タグアーカイブ: 京都アニメーション

あいって、なんですか。

テレビシリーズの編集版がいよいよ今晩放送~♪
…といっても私は映画館ですけど。だって4週目だし(謎理由^^;)
当時の放映局ではない日テレで、というのがなんとも不思議。
それに全13話をどんな風に凝縮するのか…めっちゃ気になる~

テレビシリーズ、外伝、劇場版すべてBDを持っていますが
そのどれにも収録されていない原作小説プロモが好きなんです…
これを観てヴァイオレットにハマったんだもの。
ウィッチクラフトを振り回すヴァイオレットは原作ではお馴染みですが
アニメ版には出てきません。出してほしかったなぁ…
(アニメ版は原作と構成・設定が若干違うので出せなかったっぽい)

とりあえず映像を貼り付けておこう。。。←自分が観たいだけ。

こちらはヴァイオレットのセリフも入っているヴァージョン。
タイプライターの音が印象的。

朝から観ハマってしまった。。。仕事行こう。

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン

BDが届きました。今日はこれを観て泣いてから寝ます。
DSC_0007
DSC_0009DSC_0011DSC_0020
DSC_0012DSC_0014

コメントありがとうございます。
昨日に比べるとだいぶ心は落ち着きましたが…まだ少し辛いです。
お返事は少しお待ちくださいませ。。。

金ロー登場!

10月29日に特別編集版、11月6日に外伝が。
「3分でわかる」編集版が金曜ロードショーシネマクラブで公開中です。
関連動画として流れるTVシリーズ5分Ver.3部作のがより詳しいです。

特別編集版の出来…気になるなぁ…
翌週の外伝はBDを持っているけど…観ちゃうかな…

その前に劇場版のBDが届くんだった。

…今月はヴァイオレット祭りかもしれない(笑)

なんてこったい!

日曜日に観納めしたはずの劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンが
まさかの地元映画館上映決定…
ドルビーシネマも地味~に上映期間を延ばしているし。

これはもう運命だね。←口実が欲しいだけ(笑)
Screenshot_20201223-215520_Internet

この映画館ではどうやら京アニ作品を集中的に上映する予定らしい…
昨年上映されたヴァイオレットの外伝もラインナップされていました。

…観に行くしかないっしょ。←踊らされています^^;
ああ…エカルテ島からのハガキがどんどん増えていく…

増殖中…

ここから増えるとしてもあと2枚だと思いますけどね。
20201216_214814

梅田ブルク7のドルビーシネマでは今週末から上映時間が昼間になります。
が…土日の県境跨ぎに関しては自粛することに決めましたし、
平日は仕事なので当然ながら行けるはずもなく。
大阪ステーションシティシネマでは来週も21時の回が設定されていますが
仕事帰りに通うような時間帯ではない!ーー;

地元映画館も木曜日で上映終了。昼間なので観たくても行けませんけど(泣)
というわけで、ヴァイオレット鑑賞は今週末が観納めとなりそうです…
この3ヶ月間、通いに通ったわ~!!
「映画に出てくるちょっとインパクトのある数字」と同じ回数観ました。
ご覧になった方には簡単なヒントですが…まあ、結構な数字かと^^;

今日はレディスデーだったので私はお得に観ることができましたが
シアター内は男性客の姿が結構ありました。
もしかして例の報道(何とは書きませんが)が引き金になったのかな?
ドルビーシネマでの上映期間もいきなり1週間延びましたしね…
個人的には良作だと思いますので、そういうことを抜きにしても
機会があったら是非観ていただきたいと思いますが。。。

さて。炬燵で撃沈する前に布団へ移動するか…

マイブーム、絶賛継続中。。。

12/1の投稿で「まだ届かない~!」と書いた荷物の中身はこちらでした。
基本、読書を始めると止まらなくなってしまう私。
翌日の更新をサボったのはそんな理由でございました^^;

ヴァイオレット・エヴァーガーデン本編(上下巻)と外伝、
そしてエバー・アフターの計4冊。
20201204_223913

作品自体は以前から知っていましたが、ちゃんと観たのは去年劇場公開された
外伝でした。一応、テレビシリーズもサラッとは観ていましたけど。
もちろんその時点で原作の購入を考えましたが劇場版公開まで待つことに。
というのも、アニメ版は原作に無い登場人物が結構出ていて(※ウィキ情報)
設定や世界観が違うのかな?とぼんやり思ったもので。。。

そして…その考えは当たっていました。
劇場版に対してやたらと辛辣なコメントを発する方が一定数おられたので
気になっていたんですが…原作を読んだらその気持ちはわかるな、と。
特にギルベルトがね…魔改造レベルに違い過ぎるでしょーー;
テレビシリーズはヴァイオレットの成長物語的に時系列で進むので
視聴者が感情移入しやすいよう「生死不明」を強調したかったのかな…
私も原作を先に読んでいたら違った感想が出てきたかもしれません。
基本的に原作の雰囲気を大事にしたい派ですので。

本作品に関してはアニメシリーズを先に観て正解だったかな?
そんなことをちょっと思いました。
ちなみに原作本は読破して2巡目に突入…
ブログが更新されなかったら読書に没頭していると思ってください(笑)

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン Part.2

観るたびに新しい発見がある本作。
今回は個人的に見所と思ったシーンについて書かせていただきます。
多分、映画を観ないと理解できない内容だと思います…ご容赦を。

◆つい失念してしまう。
ギルベルトの兄、ディートフリートのセリフですが…
ヴァイオレットにとっても戦争の傷は心の中に残ったままなんでしょうね。
だから、おそらくは無意識に、ああいう行動に出てしまった。
なんかもう切なすぎて…数回目に観た時に泣きました。火傷は健在なのか…

◆結局のところ、あいつは俺の弟だからな。
こちらもディートフリートのセリフ。
この時のディートフリートは、おそらく死んでいるであろうギルベルトに
対する想いを素直な気持ちでヴァイオレットに吐露しています。
このシーンのあと、ヴァイオレットがユリス少年の依頼で弟宛の手紙を
書く場面に切り替わるのですが…その時のセリフがかなり重い。

弟が生まれた時は嬉しかった。
焼きたてのパンみたいに、温かくてふかふかで。でも…

その先を言い淀むユリスの言葉を引き取ったヴァイオレット。
多分、その時の言葉はディートフリートから発せられたんだと思います。
伏せた目線や、直後に大写しになるリボンから何となく察せられました。
落としたリボンがああいう意味を持つ、かもしれない…とは思わなんだ…

本作のディートフリートはテレビシリーズの印象とはまるで違っていて、
ヴァイオレットに向ける優しい視線と微笑みが印象的でした。
ヴァイオレットを1人の人間として認めているのがよく分かりました。
かつては「ただの闘う道具」と罵っていたんですけどね…

終盤の「麻袋に詰め込んで」発言には心の中で拍手喝采!!!
結局、ディートフリート兄ちゃんは優しい心根の持ち主なんだろうな。
最後の「簡単には素直になれない」「行けよ」はその最たるものかと。
ディートフリート兄ちゃん…あなたも幸せになってね。

◆わかっただけ?
ユリス少年のセリフですが…この時のヴァイオレットの様子が印象的で。
本当は「わかっただけ」ではなくもっと深い気持ちが潜んでいて
目を伏せ、閉じ、更に俯いて涙をこらえるヴァイオレットの様子が
とても印象的でした。
ユリス少年もそれ以上は突っ込まなかったんですよね…優しい子だな。

◆生きていたんだ…良かった…
こちらもユリス少年のセリフ。
ヴァイオレットに「愛してる」を教えた人物の生存を知ったユリスが
自身の寿命が尽きようとしている時にヴァイオレットのために喜んでいる。
もう泣くしかないでしょ。。。

◆大馬鹿野郎~~~~~~~~~~~~~~!!!!!
ギルベルトに向けてホッジンズが放った怒号。

(ギルベルト)少佐は後悔していらっしゃるのですね
私の存在が…私が、少佐を苦しめているのですね

ヴァイオレットの言葉に沈黙したままのギルベルトに対する苛立ち。
ホント、ホッジンズ社長…すっかりお父さんになっちゃいましたなぁ。。。
ギルベルトの心情を考えると決して大馬鹿野郎とは言い切れないのですが
ヴァイオレットを悲しませたという意味では適切な言葉かな。。。
グズグズ言って覚悟を決めない親友への苛立ちもあるかもだけど^^;
(余談ですが、ヴァイオレットとホッジンズは最短でも3日かかる旅程を経て
ギルベルトを訪ねています…)

ここまで登場人物のセリフに対して思ったことを書かせてもらいました。
本当は取り上げたいセリフがもっとたくさんありますがキリがないので。
冒頭の「それゆえ、私は称えられるべき人間ではありません」も泣けるし。

気を取り直して…
さりげなく映り込んでいるようなシーンについてチョイ書き。

◆博物館
アン・マグノリアの孫であるデイジーが生きている時代、
郵便社は国の事業となり、C・H郵便社の社屋は郵便事業の歴史を伝える
博物館となっています。
この場所の社長室に注目。ちょっと暗いけど。
かつてヴァイオレットに選ばれず、ホッジンズが自分の机に置いていた
ぬいぐるみがちゃんと残っているんです。
ヴァイオレットが土足で上がっていたソファもちゃんとありました。
そして…郵便社員の集合写真には外伝の後半主人公・テイラーの姿も!
博物館のガイドとして登場する女性について舞台挨拶でネタバレされて
いますが、彼女は元郵便社員でエンドクレジットで名前が出てきます。
余談ですがデイジーに声を掛けられる直前に居眠りしていたという(笑)
細かいわ。。。

◆エカルテ島
こちらもデイジーの時代における様子ですが…
ヴァイオレットが髪に結んでいた赤いリボンが2ヶ所出てきます。
(うち1ヶ所は舞台挨拶でTRUEさんが触れておられたと思う…)
チラッと出てくるぶどう畑にもギルベルトが設置したと思しきリフトが!
2人の息遣いを未来のエカルテ島に感じることができる印象的なシーン。
じんときました。

◆2通の手紙
※最初に投稿した内容はやや意味不明だったので編集しました(10/10)

1通はユリス少年が両親に宛てたもの(ヴァイオレットが代筆)、
もう1通はヴァイオレットがギルベルトに宛てたもの。
どちらも便箋の下部分がチラリと映りますが…もしかして同じむすび?
ちなみにユリス少年の手紙の結びは「大好きだよ」でしたが
ヴァイオレットの手紙は…その部分が読み上げられていません。
(と、舞台挨拶で監督さんが言っておられました)
ヴァイオレットの手紙の中に「『愛してる』を伝えたいと思いました」
とあるので、絶対に書かれているはず。

ということは…読まれなかった部分に書かれていたのは「大好きだよ」?
いや、バイオレットはとても規律正しい性格なので
かつての上官であり敬愛する相手に対して砕けた表現をしないはず。
だけど…似ているんだよな~--;

ちょっと蛇足ですが、ユリス少年は手紙を代筆してもらった際、
途中から一人称が「俺」から「ぼく」に変わっています。
でもって、手紙の文章は全て「ぼく」になっているんですよね…
「私」や「俺」は日本語こそ多彩だけど、英語では「I」一択。
もしそういう感覚(言語の違いによる解釈)で読んでも良いとしたら、
「大好きだよ」=「愛しています」でいいのかな?
監督の答え合わせを求む!!!

まだまだ語りつくせないのでPart.3まで行っちゃう可能性はありますが
今回はこの辺で。

あ。
エンドロールは最後までちゃんと観てくださいね!
ヴァイオレットは代筆業を通して多くのことを学びましたが
ラストのシーンはその集大成と言ってもいいかも…と思いましたので。
左手と言うところがこれまた意味深だし。
まあ…ギルベルトは右腕がないからね?というのもあるけどさ。
…というか…入場者プレゼントにも触れられているけどさ。。。(ボソリ)

さて…次はいつ観に行こうかしらね。←あと数回は確実に観る…多分。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

10/10追記。

現在、劇場版の冒頭10分間がYouTubeにて公開されています。
作品HPからご覧になったほうが早いかな…興味のある方は是非^^

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン

さんざん"チラ出し"しておいて今更かもしれませんが、   
感想というか雑感というか…まあ、いろいろ書きなぐっちゃおうかな、と。 
公式HPでも既にネタバレ全開モードに入っているので
内容にガッツリ触れても差し支えないと思うし(笑)

…と思ったのですが。

実は数日前から編集しているのですが、なかなか纏まらない…==;
なにしろテレビシリーズの続きで、同時に完結編でもありますので
感想を書くつもりがやたらと説明的になってしまう。。。
というわけで、物語に触れなくても大丈夫そうな部分だけUPします。

まずは劇場版のパンフレット。手紙をイメージしたシンプルなデザイン♪  
20201004_0702545

まず驚いたのは登場人物のちょっとした所作が丁寧に描かれていること。
中でも目の瞬き!当然のように瞬きしているんです。アニメのキャラが。
瞬きだけでなく目の表現はとにかく細かいです。
終盤、ヴァイオレットが船上で目を見開いた時の瞳孔の動きは凄かった…
黙って立っているとお人形さんのようなヴァイオレットですが、
瞬きをしている様子を見るとやっぱり人間なんだな~と思います。
(テレビシリーズでは大きく見開いた綺麗な青い瞳が印象的でした)

次に気になったのは音楽と映像の絶妙なマッチング。
去年公開された外伝ではテレビシリーズの音楽が使われていましたが
(一部新曲もありましたけど)
劇場版はアレンジ版も含め新たに作曲されたものが多いんじゃないかな…
当然ながら映像と音楽がしっかり噛み合っているので感情移入しまくり。

私が特にお気に入りなのはヴァイオレットがギルベルトの消息を求めて
エカルテ島へ旅立つシーンですが、とにかく躍動感があります。
持っていた手紙が突風に攫われるところとか特に好き!

2つの「海への感謝祭」のシーンも印象的でした。
どちらも同じ曲が流れるのですが、使われている部分が微妙に違っていて
ヴァイオレットが参列しているシーンは荘厳で儀式的なのに対して
エカルテ島でのシーンではレクイエム的で雰囲気が全然違うのです。

その他、音楽自体はとても穏やかなのに上空には分厚い雲がどんどん広がり
嵐を予感させる演出が施されていたり。
(実際、天候的にもエピソードとしても大嵐になります)

…他にもたくさん書きたいことがあるのに書けないーー;

上手く表現できませんが、実写のようなアニメーション…という感じです。
決してアニメーションの枠からは外れていないのですが
その中で可能な限りリアリティを盛り込んでいるな~と。

ああ。私のポンコツな語彙力ではなかなか伝えきれなくて歯痒いよ~==;

テレビシリーズを知らなくても充分楽しめると思いますので
個人的には1度観ていただきたいです。
私自身、本編である「響け!ユーフォニアム」を知らないまま
スピンオフの「リズと青い鳥」を観ましたがちゃんと楽しめましたので。
視聴者側に立った構成ができる京アニさんの技術力、やっぱり凄いな…

実は初日から通い続けていました。

皆様のブログに足跡だけ残してコメントを入れていなかったり、
いただいたコメントへの返事が遅れていたのはこういう訳でございました。
20200925_221319-edited

公開初日と翌日の舞台挨拶は当初から行く予定でいましたが
月曜日から今日までの「仕事帰りにヴァイオレット」はほぼ勢いです^^;
「最寄り駅の1駅前で降りて歩く」をはじめたせいもありますかね~
私にとっての「1駅前」はJR尼崎駅ですので…
尼崎駅周辺には商業施設が立ち並び、お買い物に飲食、娯楽と誘惑だらけ。
なんとな~く映画館に足が向いちゃっても仕方ないですよね?←誰に言い訳。
それなら別の作品を観れば?と突っ込まれそうですが(自分でもちょっと思った…)
元々作品自体が好きで、なのに何度も公開が延びてしまったので
嬉しさを通り越して執着してしまっているのかも^^;

今週は祝日も土曜日も返上…つまり明日も仕事です。
ということは…仕事帰りのヴァイオレット…明日もやっちゃうかも(笑)

公式HPで舞台挨拶の様子がUPされました。
1回目の挨拶で監督さんが感極まって言葉を詰まらせ登壇者にも伝染したこと、
2回目の時にヴァイオレット役の石川由衣さんが物凄い勢いで仕切越しに
監督へ詰め寄ったことなどが書かれていて笑ったり涙ぐんだり。
それにしても浪川大輔さんは舞台挨拶慣れしているよな~
ガンダムUCの時はその場に居なくても思いっきり弄られていたし(笑)

そういえば…
来場者プレゼントとして配布された書き下ろし小説(※3種ランダム配布)が
メルカリどころか密林にも高額で出ていて、驚いたしガッカリしました。
実は私、1種類持っていないんです。めっちゃ読みたいです。
それでもこの手の販売手法だけは決して手を出さないと決めています。
制作者の努力や気持ちを踏みにじる行為は軽蔑すべし!と思っていますので。

でも読みたいんだよ…
京アニさん、販売してくれませんか?

…眠い。寝ます。

週末だし月末だし

お疲れ様!ということで牛さんを補給☆
少し遅れてにんにくの素揚げもやってまいりました。
お野菜もたっぷり…ああ。幸せっ♪♪
CIMG8814
CIMG8811CIMG8803CIMG8807

ちなみにこれ、食べきれなかったので半分以上お持ち帰りしました。
なにしろ牛さんの前にトマトのピクルスとシーザーサラダも食べたし。
さすがに無理…でも以前は完食していたんだよね…怖っ!==;
CIMG879820200731_185736

月次決算はほぼ終了。お盆明けまでのんびり過ごせそうです。
明けたらバタバタなので今のうちに羽を伸ばそうっと☆

とりあえず明日の土曜日は寝倒します。
このところずっと眠くて眠くて…疲れているのかなぁ?--;
コメントのお返事を溜め込んでしまって申し訳ありません!

今夜も聲の形を観終えたらとっとと寝ます!!
しかし…ちょいちょい端折っているなぁ…BD買おうかしら?--;

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。