タグアーカイブ: 星巡る方舟

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

ガトランティス篇という事で「そのタイミングで白色彗星帝国的な展開?」と思いつつ
                             (※イスカンダルからの帰途での出来事という告知がありましたので)
密かに期待していたんですが…
 
白色彗星帝国に関しては存在を匂わされた程度でしたね。。
マリーダサーベラー姐さんは映像メッセンジャーとして2度登場しただけ~
…つまらん。 
DSCF1654
 
内容は宇宙戦艦ヤマト2199としての完全オリジナルエピソード。
TVシリーズ第14話に出てきたアケーリアス文明の話を膨らませつつ、
ガトランティス 出てきた…ということになるのかな?
ガトランティスを強調せんと、「ジゼルの魔女」篇と言って欲しかったわ==;
 
あ。
七色星団の後日談っぽい内容でもあります。…これもオリジナルだね。
 
サクッと感想?をば。
ヤマトが迷い込んだ惑星は旧作ヤマトⅢの「幻の惑星」を思い起こさせました。
TV版放映時にも思いましたが、旧作エピソードの“良いとこどり”をしているような
印象があります。フラーケンの次元潜航艦とか。
 
ま。再構築、新解釈という位置付けだしね。そこは良しとして。
 
 
TVシリーズで「こんな結末、認められるかよ!」と言っていたバーガーさんが登場。
生きていたんだ~!ガルントに乗っていたオジイサンも!!これはビックリ。
深くは書きませんが、救いのある結末でした。良かったです。
 
地球側にも新エピソードが追加。
ヤマトが地球を出発する際、土方さんたちが宇宙まで見送りに出ていましたが
どうやら宇宙へ上がった目的は見送りだけではなかったようで。
というわけで、新キャラ…旧作ファンには懐かしいキャラクターが出てきます。
また、ヤマトが再び銀河系外縁部まで戻ってきたことを知った際の様子も。
こういう補足は良かったかな。
 
ストーリーの主軸に関しては評価が分かれそう。
特に旧作ファンには受け入れられるかどうか。微妙な感じではあるな~--;
 
今後、ヤマト2199のシリーズがリリースされるという前提なら「アリ」かもしれません。
が、もしここで終わるのだとしたら… 消化不良に陥るかもね==;
 
 
あ。
そういえば今回も錨アクションが良かったですよん♪
ミサイル発射時の空気が抜けるような描写も印象に残りました。
…宇宙空間で見られるの?とはちょっと思ったけど(笑)
 
 
ところで…パンフレットの後半が広告だらけっての、やっぱり納得いかないんだけど。
販促用の広告にお金を払わされているんですよ?おかしくない??
 
 
で。今回のヤマトでございますが…リピは多分ありません。1回観れば満足です。
というか。。。
初日の第1回目に行ったのにガラガラだったわ~
皆さん、WEB等での感想待ちなのかしら(謎)
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。