タグアーカイブ: 復刻

ポーの一族 復刻版 限定BOX

ついに手を出してしまった。。。 ←1年以上悩んでいたヒト^^;
CIMG4426CIMG4413
 
妹・メリーベルを人間として生かすため吸血鬼(バンパネラ)となり
永遠に14歳の姿のまま存在する運命となった少年・エドガーの物語。
後にメリーベルも吸血鬼となりますが銀弾を撃ち込まれ消滅、
彼女に思いを寄せていた少年・アランを”仲間”に引き入れ
その後は2人で行動を共にします。
が、永遠に少年の姿、しかも割と人の記憶に残るような行動をとったため
(絵画のモデルになったり出会った人が手記に残していたり…^^;)
結果的に最終話でアランが消滅することになり…
ここで話は終わります。残されたエドガーの行方は謎のまま。
 
中学生の頃に読んだきりかな?それでも案外覚えていましたね…
メリーベルとアランの消滅シーンはもちろんですが
“人間のふり”をすることで自分の姿を鏡に映すことができたり、
十字架に触れることができ教会へミサにも行ったりとか。
(彼らが恐れるのはモノではなくそこに込められた「信仰心」らしい)
 
エドガーの切なすぎる運命とミステリアスな設定がたまりませぬ。。。
作品全体がいろんな面で緻密というか、読み応えがありますね~
ページの端から端までしっかり読み込むという感覚…久しぶりでした。
 
去年、40年振りに新作が発表されました。
「続きだったら読みたくないなぁ…」と思っていたのですが
(だってアランが消滅しちゃったしーー;)
どうやらその前の出来事のようですね…
 
 
 
近いうちに買っちゃうな、こりゃ(笑)

はいくらうん。

コンビニでゴージャスなパッケージのハイクラウンチョコを見かけまして。
 
バレンタインの売れ残りかな?
ハイクラウンなんて最近売ってたっけ??なんか懐かしい響きだな。
ちょっと高いけど美味しいんだよね~
 
実に軽~いノリで手に取りレジに向かいました。
 
 
で。
後からレシートを見てビックリ仰天しましたとさ…
IMGP2153IMGP2154IMGP2162
 
美味しいのは間違いないと分かっています。
が…
1個266.6666…(税抜)なチョコレート…なんてゴージャスなんだ!!
(※1箱864円・税込でした)
せっかくなので、月次処理が終わってからゆっくりいただきます。。。
 
 
 
というか。
パッケージをもっと簡素にしてほしい… で、その分値下げして!!!!!
 
 
…と、バレンタインの時期には毎回思うのでありました。
ま。無理だろうけど==;

ジャポニカ学習帳・復刻版

 
 
人気投票では昆虫が上位を占めたとのことですが、
もしかしなくても「現在見ることができない」という状況を反映しての
ことではないのかな?
…と思ってしまいました。
個人的には1970年代のリスの表紙は懐かしかったな♪(年齢がバレる発言だ^^;)
 
 
話を戻して。
 
 
現場教師やこどもの保護者から「気持ち悪い」と言われたことを受けて
姿を消したという、昆虫の写真を使ったノートたち。
私はカブトムシや蝶が大好きだったので、その意外な意見に戸惑いました。
まあ…確かに花は華やかだし、きれいだけどさ…
 
世の中って綺麗なものだけで構成されているわけではない。
ビジュアルだけで「気持ち悪い」と評価するその心根は果たして綺麗なの??
 
キツイ言い方だけど、この世に生きているのは人間だけではないし
人間が他の生物を排除する権限を持っているはずもない。
「高度な文明」なるモノを手に入れて驕り高ぶっているんじゃない??
 
こどもはオトナの理屈で成長していくのです。
良くも悪くも。
そのことについて、もう少し真剣に考えるべきではないのかな。
 
 
 
 
ま、私に他人のことをとやかく言う資格はないけどね…

ノンベに季節は関係ないっ!

ということ?で…秋と冬の共演です♪
DSCF0011
 
「限定復刻」の味、と言われても…
当時は10代だったからさすがに飲んでいませんわ^^;
 
結構軽いというか…あっさりとしていてするりと入っちゃう味なんですね。
…「薄い」とも言いますが(←ヲイヲイ^^;)
 
というか、いつも飲んでいるビールがしっかりし過ぎなんでしょ^^;
(ちなみにプレミアムモルツが定番。発泡酒は体質に合わないらしく、飲めません。)
 
さて。冬物語はするりと完飲したし… ラガーでも飲もうかな♪
 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。