タグアーカイブ: 感染症

推し?

一応、観に行くリストに入れておりますが。
20201118_204628

こちらも観に行く予定。大阪が舞台なのか…
そういえば「スパイの妻」は神戸、「罪の声」も京都・大阪・神戸で
撮影が行われたことをプッシュしていたような。
CIMG9321

昨日は初めての映画館、今日は久しぶりの映画館に行きました。
いずれも大阪。
先日から少しずつ行動範囲を広げています。

でも…新型コロナウイルスの感染が広がっているようで。。。
心置きなく外出を楽しめる日はいつになるのやら--;

じわじわ。。。

地方自治体が独自に緊急事態を宣言するかもな…
699人からあっという間の1,000人越え。勢いが止まりませんーー;
Screenshot_20200726-171928_LINE

とうとう自宅近くで感染者の情報が出てしまいました。
職場でも自宅でも…もはや安心できません。
洗えるマスクをまめに取り換え、手洗いうがいも徹底していますが
もっと気を付けないと。。。

見えない敵との闘い…しんどいけど頑張りましょう!!

invisible

新たなウィルスが発生する(確認される?)たびに思う。
 
「これは “見えざる手” からの挑戦状なのか?」
 
こういう考え方、星新一さんの作品にあったよなぁ…
作品名は忘れてしまったけど。
文明の発達度合いを調査している宇宙人の話。
最後(物語上)の“テスト”は原子力だか核兵器だかを処理できるか…
だったと思います。
 
当時の…というか現在もだけど…地球人ではクリアできないわな。
まるで「核兵器の起動ボタンを押す」という唯一の欠点を持った腕みたい。
とんでもない誤作動だけど、一体どうやって核兵器関連のボタンだと見破れるのか
そのメカニズムのが気になりましたね~ 現在進行形で、ですが(笑)
 
 
 
…暴走し始めたので話を戻して、と^^;
 
 
4年前の新型インフルエンザ、10年前にはSARSなるものもありましたが
いつの間にか発生していて毎度毎度驚かされます。
そりゃまあ、感染症とはそういうものだけど。
人為的に感染症を発生させている(つまり生物兵器ね)を疑う人がいたって
ちっともおかしくないと思います。
悲しいことに、実際使われた事例があるのだし… それも決して遠くない過去に。
 
 
だからといって、この発言はどうかと思うけど…
 
 
中国軍といえばレーザー照射事件が記憶に新しいところですが
どうやら現場の人間が独断で行った可能性が高いようで。
仮にそうだとして、この案件、いわゆる“一兵卒”が安易にやったこと?
それとも責任者の判断込み??あるいはそれすらも不明とか???
 
 
政府高官や要職にある人間、あるいは社会的な発言力のある人間が
失言・愚行で世界を賑わすことは稀(…かなぁ?)にありますが…
この“つぶやき”を単なる失言で済ますにはだいぶ厳しいのでは。
中国政府の対応を見守りたいと思います… 軍の立ち位置も見えそうだし。
 
 
自分の視野の狭さや浅慮な部分は今更認めるまでもないですが
これからは「見えないものを見る(視る?)」能力がないと生きていけないのかも…
なかなかヘヴィな世の中ですな。。。
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。