タグアーカイブ: 文化

「観光地」仕様

大阪城公園梅林内のコンビニ…落ち着いた雰囲気♪
20200215_151256-edited

そういえば「関東煮」という表記や呼び方にほとんど遭遇しない…
コンビニでは味付けや具材が関西のものであっても「おでん」だし。
この画像に写っている文字も「おでん」…

関東煮は一体どこへ行った? というか…これ、読めますか…???

西南西

一応、恵方に向けて撮影しています…
方角がおかしい方は恐れ入りますが画面の調整をお願いします(笑)
20200203_193835

私にとって海苔巻は小さい頃から節分の日に欠かせない食べ物。
その習慣が全国区でないと知ったのは
「恵方巻」という耳慣れない言葉が巷に溢れ始めた時でした。

廃棄ロスが社会問題となり良くないイメージまでついてしまいましたが
節分の日はやっぱり海苔巻を食べたい。春を感じたいから。

今年も美味しくいただきました。ごちそうさまでした^^
明日は立春です。…例年通り寒そうですけどね(笑)

書き初め

いつも利用する駅に展示されていました。
私も小学生の時に冬休みの宿題で提出させられていたなぁ…←お習字嫌い--;
20200115_181601-edited

ところで…書き初めの題材は自由選択だったのかな?

若いうちから食生活に関心を持つのは良い心掛けだと思いますが  
小学生が選ぶ単語としてはちょっと…いや、だいぶ気になるというか…   
ご家族で食餌療法をされている方がいらっしゃるのかな。

NTT docomo 通信障害

本日午前中のこと。
「未受信メールがあります」というメッセージが出ていたので
読み込もうとしたら…通信できませんでした。
たまに(というか結構?)端末の通信機能がおかしくなることがありますが、
今回はdocomo側に問題があったようで…
こういう事象って久しぶりかも。。。

昼過ぎには回復したようですが、原因については触れられていません。
ユーザーとしてはそこが一番気になるんですが==;

携帯電話が爆発的に普及し始めた頃はまだ基地局が少なかったので
「繋がらない」はむしろ前提だったような気がします。
地下や屋内はもちろん、電車などの移動中にはまず繋がらなかったもの。

現在は人が集まりやすい場所だと基本的に繋がりますよね。
電波の強弱はありますが、ぶつっと切れることはなくなりました。
四半世紀で随分とインフラ整備が進んだんだなぁ…

現在の20代と私が過ごした20代では時代が全然違う。
「あたりまえ」の定義が完全に変わっているんですもの。
なんというか…複雑だわぁ。。。^^;

味噌仕立て以前に

お鍋がまだ残っていたのでぶち込みました。←言い方!^^;
20190107_191748

お米から炊いていないので厳密には粥ではなく雑炊ですが
胃に優しい食感とお味…今年も堪能いたしました^^

横に写っているのはひじきの煮物。コンビニ調達です。
ひじきの煮物は大好物ですが、1人分を作るのはちょっと辛いーー;
同じ理由でカレーやシチューもあまり作りません。
実は作り置きってあまり好きではないんです。
南国育ちゆえ暑さで食べ物が腐るという経験が割と多いもので…

食べ物をダメにしてしまった時の精神的打撃は形容しがたいです。
腐ったカレーを温めた時のあの何とも言えない臭いとか
数十年経った今も鮮明に思い起こせるほど強烈なのです…ううう==;

閑話休題。

七草はスーパーで手軽に入手できる世の中になりましたが
私が小さい頃は7日の朝早く、散歩がてら摘みに行っておりました。
道端に生えているホトケノザやハコベを誰よりも早く見つけるのが
ちょっとしたゲームのようで楽しかった思い出があります。
特にホトケノザは見つけるのが本当に難しかったっけ。。。

そんな風に楽しい記憶が強く残っているからか
七草だけは毎年欠かさず食しています。
御節やお雑煮は無くても平気なのにね… ちょっと不思議。

厄介者?

「シホはりすく」… 具体的にどういうリスクがあるのだろう…
CIMG6643
 
当然のことですが正しい読み方は「くすりはホシ」。
昔懐かし、右から左への横書きですね~ 久しぶりに見ました。
最近はトラックの側面くらいしか見かけないな~
まあ…ホーロー看板自体、今は使われていないようですが^^;
私が小さい頃にはこの手の看板はたくさんあったように思います。
その当時ですら骨董扱いされている空気はありましたが。
 
看板の内容に戻って…
星製薬といえばショートショートで有名なSF作家・星新一さん。
久しぶりにシュールな世界観に浸かりたいな。。。

ほ~ら、やっぱり。

イベントから10日経った今も手つかずのまま。
私の中で「年中行事」になっていない証拠でございます。
DSCF1638
 
いつ食べてもいいけど、今更感もあるしなぁ…
そうだ!姪っ子ちゃんにあ~げよっと♪ ←近々荷物を送る予定あり。
 

こんな言葉、初めて聞いた。。。

「お熨斗は 『まんちゅういんし』 、中熨斗包装でお願いします」
 
DSCF0018
就職して2年。
さすがに今では聞き慣れましたが、初めて聞いた時は
 
なにそれ、どこの言葉?宇宙語???
 
…てなくらい ぽか~ん な状態になりました。
なにしろ生まれて初めて聞いた言葉だったんですもの!
 
店頭からの依頼でしたが、ごく普通に作成を依頼されましたので
きっと特別な言葉ではない…んですよね…
 
私ってそんなに一般常識がないの!? (←ナニゲに動揺^^;)
 
恥ずかしくて誰にも聞けず、職場のPCでコソッと検索してみたところ
「主に関西地方で使われる表書き」とあってようやく納得。
 
ホント、冠婚葬祭ってその土地の文化が色濃く出ますね。
ついでに言うなら黄白のお熨斗にも違和感大炸裂状態でしたし。
(※白黒の水引しか使ったことがなかったのです…)
 
 
今日、職場の方から香典返しを頂き、当時の動揺(笑)を思い出しました。
 
実はこのお熨斗、機会は少ないものの年に数回作成しています。
でも、なんとなく使い方がよくわかっていなかったんですよね…
実際に頂いてみて、ようやく頭に入りました。
 
何事も経験なんだな。
人生ってホント、死ぬまで勉強なのね。。。
 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。