タグアーカイブ: 映画

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~

9月29日(土)公開予定。
…いやまあ、それは LaLa で何度も告知を目にしたので知っていましたが。
 
よもや駅のホームにでっかいPOPを設置するほど気合が入っているとは
思わなんだ… 大阪環状線のモニターには予告が流れていたし!!
20180924_175043
 
実は友人が作品に登場する「ニャンコ先生」の大ファンでして…
コミックス最新刊(23巻)にストラップ付き特装版があると伝えたところ
「頼む!買っておいて!!」※忙しくてなかなか本屋さんに行けないらしい…
というわけで、仕事帰りに本屋さんに立ち寄って無事ゲット~☆
20180924_18544820180924_185405
 
ちなみにこのラバーストラップは LaLa11月号の付録とデザインが対に
なっております。もちろん友人に渡しましたとも^^
 
最近、コミックスにCDドラマや画集、小物類といった”おまけ”を付けて
販売する手法が流行っているのかな…???
私も画集やCDドラマ付きのコミックスを買ったことがあります。
当然ながら”おまけ”の分だけ割高にはなりますが、
好きな作品だからついお金をかけちゃいますわ…
数量限定ってところがまたねぇ。。。見事に釣られまくっております^^;
 
紙媒体から電子書籍へと書物の形態が少しずつ変わっている今日この頃。
それでもやっぱり私は「書物は紙媒体」が基本です。
電子書籍も利用しますが、あくまでも「閲覧」という感覚かな?
好きな作品は指1本じゃなくて両手でホールドしたいの!
 
 
。。。あれ?
劇場版の告知が駅のホームで… がメインの記事のハズだったのに。
どこで脱線したんだ???
ま、いいか~
広告

累(かさね)

観てまいりました。
20180915_213023
 
大女優を母に持ち、自身も演劇の才能を持っているのに
顔の傷が原因で自ら日陰の人生を歩む累。
自他ともに認める優れた美貌を持ちつつ、演劇の才能と持病に悩むニナ。
累の母親を崇拝し、ニナの”事情”を利用して2人を引き合わせた羽生田。
キスした相手と12時間だけ顔を入れ替えることができる不思議な口紅。
 
憧れの演出家・烏合プロデュース作品の主役を射止めたかったニナは
羽生田が連れてきた累の演技力を利用して勝ち取ろうとしますが
芝居の楽しさに目覚めた累は次第に「ニナ」と入れ替わろうと画策し
ニナは「累」の持つ劣等感を体感するうちに己の心情を見出す。。。
 
いやぁ。。。ドロドロの人間ドラマですね~ 私、こういうの大好き^^
 
2人が入れ替わるというコンセプトゆえ、主演は当然2人(=2役)ですが
演技が変わってもニナ(土屋太鳳)と累(芳根京子)の違和感は全くなし!
お見事!としか言いようがありません。
特に土屋太鳳さん演じる「サロメ」のダンスは秀逸!
鬼気迫るものがありました。あのシーンだけでも2度観したいわ…
 
芳根京子さん演じる累とニナin累の演技の違いも素晴らしかったです。
見事に別人格なんだもの。。。だからこそ違和感が無かったのかもな~
 
原作コミックは読んでいないので映画との違いを比較できませんが
あらすじを知らなくても十分楽しめるのではないかと思いました。
原作を知っているとより楽しめるのかもしれませんけどね。
パンフレットにも「あのシーンがラスト」と意味深なことが書かれていたし。
コミック販売も狙っているのかな?商売上手だね~
ま、いくつか気になる点があったので原作を読んで掘り下げるのもいいかな?
 
相も変わらず内容にほぼ触れていない感想で申し訳ないですーー;
 
 
そうそう。
パンフレットを見て気になったのですが。。。
表紙の「ニナ」に対して「累」は目に光を宿していないんですよね…
だけど表紙をめくると目に光を宿す累と、無表情なニナの姿が。
…狙っています?  私には意図的な構図に思えたのですが。
 
 
ん~…
もう1回観に行こうかな。。。
 
 
※すみません…「ニナ」を「ニノ」と書いていたので訂正しました。
 覆面系ノイズを読んだせいだ…(こちらの主人公は「ニノ」なので)==;

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

…某所に貼られたステッカーをUP済ですが^^;
20180728_193738
 
TVドラマシリーズの劇場版にして集大成…という位置付けのようですが
実は私、TVドラマシリーズはほとんど観ておりませぬ。
1st.シーズンでくじけたというか、TVドラマならでは?の過剰気味な演出に
嫌悪感を持ってしまったのがその理由。
だってさ。。。
 …いや、コレ語り出したら長くなるからとりあえず止めとこか^^;
 
というわけで詳しいあらすじは省略~☆
TVシリーズが前提にあるのでどこから触れればいいか分からないものーー;
 
観た感想。。。
 
医者が「ドクターヘリで駆けつける」という異常事態、現場の臨場感。
幸いにも私自身にそういう経験はありませんが、実際に目の当たりにしたら
こんな感じなんだろうな~というのは理解できました。
特に血糊や出血量がめっちゃリアル!
実際の救命現場はもっと血生臭くて深刻な状況でしょうから
(私だったら間違いなくパニックを起こすと思う…--;)
教材的な感覚で救急救命の現場を知る良い機会になるかも?
人間ドラマとしても良かったんじゃないかな~ 泥臭い感じは好き♪
登場人物の過去や相関図があったほうがより楽しめるのでしょうが
そうでない方でも十分観応えがあると思います。
 
とはいえ「TVドラマならではの演出」の部分もちょっとあったりして
そこがまた私には受け入れがたい部分でもあるわけで…
実は今回も軽くイラッとしながら観ていたという^^;
好き嫌いというか、フィクションとして受け入れられるか否かの問題で
私はどちらかというと後者なんでしょう。
「え?その状況でチンタラ会話するのか??」みたいな。
フィクションならではの「演出」だと頭ではわかっているのですが…
それでもダメなんだよ、私は。アタマが固いんだよーー;
 
 
相変わらずワケワカランな感想ですみませぬ。。。
「あくまでも個人の感想です」ということでご容赦を^^;
     ↑ 便利な言葉だねぇ…(しみじみ)←ヲイ。

未来のミライ

観てまいりました。
興行2日目の最終上映ではありましたが…めっちゃ人少なっ!!!
20180721_201748
 
横浜で暮らす4歳の少年・くんちゃんに妹ができた!
妹の…というよりママの帰りが待ち遠しかったくんちゃん。
両親に言われるまま妹・未来ちゃんと仲良くしようとしますが
お気に入りの列車コレクションを見せたり顔のあちこちを抓ったりして
ママから叱られるだけ。
しかも両親は妹にかまってばかりで自分を見てくれない。
 
ついには事ある毎に「好きくない!」と叫んで庭へ飛び出すように。
が…そのたびに不思議な現象が起こるようになり…
 
総括すると「時をかける少女」とは違ったタイムリープ話…かなぁ?
妹に絡む出来事に限っては「未来の妹」がくんちゃんの元にやってきますが
それ以外はくんちゃん自身が “飛ばされる” という設定…みたい??
 
くんちゃんが生まれるまでこの家の「王子様」だった飼い犬・ゆっこ。
くんちゃんとさほど年齢が変わらない頃のママ。
去年無くなったというひいじいじがまだ若かった時代。
そして…未来の自分と妹の元へ。
 
おお。未来にまで飛んじゃったよ!
しかも未来の東京駅…変わっていないようで微妙にハイテクになっていたし!!
 
…鉄道系の話になると脱線するので(ヲイ)話を戻そうか。
 
タイムリープ先は庭の樫の木が蓄積してきた記憶(情報)に関係しているらしく
くんちゃんの感情に触れてタイムリープを発動しているようですが
発動の鍵を握っているのは妹・未来ちゃん…なんでしょうかね?
「樫の木の記憶」云々の話は未来ちゃんによって語られますし。。。
生まれついての右手の赤い痣も何か関係があるのかな~
というか、あの痣…幼き日のママの”トラウマ”とも若干被っている気が???
 
いろいろと疑問符が残ったまま観終えました。
話自体は淡々としていて無難に観終えました~という感じでしたかね。
良くも悪くもあっさりしているというか。。。
でもまあ、日常生活をモチーフにしていることを考えると
そのくらいがいいのかな?とも思えます。
だって~日常生活で事件だらけとか… 明らかに異常でしょ?^^;
(探偵系なあの作品とか、本気で日本の治安を心配するぞ!)
 
あああ。また話がズレた^^;
 
否応なしに「お姉ちゃん」の立場に置かれた私としては
くんちゃんの立ち位置はとても共感できたというか…あるあるネタでした(笑)
なにしろ5歳の時点で下に2人…どころか従妹もうじゃうじゃいましたからーー;
そうなんだよね~ 親(大人)ってこういう反応を返してくるんだよね~とか。
もちろん親の立場とか心境も理解できないわけではないんですけど…複雑。
私に比べたらくんちゃんははるかに頑張っていたと思います。。。
未来の2人…会話こそそっけなかったけど仲が良さそうだったし^^
 
あ。これだけは書いておこうか。。。
アニメーション作品は声優さんの起用作品の出来に関わると思っておりますが。
個人の嗜好によって左右されてしまうのも承知しておりますが。
くんちゃんの声… 私にはほぼ「三葉」に聞こえていたんだ~==;
全体を通して、というわけではないですが、急に「三葉」に戻されちゃうので
そこだけがちょっと残念だったという… こればかりは仕方が無いか--;
 
それと… ←まだあるか。
某シン・エヴァの告知が出ていました。
赤い海の上でマリがくるくるしていましたよ♪
2年後が楽しみでございます。 …頼むからこれ以上延ばさんといてくれ。。。

消化不良…

Vision を観た感想。
20180617_170441
 
え~っと。。。
1000年に1度発現するという薬草 “Vision” にまつわる物語…らしいです。
粗筋につきましては 作品HP にてご確認くださると大変ありがたいです。
正直、粗筋すらきちんと書けないくらい混乱しておりますゆえーー;
 
中盤辺りからホンットウに分からなくなりました。
登場人物だけでなく時系列とかいろいろ…ホント、カオスな感じ==;
シーンがちょこまか切り替わって、しかも、ものすご~く断片的なんです。
登場人物の相関図が欲しくなりました。
だってねぇ…
私、主要登場人物であろう人の1人(「岳」)を終盤まで認識できず
2人の男性のどちらか(※シーンによって)と混同していましたので。
最後の最後に「あれ?この人、別枠で存在したんだ!」と認識し
そこでようやくストーリーが若干見えたかな?という感じになりました。
 
…あくまでも「若干」ってところがミソ(苦笑)
 
”Vision”のタイトルに相応しく幻想的というか、不可思議な雰囲気で
想像力が膨らむか「?」の連続かバッキリ分かれてしまいそうな映画でした。
ちなみに私は後者ですかね…
他人が見ている夢を俯瞰しているような感覚でした。
「他人の夢」なので自分の解釈とはまるで違うのよね…
うん。この言い回しが一番しっくりくるかも^^;
 
俳優さんの演技は皆さん素晴らしかったと思います。
特に永瀬正敏さん演じる「智」と夏木マリさん演じる「アキ」は圧巻!
夏木マリさん。。。本当に盲目かと思ったよ~^^;
そしてそして。
特筆すべきは「智」の相方として登場する猟犬「コウ」。
山の中を物凄い勢いで駆け回って凄い!と思ったら、本物の猟犬だそうで…
納得の健脚。コウだけでも観る価値ありです。 ←ナニゲに酷い言い方ーー;
 
この映画は観る前にレビューなどで軽く予習しておくか、
2,3回観て自分の中で“料理”したほうがよさそう。
ちなみに私は1回観ただけで疲れてしまったのでもういいです…==;
 
 
 
すみません。あくまでも個人の感想ってことでよろしくです。。。

棒人間

細かく描き込まれているのは凄いと思うけど…ちょっと笑っちゃった^^;
20180607_203109
 
というか。
コスモタイガーⅠのコックピットって随分特殊な形をしているのね…
そもそも機体のデザインも独特だし。
 
というかPart.2。
キーマンのお母様…玲ちゃんにちょっと似ている気が^^;
20180607_202932
 
 
ついでについでに!
2199の時に出てきたドメル指令の奥様・エリーサ様の格好が
メーテルに似ているよな~と思っていたのですが。
今作でまさかのご本人登場!あの変わらぬ美声…良いですねぇ♪
 
サーベラー再生(というの?)シーンもちょっと999的な感じだったし
2202ではあちこちでM本御大(一応伏字)を思い出させるシーンが多い??
オマージュというか… 気のせいかな。。。
 
オマージュといえば…
「踏みつぶせ」のシーンの白色彗星帝国が某作品の使徒に見えたのは
きっと私だけではないはず(笑)
 
 
 
 
 
…寝よ。

万引き家族

先行上映に行ってまいりました。
今話題の作品なので混む前に観ておきたかったのです。
20180602_093236
 
ネタバレは控えたいので極力 “ぼんやり” 書かせていただきます。
でもな~後半のアレとかコレとか書かずに感想…む、ムズイ==;
 
家族構成は以下の通り(カッコは映画内の役名)。
父(治)・息子(翔太)・治の妻(信代)・おばあちゃん(初枝)・
信代の妹(亜紀)・治が連れ帰った女の子(りん)
 
2月の寒い日、治と翔太はスーパーで万引きした帰りに
アパートの外廊下で一人遊んでいる女の子を連れて帰ります。
「誘拐じゃない、保護したんだ」という屁理屈で家族として迎え入れ、
行方不明を告げるニュースを知り名前を「りん」と改め…
 
話はこんな風に始まります。
 
ちなみにこの家族は “寄せ集め” の集団。血のつながりはありません。
彼らが暮らしている家はおばあちゃんのもので公式には「1人暮らし」。
民生委員が訪問するたびに1人暮らしを装っています。
翔太も拾われっ子で、それゆえ学校へ行けないし
亜紀に至ってはおばあちゃんが離婚した旦那の後妻の孫という
複雑極まりない関係で、血縁ある家族を欺いている(?)状態。
収入はおばあちゃんの年金、治と信代の給料を合わせても足りないため
万引きしてどうにか生活している…という状態。
だけど彼らはなんだか生き生きとしているんです。
狭くて散らかりまくりで食事も好き勝手な場所でとっているのに
ちゃんと家族団らんの姿がありました。
 
だからこそラストがあまりにも切なくてーー;
 
当然ながらこんな生活が長く続くはずもなく、
話の終盤は「家族」は全員バラバラになってしまいます。
りんが「無事保護された子供」としてマスコミの餌食になるシーンや
信代の取り調べシーンはあまりにも空々しかったです。
いやまあ、あの「家族」に感情移入しちゃったせいもありますが==;
あと、翔太の万引きへの葛藤がとても印象的でした。演技うますぎ!
 
治については…う~ん…--;
同情の余地はありそうですが「身から出た錆?」とも思いましたし
あんな風にしか行動できなかったんだろうな~とも感じたし…
理解できるようなできないようなモヤモヤが残りました。
例えは変ですが、訛りの強い英語を早口で捲し立てられているような?
(教科書英語ならどうにか理解できるかも?と思うんですけどね~)
 
以上、相変わらず意味不明な感想でございました。
一言で総括すると「重い」かな…良作とは思うけどね==;

リッチなハンバーガー

先週に続き、今日も映画前に Lucua 1100 のレストラン街で腹拵え♪
GOOD PROVISION NEW YORK さんでイチボステーキバーガーを^^
20180601_182047
20180601_18203620180601_18100120180601_181336
 
イチボのステーキがドドンとサンドされたワイルドなハンバーガー!
厚みがあるのに柔らかく、でも適度に弾力もあって、
ふかふかなバンズとの相性抜群!お肉の旨味が口いっぱいに広がりました。
肉汁も凄かったです。。。フライドポテトに付けていただきました^^
 
ハンバーガーにはビールな私。Guinnessを注文… 禁酒は?^^;
おつまみに出されたクッキーはお店のオリジナル(※しかも非売品)とか。
20180601_181311ハラペーニョやオリーブ等が練り込まれていて甘くないんです。
これがビールに合うのなんのって…また食べたい!
…キャニスターごと出されてちょっとびっくりしたけどね^^;
 
 
大満足でお店を後にして映画館のある11Fへ移動。
上映開始ギリギリまで風の広場でのんびり寛ぎました。
ビルだらけでも日の入りはやっぱり綺麗…
20180601_183809
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
映画は…まあ…先週と同じ作品なので省略。
ま、近いうちに深く突っ込ませていただくと思いますが(笑)。
明日も映画を観に行ってきます。
こちらは感想をUPするかな~ …気が向いたら^^;

山寺さん…やっぱ凄いわ~

10代、20代と声がどんどん変わっていくんだもの…
さすがに「幼少期」は別の方が声を当てておられましたけどね^^;
20180525_23015120180525_230247
 
というわけで~
今回も公開初日に頑張って行ってまいりました。
金曜日に初日…ハッキリ言ってあまり歓迎できない==;
 
 
今回、地球へは着水しませんでしたが…土星沖の会戦シーンは凄かった。。。
土星がご臨終です。私、あの曲もほたるちゃんも好きなのに!(どこネタ^^;)
ズォーダーさんが仕掛けた「選択」でまたもや窮地に陥ったヤマト。
11月2日公開予定の第六章まで待たされるのか…イラッとするぅ!!!
 
キーマンの正体は冒頭10分公開で思いっきりバレましたが
裏切った相手は…まあ、そうなるのかな~とは思いましたね^^;
逆に今回全く分からなかったのが地球側の新キャラかな。
セリフは少ないし、立ち位置も不明。
だけど予告編でめっちゃ悪目立ちしているし…
あの「銀河」なるヘンテコリンなヤマトモドキは一体何なんだ???
(一応、公式に「ヤマト級戦艦」と出ておりますが…)
 
ま~私としては空間騎兵隊の斉藤サンが一番気になりますけどね~
今回も意味深なシーンがありましたし。
予想が正しかったら旧作での最期と今作品での立ち位置がどうリンクするか?
個人的には一番の関心事です。
 
というか。。。
デスラー総統…2199での印象が今作で見事にひっくり返ったよ!
ただの独裁者ではなかったのね~
テレサに対して「聞かれぬ事にはよく喋る」と返したシーンにチョイ萌え♪
 
 
ストーリィ自体はおそらく着地点が定まっていると思うので
(この辺りはガンダムの宇宙世紀シリーズと同じ感覚かな?)
どれだけ話が膨らむのか、解釈を変えてくるのか…という部分を楽しみに
最後まで見届けようと思っているのでありました。
 
それにしても今回は予想外の展開が多かったな…
 
以上、公開初日なのでちょっと抑え気味に感想を書かせていただきました。
明日と明後日は月末にしては珍しくのんびり休めるので
早速BDを観倒そうと思います。オーディオコメンタリーも楽しみ^^
 
 
 
気が向いたらもっと具体的な感想を後日UPするかも~

宇宙戦艦ヤマト2202 第五章 煉獄篇 冒頭10分公開

上映まで1週間を切りましたね。。。
冒頭からいきなりネタバレですか…
というか、今作…いや、今章は特にオリキャラが多過ぎだよ^^;
 
そういえば…
今月はやたらと金曜日に公開初日を迎える映画が多いな~と思っていたら
従来の土曜日公開から前倒しする方針になったようですね。
どうやら 「プレミアムフライデー」なる官製花金の影響 らしいですが。
 
好きな作品は公開初日に観たい。となると週末の仕事帰りに映画っすか… 
下手すると寝ちゃいそう~  …帰りの電車で。 ←かなり深刻(笑)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。