タグアーカイブ: 映画

…そして 少年は大人になる

「銀河鉄道999」勝手に2本立て、観てきました。
パンフレットが販売されていてビックリ。内容は当時と同じなのかな?
さすがにお値段は当時のままとはいきませんでしたが(笑)
DSC_0011

ドルビーシネマと言えばシアター入口のこちら!
作品オリジナル仕様ではありませんでしたが雰囲気ばっちり♪
「無限に広がる大宇宙…」違う。これは別作品!!(笑)
DSC_0005

今更感ありまくりなので感想は書きません。
が。
作品のクオリティに改めて感動…セル画なのよね。コレ…技術が凄すぎる。
リマスター版だからではなく元が良いのだな、、、と感動しました。
999発車時の主連棒の動きとか。←そこかよ。
音楽も物凄く壮大で、ドルビーアトモスで聞くのは正解!と思いましたよ…
「さよなら~」でシンセサイザーが使われていておお!となりました。
そういえば当時はシンセ楽曲が流行っていたな…YMOもこの時代だものね。
富山敬さんや城達也さん、肝付兼太のお声がとても懐かしかったです。
今も現役の野沢雅子さんや池田昌子さんももちろん良いのですけどね。
ストーリー展開に関しては野暮ったさが否めませんでしたが
公開当時と現在では世相や価値感がかなり変わっているので許容範囲かな。

しかし。
自分が平均年齢を下げているな…と思ってしまう客層でしたわ。。。
40年前の作品だしヤマトやガンダムのような再構築やシリーズ化もないので
若い世代には辛うじてメーテルが分かるくらいのようで。
(と、帰りに寄ったErinさんで言われてしまった。。。ーー;)

あの当時は松本零士作品にどっぷりハマっていたんだな~
作中に当たり前のように登場するハーロックやエメラルダスにしみじみ。。。
最終的にはメーテルレジェンドに繋がっていくんだと思いますが。

感想は書きません、と言いつつ、この体たらく(笑)
止まらなくなってきたのでこの辺で。

観るしかない。

AKIRAといい逆シャアといい、DolbyCinema…やってくれますな。。。
20220120_122909

リマスター版「銀河鉄道999」2本立て!
劇場版は先週金曜日から、さよなら~は今週金曜日から上映開始なので
明日(1/21)から2本同時に、しかも続けて観ることができるのですよ^^
が…
劇場版の上映は15時から、さよなら~は17時40分からですので
土日に観るしかないんです。月末だから休めないし…

というわけで。
土曜日は15時から映画館に監禁されてきます☆楽しみ~♪

ジバン・カンバン・カバン

言わずもがなのアレですね。親の議席を子が…という。
世襲議員が悪いとは言いませんが、本人たちはどう思っているのかな?
改めて考えさせられました。。。まあ、興味本位レベルですが^^;

決戦は日曜日
DSC_0038

病に倒れた父の後継として担ぎ上げられた娘と、その私設秘書の話…かな。
周囲の思惑に反発して選挙落選を画策するのですが
このドタバタ劇がこれまた滑稽というかなんというか…
そもそも後継者に指名された娘は政治家としては完全に若葉マークで
法律に触れるような行為を犯したり(まあ…法律も難解だしなぁ…)
思ったことをポンポン言って炎上したり周囲をやきもきさせたり。
やさぐれて屋上から飛び降りちゃったりもしましたね…
あ。違う。私設秘書が突き飛ばしたんだ。防護マットを準備して。
(突き飛ばした秘書もその後飛び降りました…無表情でーー;)

実際の選挙戦はどんなものなのかよく分かりませんが
そんなもんなのかもね~と若干冷めた目で見てしまった感が(笑)
この娘さん、「ん?」と思うような言動は確かに多かったですが
そう思っちゃうよね~と共感する分が大いにありましたし、
一般市民・国民としてはこういう泥臭い人こそ政治家になってほしいかな…

というか。
ドブ臭い味のコーヒーってどんなん?^^;

時事ネタもチョイチョイ盛り込まれていてパロディ風でもあります。
選挙結果も含め、気になる方は是非映画館へ♪

鑑賞予定を消化

しきれませんでした(泣)
今年の目標は「健康第一」にしよう。←映画を観るためにか?^^;

とりあえず2作品は押さえたぞ!
…どちらもネタバレし辛くて感想どう書こう?って作品でしたーー;
DSC_0004

◆キングスマン:ファースト・エージェント
「キングスマン」シリーズ3作目となる本作品は前日譚にあたります。
既出の2作品は観ていませんが、予告映像のインパクトにやられました。
コロナで公開が延びた分、予告をがっつり観たからなぁ…^^;

結論。本作だけ観てもちゃんと内容は分かるし面白かったです。
とにかくテンポが良いの~
アクションシーンは圧巻だしユーモラスなシーンも多彩で息が抜けない!
内容は…書いていいのだろうか?スパイ物だしなぁ…ネタバレは嫌だし。
でもさ。
上映中に「え…死んじゃったの?」という呟きは勘弁してしてほしかったーー;
でもまあ…気持ちは理解できしたけど。
まさか彼が死ぬとは思わんよね、何となく。私もビックリしたし。
主人公誰よ?って思いましたもの。前2作の知識があったら予想できたのかな?
気になる方は劇場でご確認を。←どこの回し者^^;

◆そして、バトンは渡された
2019年本屋大賞を受賞した同名小説の映画化。
が…この作品をご存知ない方は事前に原作を読まない方が良いかも?
冒頭の登場人物紹介やキーパーソンである梨花の描き方は特にそうですが、
それ以前…作品紹介の時点でミスリードを誘っているとしか思えないのです。  
時系列もこんがらがっていますし。…あ。これはヒントになるかな^^;     
途中途中で「ん?」と思うシーンやセリフをしっかり覚えておくことが大事。
割と最初の方で「え?そのセリフ…」というのがいくつかありました。
梨花の服飾への固執も…そういう理由でしたか、と。   
終盤、一気に収束します。本当に一気に。(※大事なことなので2度言う)
でもってハンカチ必須。切ないです。
あと…無性にピアノが弾きたくなった…ランゲの「花の歌」好きだったんだ~
指が動かないと思うけどね(泣)

この作品…ジャンルは何になるんだろう?推理物??

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

年末年始休も残すところあと1日。
ギリギリまで仕事をしていたせいか、あっという間でした。
それ以前に年が改まったという実感が全然湧かない…
正月らしいアレコレはしっかり押さえているつもりなんだけどな?

ろくに身体を動かしていないのに飲み食いはいつもより多めなので
いわゆる"正月太り"まっしぐら。じわじわ~と体重が増えています。
梅田ダンジョン攻略の旅にでも出ようかしら^^;

映画館に行ったけど

映画以外でイロイロとありすぎて…(笑)

◆そこ、日本語じゃないし。
DSC_0054

上映前にこの作品の予告が流れていたのですが。
前の席に座っていた人がポツンと一言。

「明るいマッチョ…」

一瞬、何のことか分かりませんでした。
が。
シナプスが繋がった瞬間じわじわきちゃって。大変でした。
今後、クリント・イーストウッドの作品を観たら絶対思い出すと思う…
責任取ってよ、前の人!

◆できればそうしたいけど。
映画を観終えて外に出たらこんな横断幕が目に入りました。
DSC_0048

ええもん?買うから店開けてぇな(※正月営業)。
電飾だけが元気いっぱい頑張っていました。電気代。。。←そこ?^^;
HORIZON_0001_BURST20220101200951852_COVER

◆宣伝。
「あなたの番です」ほどではないけど…これもインパクト強いな^^;
DSC_0038

この作品の予告も観ましたが…怪獣は何ゴミ?というセリフがありまして。
生ごみ?可燃ごみ??不燃物???確かにめっちゃ気になるよ~!(笑)

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

おまけ。
本日のオシャレアイテムはこちら。だって寅年だもん^^
DSC_0050

明日・明後日も毎年恒例行事。朝から箱根駅伝のTV観戦の予定です。
もっとも復路をじっくり観るかどうかは往路次第。行きたいところがあるので。

寝ます…

祝日の昼下がり

小春日和の日差しを浴びて光を帯びた仏桑花に目を奪われる。
DSC_0054

今日は朝から大阪ステーションシティシネマで映画を鑑賞した後
大阪環状線に飛び乗りあと数駅で1周というところで下車。
東西線と宝塚線を乗り継いで帰宅しました。
関西の鉄道に詳しい方ならどの駅で下車したかバレバレですな(笑)

コロナ禍のせいで鉄道の旅を控えていましたが…そろそろ良いよね?
目的なくただ列車に揺られるだけの旅が好きなのです。
鉄道網が発達している京阪神地区なら日帰りでも十分遠出が可能だし。
関東に居た頃も駅からハイキングで随分遠出しました。
青春18きっぷを使って仙台まで行ったことも…あれも良かったな。

ああ。旅に出たい。

映画の感想は…そのうち纏めてUPする…かもしれない…
観たい作品が目白押しで金欠になりそうです。
とりあえず今週末のファフナー。舞台挨拶回も押さえたぞ!

…寝よ。

4週目だし。

まあ…今回は後章の冒頭7分先行公開がお目当てでしたけどね^^;

あ。入場者プレゼントもしっかりいただいてまいりました。
ヤマト(後方俯瞰)、コスモパイソン、ランベアの"飛び道具"3点盛。
デウスーラを差し置いてランベア…どういうセレクト?
ゲシュ・バールの技術供与を考えると次元潜航艦でも良かったと思うけど。
後章の先行上映を見据えたラインナップなのかな…
DSC_0014

前置きはここまでにして。
後章-STASHA-冒頭7分間の感想を書かせていただきましょうか。
たったの7分間ですが結構な情報量でしたよ!
いきなり神話めいた物語からで拍子抜けしてしまいましたが^^;
あの曲を聞くと2199のオルタを思い出しちゃうなぁ。。。

新型機のコスモパイソンって可変システムが搭載されているのね!
近接戦ではシュッとフォルムをスリムにさせるのか~
さすがにヒト型にはならんのね。別作品になっちゃうし(笑)

土門は第一艦橋に座らされていますが別に何をすることもなく。
激しい戦闘に思わず目を反らし「ちゃんと見ていろ」と言われていたけど
行動を起こした責任をとれ、という意味なのか?立ち位置がよく分からん…
当初は戦術科配属だったし飯炊きの必要もなくなったので
黄色い服のまま第一艦橋に留まることになるのかもしれません。
しかし…旧作での展開を考えると彼の今後は気になりますわ~
ヤーブ・スケルジ技官と仲良くなっちゃったのがフラグにならんことを祈る。
ま、本作は「新たなる~」で終わりそうだから大丈夫かもだけど。

ヤーブ氏は機関室で太助に指示を出していましたね~
「やれる!」と言い切っちゃうし。なんだかんだと有能なんだなぁ。。。
あのヤマトの回頭シーンは迫力があって良かった!

スターシャがヤマト到来を知り"サーシャ"なるカプセルに向かって
「あなたが呼んだの?」と語りかけるシーン。
ん~…やっぱりあのカプセル、守との…?
実際、2199で"守"のカプセルに語り掛けるシーンがあったし
ヤマトを見送る際にスターシャがお腹を触っていたしなぁ。。。
というか…
彼女の実年齢が気になって仕方ないのですが。
デスラーの「大人に見えた」という表現がどうにも気になりまして。
当のスターシャもユリーシャに向かって「幼い」って言っているし。
旧作「永遠に」でサーシャも1年で大人になると言っていましたもんね。
この辺の謎が後章で明かされるのでしょうね。だって副題だし。
ああ。3ヶ月後が待ち遠しい。。。

蛇足。
バーガーさんについて。
ランベア艦橋で喋っている時は微妙にエコーがかかっているので
さほど感じなかったのですが。
今回、古代と会話している時の声がめっちゃケネス大佐だった…

ヤマトよりもハサウェイの続編が気になる。。。(笑)

人と仕事

3週間限定公開の最終週だったので慌てて観てまいりました。
DSC_0007

コロナ禍で制作予定だった映画が撮影中止になったのがきっかけで
本作品が誕生したようです。
出演予定だった2人の俳優がインタビュアーとなり
コロナ禍中のエッセンシャルワーカーや様々な立場の人たちの声を拾うという
ドキュメンタリー風の作品でした。

が…私の頭が悪すぎて趣旨がイマイチ理解できなかったーー;

業種でいえば私もエッセンシャルワーカーに分類されますが
本作品に登場した方々とはまるで状況が違います。
仕事が減ったし値引きにも応じざるを得ずと多少苦しい面はありますが
企業自体はコロナ前と変わらず、私も淡々と日々を過ごしています。
だからかな?言わんとすることは理解できても共感できなかったのです。
保育士や介護士、児相の皆様…みなさん大変とは思いますけどね…
コロナの影響をモロに受けた業種もたくさんあります。
飲食店や遊興施設なんてその最たるものでしょう。
映画なんて無くても生きていけるし、そもそも映画館が休業しちゃったし。
だとすると本作はエンタメ業界の方の目に映った「世の中」を切り取った…
ということなのでしょうか。
でも。
児童養護施設の自立支援やいわゆる"ホームレス"の方々の話に関しては
コロナでなくとも存在していると思うんだけどね???

衆議院解散総選挙なこの時期に公開された本作品。
フライヤーによると企画した方は「新聞記者」「パンケーキ~」も
手掛けておられるとか。。。なるほど、作為的っぽい。

…寝よ。

缶チューハイで家飲み。

緊急事態宣言が解除されても家飲みは続く…
まだまだ通常営業に戻っていないお店が多いみたいですね。
我が家の台所・Erinさんも土日しか営業されていないようだし。。。
コロナ憎し==;

閑話休題。

昨日フライングゲット&ドリンクしたチョーヤの梅リッチをご紹介♪
DSC_0010

関西地区限定販売、400ml入228円(税別)。
本格梅酒に完熟梅果汁と氷熟うらごし完熟梅ピューレをブレンドすることで、
とろりと滑らかな飲み心地でリッチな梅の味わいが楽しめる梅サワー
…だそうで。

確かに濃厚な味わいでしたが微炭酸で後味スッキリでした。
かなり甘いですが口に残らないので、甘系が苦手な私でも大丈夫でした。
リピしそうな予感。。。
…スコッチウイスキーハイボールほどではないかもだけど(笑)

一気に寒くなりましたね~
ここ数日、夜はもこもこに整えて過ごしています。
炬燵を出したい気持ちとの闘いの日々です(笑)
DSC_0011

今週は月次決算でバタバタしていますが…映画観たいなぁ。。。
明日はレディス・デーだし木曜日の勉強会も中止になったし。
金曜日は4週目だし(どんな理由だ^^;)

映画三昧しちゃおうかな?
気分転換というより現実逃避な感じですが。
心の滋養も必要なのよ。。。

護られなかった者たちへ

心の傷とどう向き合うか…難しい。

両A面的なデザインのパンフレット。
佐藤健さんの面が表ですが阿部寛さんも主役…だと思います。
DSC_0017DSC_0018

身体をがんじがらめにして餓死させるという殺人事件が立て続けに発生。
事件を追ううちにとある人物が捜査線に浮かび上がる。
2011年の東日本大震災、生活保護をめぐる様々な出来事を経て
辿り着いた真実とは。。。

連続殺人犯に関しては早々に予測できます。
むしろこの人じゃないとできんやろ?と思いました。
動機はハッキリしませんでしたが。
ちなみに佐藤健さんは犯人じゃないです…役名で書けって?^^;

話は淡々と進みますので心は割と平静でしたが
ラストの海のシーンでやられました…そういう繋がりか!と。
ここだけはネタバレしたくないので伏せときます。

蛇足ですが。。。
阿部寛さんを見るとテルマエ・ロマエという言葉が頭を駆け巡ります。
映画は観ていないし原作も読んでいないんですけどね^^;

10/1から公開されているにもかかわらず1ヶ月近く観なかった理由は
おそらく意味不明であろうタグにあります。
分かる方には一発で分かる納得の理由です。軽くトラウマなのよねーー;
(「東日本大震災」ではありません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。