タグアーカイブ: 映画

観てきた!

音がクリアでした。やっぱりドルビーシネマは音が良いわ♪
DSC_0012DSC_0011

汽車の音がちゃんとディーゼル車だったことが確認できました。
とはいえ高知駅に到着する時の音は…ん~ーー;←しつこい?^^;

梅田ブルク7のドルビーシアター出入口はシアター後方にあります。
つまりスクリーンから一番遠い場所。脚の悪い私はもちろん最後列で鑑賞…
ようやく"引き"で作品を堪能することができました。
それに…映像がクリアになったことで見落としている箇所を多数発見。
何回も観ているのにね。私、一体何を観ていたんだろう?ーー;

思いっきり近畿南部への上陸コースとなってしまった台風14号ですが
今のところ静かです。ええ、不気味なほどに。
このままなんの影響も出ないことを祈るしかないです…

観察日記…缶ビールの。

わずか10数分の出来事なので"日記"ではないし、
そもそも観察するモノでもないのですが…ま、気分は。ということで^^;

今年発売されたアサヒスーパードライの生ジョッキ缶。
依然として品薄状態ですが、たまたま立ち寄ったコンビニで見つけてGET♪
もこもこ~の泡が生成されていく様子をじっと観察してしまいました。

開栓直後。泡はほとんど見られません。
DSC_0022DSC_0027

しばらく放置すると…おおおっ!?
DSC_0031DSC_0034DSC_0045

クリーミーな泡を堪能させていただきました…幸せ♪^^
それにしても…品薄状態、いつまで続くのかな???

梅田ブルク7のTwitterにて「竜とそばかすの姫」ドルビー版上映の発表が!
18:50の回なら仕事帰りに観られるので金曜日に行ってきます~^^
Screenshot_20210914-195842

本当はIMAX版を観たいのですが、行動範囲内に上映館がない…(泣)

収集癖に辟易

実際に観たもの、観なかったもの、観れば良かったと後悔したもの…
後悔したものが多かったです。
コロナ禍で自粛した影響があるからなぁ。。。複雑ーー;
CIMG9871

上映が延びたせいでフライヤーの差替えが多数発生。
日付だけ差し変わったもの、デザインを刷新したもの…様々ですね。
CIMG9881CIMG9874

ハサウェイも公開が延びた作品の1つ。
でも当初のフライヤーも "2020年 COMING SOON" と実に曖昧でした^^;
CIMG9873

フライヤーを持ち帰るようになったのはこの2,3年くらいかな。
観たい作品だけ取っていたのにこんなに溜まるとはーー;
しかもこれからも順調に増えていくと思われる。。。どうしよう???
とりあえずクリアポケットへの収納は完了しました。
保管方法…やっぱりファイリングが無難かな~場所を取ってしまうけど。

これだけは言っておく。間違ってもメルカリには出さん!
まさかフライヤーも出品されているとは思わなかった…
確かに古い作品や枚数が少ないものは需要があるかもしれませんが
なんだかな~というのが率直な感想です。。。

作品コンセプトは好きなんだけど

高知を舞台にした割に高知色が薄いんだよな~ーー;
DSC_0005

今日はファーストディ。いつもよりお安く映画を楽しめる日。
仕事帰りに7回目の「竜とそばかすの姫」を観てまいりました。
ベル(=すず)の歌声は何度聞いても素晴らしいし、今回も感動しました。

でもな~
どうしても違和感を拭えないんだな、これが。

すずは高知県に住んでいる高校生。
だけど…セリフが標準語なのよ。すず本人も、周りの人たちもみんな。
高知を離れて30年近く経つけど、当時の高校生…バリバリ土佐弁だったよ?
下宿の大家さんだって当然ながら土佐弁。
いつのまにやら私も土佐弁を喋っていました…モドキの域ではありますが。

あとね…これ、突っ込んで良いのかちょっと悩んだんですけど…
すずの自宅の最寄り駅である伊野駅は非電化区間だと思うのですが
列車の走行音が電車みたいだったな~と。。。
私の認識が正しければあの区間を走るのはディーゼル車。
高知における電車は路面電車を指し、JRのことを「汽車」と呼んでいました。
この呼び方はおそらく今も同じだと思うんだけどな。。。
雪のシーンにも?でした。だって…あんな降り方って記憶にないんだもん。

作品自体は好きですが…舞台を高知に設定した意図が分からんーー;

太陽の子

今日も映画を観てまいりました。
このところ気になる作品が一気に公開されているのでせっせと通っています。

話を戻そうか。

被曝県生まれの私としてはどうしても観ておきたかった作品。
去年放送されたテレビドラマを観損ねてしまったしね…

マッドサイエンティストの思考ってこんな感じなのか。
理解できそうであり、受け入れがたい気持ちもあり…葛藤。
DSC_0033

第二次世界大戦下の日本で密かに進められていた原子爆弾の開発。
実際には基礎研究の域を出ていなかったようですが。

ダイナマイトを世に送り出したノーベルが死の商人と呼ばれたように
科学の進歩はしばしば戦争に利用されてきました。
飛び道具が弓矢から砲や銃…そしてミサイルへ"進化"したこともね。

技術は争いごとの抑止力になり、平和利用だってできるのに。
やるせないなぁ。。。

キネマの神様

劇中の東村山音頭は志村けんさんへの餞なのかな。
DSC_0012DSC_0010

原作とは内容がだいぶ違うようですね。。。
題名がたまたま同じというだけの、別の作品といっていいかもしれません。
共通するのは映画愛。そして"ゴウ"というダメオヤジな主人公。

映画は映画として良作ではないかと思います。
志村けんさんの意思を引き継いだのが沢田研二さんで正解じゃないかな。
主役交代と世相が映画の展開を変えたかもしれない…とも思いましたけど。

とりあえず原作も読んでおきたいかな。。。

みんな必死に生きている。自分だけが辛いのではない。
そんなことを思った作品でした。
相変わらず抽象的な感想で申し訳ないですけど…それしか言えない。

映画3本の感想。

観応えがある作品でした…
新コロへの警戒は変わりませんが映画を楽しめる世の中になって良かった。。。
DSC_0046

以下、観た順番で感想を書かせていただきます。

◆夏への扉-キミのいる未来へー
舞台は2025年と1995年。
コールドスリープが商用化された時代、30年を経て目覚めた宗一郎は
自身の知る絶望の30年前とは異なる"不可解な現象"に混乱。
一緒に眠るはずだった愛猫と同じ名前を持つヒューマノイド・PETEともに
真相を探る旅に出ます。
そして…驚愕の事実を知ることになります。

なぜPETEが愛猫と同じ名前なのか。
なぜ実用化にこぎ着けなかったはずの技術が自身の開発となっているのか。

そこにはコールドスリープだけではないもうひとつの技術が関わっていて
その技術を完成させるきっかけとなったのも宗一郎自身だった…

久しぶりにSFらしい作品を観たな~!という感じでした。面白かった!!

◆ソボク(SEOBOK)
余命宣告を受けた元情報局エージェントのギホンは強引に任務を負わされます。
極秘プロジェクトで誕生したクローン人間のソボクを護衛すること。
文字通り超人化し"死なない"身体であるソボクは様々な理由で危険な存在。
でも研究所しか知らないソボクは初めて知る"外"の世界に興味深々で
たびたびギホンの手を煩わせます。
何度も繰り返される2人の対立を経て導き出された結末は…

こちらはSF要素を含むハードボイルド的作品…という言い方で良いのかな?
悲劇と救済の物語とも。お涙ちょうだい的な演出は若干気になりましたが。
ソボクがカップ麺を何杯も食べるシーンは可愛かったです。
韓国も日本と同じくカップ麺やインスタント麺が日常食なんですね~

梅田ブルク7にてクライマックスシーンの衣装が展示されていました。
でも…ごめんなさい。ブルクでは観ていないんだ^^;
DSC_0010

◆サイダーのように言葉が湧き上がる
世間との交流が苦手で心情を表現する方法として俳句を詠む少年・チェリー。
社交的だけど出っ歯がコンプレックスでマスクが手放せない少女・スマイル。
ショッピングモールの騒動でスマートフォンが入れ替わったことがきっかけで
2人の交流が始まり、少しずつ距離を縮めていきますが
とある出来事をきっかけに関係がぎくしゃくしてしまい…

淡々と観終えましたが(笑)、鑑賞後の爽快感はまさにサイダーでした。
気持ちが落ち着くというか…心温まるほのぼの系作品?
パンフレットがLPジャケット仕様で「でかっ!」と思いましたが
物語のキーヴィジュアルなんですよね。納得。
"YAMAZAKURA"ってそういうことか~!大貫妙子さんの歌声、好き♪
DSC_0049

以上、3作品の感想でした。
東京オリンピック2020の開会式中継に夢中になってしまったせいで
更新が遅れてしまった…すみませんっ!

というかさ。
せっかく録画していたのに放送時間枠を外れてしまったせいで
クライマックスの聖火シーンを録ることができなかった(怒)
録画設定というよりNHKの番組枠設定に問題があるんじゃないの???
記録メディア販売を狙って敢えてそういう手法を取ったのだとしたら許せんっ!
…きっと買っちゃうけどね。記念になるし。

さてと…寝ましょうかね。
今宵ばかりは某S氏も文句は言うまい(笑)

夏の使者

…バルタン星人と呼びたくなることもありますが…たまに。
朝、あの鳴き声で起こされるともう…ねぇ?(笑)

今年も羽化時に脱ぎ捨てた古き衣があちこちに残されております。
畳んでタンスに仕舞わんかいっ!←そこ?^^;
DSC_0018
DSC_0024DSC_0063

花壇の囲いはともかく…ヤブランによじ登るの、大変だったんじゃないの?

本日は予告通り映画を3本観てまいりました。

が。。。
意図したわけではないのに席番号が同じってどういうことだーー;
しかも2作品は同じシアターだというのに。全く気付かなんだ…
DSC_0044

感想は明日UPする予定です。3作品を一気に観たらさすがに疲れますね^^;
2本目と3本目の前に時間があったので、がっつりとんかつ食べちゃった☆
DSC_0011DSC_0013

さて…明日は部屋の模様替え&掃除の続きだ。。。

今日も仕事帰りに映画館へ。

晩御飯のつもりでしたが…食べ過ぎかな^^;
DSC_0003

「竜とそばかすの姫」2回目でした。ベルの歌は映画館で聞きたい!
あと何回か観たいし、最終的にはBD購入コースにいっちゃいそう^^;

心配していたワクチン接種の副反応は昨日までで落ち着いたようです。
今朝の体温は36.9度。やや高めながら問題ない数値。
腕の痛みも昨日以上に酷くなることはなく、今日は捻っても平気でした。
(…痛くないとは言わないが^^;)

というわけで~明日も映画を観に行きます!それも一気に3本鑑賞☆
この4連休は部屋の模様替えと掃除を予定していますが
1日くらい遊び倒したっていいでしょ?しかも今は映画の新作ラッシュだし。

まあ…明日も出勤時並みに早起きしなきゃだけどさ…
誰だよ、1日に映画を3本も観ようなんてアホな事考えたのは!←お前だ。

さ。寝ます♪

三度目の正直で

カヲル君をGET☆「二度あることは…」にならなくて良かったよ~
「薄い本」は4冊あってもなぁ。。。誰かにお譲りしようかしら^^;
DSC_0073DSC_0074

明々後日の7/21を以て終映を迎えるシン・エヴァンゲリオン劇場版。
ようやっとでドルビーシネマ版を観に行くことができました。
重低音が綺麗に聞こえるし、映像の陰影も素晴らしかったです~
もっと早く観ればよかったです…ああもう、新コロさえなければ!==;
知人曰く「迫力が桁違い」のIMAX版も観たかったよ~しくしくしく。。。

次々と新作が公開されているので映画館通いはしばらく続きますが
3月から続いたヱヴァ祭り(私の中での)はこれで一段落。
次に盛り上がるのはシン・エヴァBD&DVDが発売されるときかな…
シーンが追加されたりするので結構楽しみです(※購入する気満々)。

庵野監督の次の作品は「シン・○○」2本のようで。
どちらも昭和生まれをターゲットにしているな…と思ったり思わなかったり。
私は観ないと思います。昭和の時代にも観ていないので今更感があって^^;
他にも理由はありますが…まあ…その辺りはまた別の機会にでも。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。