タグアーカイブ: 少女漫画

2021.12.20.の出来事

昨日は気力が無かったので別ネタを投稿しちゃった(笑)

◆コレットは死ぬことにした・最新刊にして最終巻をGET
付属の小冊子にてギリシャ神話との辻褄合わせが…
予測していたけど「そこまでフォローするか!?」な展開あり。
年が明けたら続編が連載されるとのこと。
楽しみではありますが、ここでお終いでも良い気もします。
いやま、楽しみなんだけどね、続編。←なら文句言うなよ^^;
DSC_0001

◆新型コロナワクチン接種証明書アプリ
導入しました。履歴ではなく最終接種日のみ表示されるみたいですね。
Screenshot_20211220-214036-editedScreenshot_20211221-211442

実は読み込みに2回ほど失敗しておりまして。
もしかするとアプリを導入した方のアクセスで混雑していたのかもね。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

今日も今日とて月次決算で大わらわ。
仕事が集中する時は息抜きする間もないほど忙しいんですよね…
波がありすぎるんです。
今のところ残業なしでこなせていますが…正直辛い。
だってヒマな時は本当に仕事が無いのだものーー;

明日も忙しい…寝よ。

続き絵

単行本の背表紙が…というのは以前からよく見られていましたが
(ドラゴンボールの背表紙を見た時はドキワクでした☆)
漫画雑誌の表紙で、というのは初めてかも。
DSC_0017

花とゆめ19号&20号。「ヨナ」祭りだそうです…
でもこの作品、終盤に入った感はあるけどまだまだ続きそうだよ?
個人的にはコレットでやってほしかったかも。次号で最終回だし。
や~…デメテル様との出会いはやっぱり伏線だったんですね~
デメテル様が「クスシちゃん」の正体をいつ知ったのかは謎ですが。

話を元に戻して。
付録はヨナとハクのアクリルスタンドでした。こちらも祭りの連動企画。
DSC_0018

創刊当初の付録は雑誌内に綴じ込まれた紙媒体のものが多かったですが
(カセットテープのレーベルが多かったな…懐かしい…)
最近は文房具やポーチ、ちょっとした飾りものが主流になりました。
私には可愛らしすぎて使えないものが多いんですけどね~^^;

漫画ネタをUPしたこのタイミングに…と思った出来事を追記。

WEBニュースの見出しに「佐伯かよのさん死去」を見つけて呆然…
「口紅コンバット」「燁姫」「星恋華」は特に好きだったな。。。
短編ミステリーも多数ありましたね~「彩子」とか。
心よりご冥福をお祈り申し上げます…

訃報を聞くたびに青春時代がどんどん遠ざかっていくようで寂しいですが
あの時のドキドキワクワクな気持ちはちゃんと覚えていて
だからこそ悲しいし、同時に感謝したい。「思い出をありがとう」と。
ああ…うまく言葉にできないや。。。

!!!!!

花とゆめ10号・11号合併号より「コレットは死ぬことにした」の1コマ。
DSC_0013

ここまでは良かったんだ、ここまでは。
この後はもう…神回(何回目だ?)としか言いようのないシーンが。。。

私も雀の涙ほどしかない語彙力を破壊されました…ハデス様に。
みもさん…今号は保存版でっせ!!!!!

Colette decides to die

確かに第1話のコレットはかなり追い詰められていたけどさ。
英訳するとめっちゃ強いですね!
20210220_184759

連続で恐縮ですが「コレットは死ぬことにした」ネタでございます^^

オンライン予約していた最新刊を本日引き取ってまいりました。
18冊目となる今回は通常版とオマケ冊子付きの特装版の2種類ありますが
コレットファンの私がどちらを選ぶか…そりゃもう決まっとりますわな♪
表紙デザインが違っていたら通常版も買っちゃってるよ!←前科あり(笑)

ちなみに今回の特装版は連載掲載誌「花とゆめ6号」とも連動しています。
付録のファンブックと特装版の付録の表紙を合わせると…ほら!
20210220_182525

裏表紙も同じようでいて微妙に違うのだ☆
20210220_182605

コレット過去編を経て「故郷への旅」の終わりが描かれている18巻。
連載も読んでいますが…いきなりいろんなことが動いています。
19巻予告にも「そして物語は最終章へ」と書かれていたし!
実際、コレットの心情がだいぶ変わってきていますものね…
そういえばコレットがハデス様への恋心を自覚したのも、
ハデス様がコレットに告白したのも旅の間に起こったことでしたっけ。

花とゆめ6号掲載のコレットのこのセリフ…ホント、彼女は強い。
20210219_213931
(花とゆめ2021年6号第111話より拝借…)

decide…彼女の決心と覚悟。最後まで見守りたいです。
というか…コレットってホントに10代なの?オバチャン恥ずかしいわ^^;

行ったでし~!

うっかりコツメくん口調になっちゃった(笑)

職場からそのまま神戸マルイへGO~☆
「コレットは死ぬことにした」のプチ原画展に行ってきました^^
開催が発表されてから楽しみにしていたんですよ~♪♪♪
20210219_18280720210219_18202120210219_182353
20210219_18205020210219_182319
20210219_18222820210219_18215720210219_18211620210219_18221020210219_182256

関西で開催してくださるなんて嬉しい限りです♪
今日が初日だったので、うっかり尼崎を通過しちまったわ(笑)

ブース内写真撮影OKという太っ腹対応に乗っからせていただきましたが
原画の繊細さまでは写し取れませんなぁ。。。^^;
というか。
雑誌で拝見した時には割とマットな色遣いだと思っていたカラーが
かなり軽やかな印象だったことに驚きました。。。

グッズも販売されていたのでクリアホルダーとポストカードを購入♪
20210219_20004520210219_200232

今夜は良い夢が見られそうだわ~^^

コレットは死ぬことにした 17巻

コミックス発売日と、その続きが読める花とゆめ22号の発売日が同日。
ただでさえヘヴィな内容だというのにダメ押ししてくれちゃって。。。
最近、オバチャンは涙もろいんだよ~~~~~~~~~
20201020_221625

いつも前向きで元気いっぱいのコレットですが
小さい頃に両親のみならず村全員に死なれてしまったという壮絶な過去があり
(原因は村を訪れた旅人が持ち込んだ病気でした)
17巻はまるっとその部分が語られています。
コレット1人だけ助かった理由が…ううう(泣)

ちなみに花とゆめの付録は激甘シーンを再現したボイスドラマ。
これで口直しをしろということか…
口直しどころか赤面が真っ赤になりますが。よりにもよってそこですか!

昨日からヴァイオレットとコレットに振り回されとります。
でも、適度に疲れたのかな?昨夜は久しぶりに熟睡出来ました。
…睡眠薬代わりに漬かり続けようか(笑)

発掘しました!

古代エジプト絡みだけに(笑)
真相は「引越ししてから10年以上も押入れに突っ込んでいた」ですが^^;
20200607_091817
20200607_091725-edited

元ネタは tabisurueiyoushi様のブログ にてご確認をば♪

1984年から1985年にかけて開催された「黄金のファラオ展」。
私が行ったのは福岡会場で、出口で頂いたと思います。
白い外箱があり、そちらにイベント名が書かれていたと思いますが
箱は早々に無くした…というか捨てちゃったかな^^;

当時は某少女漫画にドハマりしていて、どうしても行きたかったのですが
長崎からそこそこ離れた場所に中学生が一人で行けるはずもなく。
話を聞いた同級生の親御さん(中学校入学前に博多へ引越した方)が
現地で合流するからと親を説得してくださり、ようやく実現。
物凄く嬉しかったですが…今思うと迷惑をかけてしまったなぁ==;

あれから35年も経ったのか…
娘同然に可愛がってくださったM埼のおばちゃん…お元気かな?
記念グッズが残っているのは奇跡かもしれない。。。
あ。私にエジプト熱を植え付けた某少女漫画は現在も連載中です。
果たして完結するのだろうか。。。(謎)

7日間ブックカバーチャレンジごっこ。その4~天の神話 地の神話

昨日に続き漫画本から♪

(そら)の神話 地の神話(成田美名子/白泉社JETS COMICS)※以下"天地"と略します
20200510_104213

成田美名子さんは主に白泉社の漫画雑誌で活躍するベテラン漫画家さん。
代表作に「エイリアン通り」や「CIPHER」「NATURAL」があります。
現在はメロディ誌にて「花よりも花の如く(※以下"花花"と略します)」を連載中。
実は中学時代からファンでして…ほぼ全作読んでいるんじゃないかな。
(ただし現在保有しているのは"天地"と"花花"のみ)

お人形のようなクラシカルな服装が描かれたイラストが可愛らしいですが
私たちが生きる時代の遥か未来が舞台というギャップがまた良し^^

"天地"はエリザベス・グージ著の「まぼろしの白馬」をベースに
SF要素を加味したオリジナル作品とのこと。童話っぽいかな…
余談ですが「エイリアン通り」の主要登場人物がゲスト出演しています。
昭和63年刊行なので今から30年以上前の作品ということになりますが
既に絵柄が完成されています…凄い。

久しぶりに読んで己のがっちがちに頑なな心を反省。。。ーー;

7日間ブックカバーチャレンジもようやく折り返し地点。
明日もファンタジーです^^

ハクモクレン

撮影したのは3月19日。今は散ってしまっています。
例年なら今もまだ楽しめたと思うのにな…
20200319_072939
20200319_07290920200319_072903

こちらはソトベニハクモクレン。
20200319_07310620200319_073018

木蓮の花…好きだな。
「ぼくの地球を守って」のせいで違う世界観にトリップしがちですが(笑)

ジンチョウゲ、ジンチョウゲ

沈丁花の花を見ると「ポーの一族」の1シーンを思い出す私。
もっとも、ここの沈丁花は腰丈ほどの低木なので、
どんなに頑張ってもメリーベルの髪など絡みつかなさそうですが^^;
20200301_164957

20200301_164948

甘くてちょっとクセがある香り…好き^^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。