タグアーカイブ: フランス

ザ・ファブル & マイ・エンジェル

最近観に行った映画2本…こちらも感想をまだUPしていませんでした。
と言っても感想をUPするのは別に義務でもなんでもないんですが(笑)
折しも学生さんは夏休み。「感想文」を提出する感覚で書いてみます^^
20190813_175740-edited

パンフレットが売切れ(ザ・ファブル)、元々ない(マイ・エンジェル)。
ゆえに映画の鑑賞券のみ。。。なんか寂しい画面だな==;

ザ・ファブル
同名漫画作品の実写映画版。
裏社会で恐れられ、半ば都市伝説として語られる凄腕の殺し屋"ファブル"は
ボスから突然「一般人として1年間普通に暮らせ」と休業を申し渡される。

「休業中の殺しは一切無し。万一殺したら俺がお前を殺す」

佐藤アキラという偽名を与えられ、"ファブル"改めアキラは拠点を大阪に移し
一般人として生活を始めるが…

いざこざ・ドンパチに巻き込まれちゃうんだよな、これが(笑)

なにしろ大阪の"世話人"は当然ながら"表"でのんびり~な方ではないですし
アキラの素性を知らされていない"下"は興味がむくむくと湧いてくるわけで。
…任侠だろうがパンピーだろうが人間ってきっとそういう生き物なのね^^;

殺しに関しては超一流のアキラですが、一般人となると勝手が違う。
皆が言う「普通」とはどういうモノなのか、ひたすら悩みます。
一方、熱いものが苦手で熱い食べ物も湯呑みを持つのもダメだったり
(※感覚が鋭すぎるがゆえの欠点らしい)
ジャッカル富岡というお笑い芸人が大好きで異様なほどの執着を示し、
飼い始めたインコは愛玩というより同居人扱いで一つの命として大事にする。
憎めないキャラクターなんですよね…

「普通」とは何かを考え続けるアキラ。
このことがクライマックスシーンの"どんぱち"へと発展します。
アキラに仕事を紹介し(時給800円ですが)、枝豆の皮は食べないなど
いろいろと教えてくれたミサキちゃんという女の子が窮地に陥ったことを知り
ミサキちゃんには世話になった。助けるのが普通だ。」

ん~…
アキラってさ…実はハイスペックな人間なんでしょうね。
1人で生きる能力には長けているけど人付き合いの匙加減が分からず
だからこそ「普通」という言葉に戸惑ってしまうんだろうな…

そんなことを考えながら観終えました。
正直、私も「普通」という言葉は理解しきれていませんもの。
「常識」とか、みな当たり前のように口にするけど、誰が決めたんだよ?
アキラの問いかけって、多分そういうことなのよね。

この作品は原作の方が面白いかもな~
LINEマンガでミサキちゃん救出の直前まで無料公開されていますので
気になる方は是非ご一読を。(10月末くらいまで読めるようです)

俳優陣は…アキラ(ファブル)役の岡田准一さんのアクションシーンが
凄いな~と思いました。肉体美を惜しげもなく晒していましたし(笑)
それ以上に任侠系の凄みの演技を皆さんがノリノリで演じておられることに
驚いたというか…
演技が凄いんだか「え?こういう願望あるの??」と思っちゃったりとか。
まあ…そこはご覧になった皆様のご判断で(さてさてふむぅ?)。

マイ・エンジェル
仏ドラマ映画、原題は"Gueule d’ange"(英訳:angel face)。
ある母娘の物語。作中、母親が娘のことを時々"エンジェルフェイス"と
呼んでいたので娘の愛称をタイトルにしたのかな?

南仏・コートダジュールに住むシングルマザーのマルレーヌと娘のエリー。
物語はマルレーヌが再婚するところから始まりますが…
この時点でマルレーヌ、終わっています。絵にかいたようなダメ人間==;
自分の再婚パーティ会場で旦那以外の男とイチャイチャ(合体っす…)。
そのせいで旦那から見切られたのに反省する態度がほぼ見られないし
娘のエリーに対しても母親というよりは友達のような接し方。
娘が強請る移動遊園地には行かないくせに、友達からのパーティの
お誘いにはあっさり乗り、娘(8歳)も連れて行っちゃう。
エリーが一緒に行きたいと強請ったのもありますが…酒が出る場所だよ?
しかも男から声を掛けられたからと娘を置いてほいほい付いて行ったきり  
ずっと帰ってこないし電話にも出ない。

その間、エリーはずっとひとりぼっち。
母親のマネなのか、酒を飲み、化粧をしたり母の服を着たりして過ごす日々。
結果、学校のクラスメイト達から酒臭い、厚化粧だと遠巻きに見られ、
次第に陰湿なイジメを受けるようになっていきました。
たった一人で「だるまさんが転んだ」をしているシーンは印象的でしたね…    
というか、フランスにも「だるまさんが転んだ」ゲームってあるんだ!!

閑話休題。
ある日、エリーは街の不良に母親のことでからかわれているところを
顔見知りだった青年・フリオに助けられ、次第に懐いていきます。
母親と違って子供らしくわがままを言ったり、時には素直に謝ったり。    
エリーはフリオを家族(父親?)のような存在と思うようになり、
逆に母親のことを「死んだもの」として記憶の彼方に追いやろうとしますが
フリオに拒絶されたエリーは街の不良から勧められるまま酒を煽り。。。

ここから先はクライマックスシーンになりますのでこの辺で。

ラストはそれなりに綺麗に纏めてあるのかな…とも思いましたが
正直に言うと、この母娘は家族としては完全に破綻しているよなぁ…と。
エリーから拒絶されたことでマルレーヌは多少反省するかもしれませんが
娘を養育するという、親としての義務を果たせるようにはとても思えません。
言葉が交わせる「お気に入りのお人形」的な扱いに終始しそう。
エリーの母親に対する不信感もおそらく相当なものだと思います。
一度破綻した関係を修復するのは至難の業だと思うけどな~親子なら尚更。

というか。。フリオが真面目な好青年で良かったよ…
下手すると幼児誘拐犯扱いされてもおかしくないんですもの。
そんな彼だからエリーも懐いたんでしょうけどね。

物語としてはアレ(どれ?^^;)ですが、演技は凄かったですね~
特にエリー役のエイリーヌ・アクソイ=エテックスには身震いしました。
撮影当時は役と同じ8歳だったそうです。
なのにあんな表情とか間の取り方とか…将来が楽しみですわ。。。

この作品は他所のご家庭の問題を一方的に投げつけられる感じなので
観終わった後のブルーな感情をどうしてくれる?と言いたくなりますが(笑)
個人的には良作ではないかと。
人間関係…殊、親子関係に疲れている方にはヘヴィかもしれません。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

以上、夏休みの読書感想映画鑑賞文でした~!
…夏休み前に観た映画の感想、まだUPしていないんだけどね(ボソ)

宣言通り!

朝から飲んでいます~シアワセ^^
IMGP7653
 
実は昨夜(というか明け方^^;)も3時半まで飲んでいたりして…
お祭りですもん。アリよね!
 
 
 
…なにを必死に言い訳しているんだか^^;

…確かにね。

こういう呼び方は関西ならではだと思うし。
DSCF3604
 
私は九州出身なので、おでんの出汁は澄んでいるのが基本。
しょうゆも濃口、薄口を揃えるのが当然だと思っていました。
(ちなみに濃口:キッコーマン、薄口:ヒガシマルと決めていた…)
 
関東で生活を始めた頃、お出汁の濃い色にはびっくりしたな~
美味しいんだけど最初は抵抗がありました。ま、慣れたけどね^^;
 
 
寒の戻りで大荒れの日本列島。
こんな日はおでんと熱燗が恋しいな~♪
 
 
と言いつつ、ワインを飲んでいる私(笑)
DSCF3617
 
仏産ロゼ。スッキリとした味わいです。私好み^^
実はもう1本、店員さんお勧めの仏産ロゼを入手済みだったりします。
近日中に飲み比べてみようっと♪
 
ところで。。。
ワインとおでん…合いますよね?(今日は食べていませんが)

キラキラボトル~☆

去年飲んだエリック・パルドンのヌーヴォが美味しかったので
今年も!と探したら…
 
こんなキンキラキンの2本セットしか無かった^^;
DSCF1144DSCF1152
 
銀:ボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2014 “ヴィエイユ・ヴィーニュ”
金:ボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーC.C.D.2014
                キュヴェ・デ・トロワ・メートル ヴィエイユ・ヴィーニュ
 
2本の違い…
ぶどうの選別やその後の工程における手間暇のかけ方の違い?かな??
ラベルにサラッと書かれているだけの説明ではよう分からんけど^^;
 
ここ数年、「ぶどうの出来が良いからおいしい」というフレーズのオンパレードで
今年もご多分に漏れず^^;
銀ボトルを開けましたが、確かにフルーティで飲みやすいです…今年も(笑)
 
 
これもやっぱり地球温暖化の影響なのかな。。。
美味しくいただけるのは嬉しいけど、ちょっぴり複雑な気分になりました。
…この言葉も10年くらい言っているような気がしますーー;
 

フランスワイン=赤、ではなかった件。

参加者は9名。
白ワイン:4本、シャンパン(白):1本、ロゼ:1本、赤ワイン:3本。
「お題が“フランスワイン”だと赤が多いよね…」
そう思って白を用意したのに、この結果は予想外でございました^^;
 
ま。
美味しければ色なんて関係ないけどね♪ ←ヲイヲイ==;
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
昨日は恒例の「ワインの会」に行ってきました。
ハッピーづくしでしたよ~
昨年4月から“異業種交流”を目的に始まり、今回で10回目!
主催&開催場所の Norari & Kurari さんも11月11日でオープン2周年を迎え
更には参加者からも嬉しい報告が続々と舞い込みました。
 
 
IMGP5796いろいろおめでたい!というわけで。。。
今回のトップバッターはモエ・シャンドン。
ま、乾杯はやっぱり“泡モノ”だよね~^^  ←ビールじゃないってばーー;
お店の2周年記念という事で奮発されたそうです…嬉しいよ~!!
(美味しいけどなかなか良いお値段なので、自分では買いませんーー;)
ちなみに、これを持ってこられた方にも良いニュースがありました。
幸運をお裾分けして貰わなきゃ^^
 
 
 
IMGP5800
お次はロゼ。「ラ・フール」と読めばよい…のよね?(仏語分からんーー;)
薄ピンク色の綺麗なワイン♪ ラベルのデザインも実にオシャレ^^
甘いのかな~と思いきや、意外にもスッキリとした飲み口でした。
下手するとグイグイいっちゃいそうな予感。。。
大丸神戸店で購入されたとか。今度買いに行こうっと♪
これを持ってこられた方は毎回可愛いラベルを選んでこられます。
しかも味も良いの!!う~む…なんて買い物上手なんだ。
 
 
次は白4本を続けざまに。どれもスッキリとした味わいで飲みやすかったです。
アルザスのワイン(画像左)は初めて飲みましたが、こちらは程よい甘みもありました。
フランスワインの白をこんなに飲んだのは初めてです^^;
IMGP5804IMGP5808IMGP5812IMGP5815
 
最後に赤。こちらも続けて3本飲みました。
画像左は程よく軽くて飲みやすかったです。
中央はフルボディ。しっかりとした味わいで、安定感がありました。私好みだな♪
最後の1本も普通に美味しかったです。プライベートブランド…侮りがたし。
IMGP5816IMGP5820IMGP5824
 
おつまみも豪華!1品持ち寄りに加え、お店の方がたくさん用意してくださいました。
持ち寄りの中で気に入ったのは「殻付きアーモンド」。香ばしくて美味しかった~!
IMGP5788IMGP5794IMGP5806IMGP5827
 
今回も盛り上がって21時過ぎにお開き。帰宅したのは23時頃でした。
美味しいワインをたくさん飲んで良い気分だったので、そのまま寝ちゃいました^^;
 
次のワインの会のお題は「スペイン」。1月10日(土)開催予定です。
スペインはあまり飲んだことが無いからな~ 選ぶのが楽しみです^^
 

前・前・前・前・前・前夜祭!

週末なので思いっきり飲んどります♪
…眩暈で酒控えなあかんとか言っていたのは一体誰だ?^^;
DSCF0919DSCF0925
 
ちなみに明日は恒例の「ワインの会」。
“前・前・前・前・前夜祭” ということになりますわな~  …て、どうでもいい?(笑)
 
明日のお題は「フランスワイン」なので、仕事帰りに梅田の阪神百貨店へ立ち寄り
ついでに自宅用も購入した次第でございます。
ルイ・ジャド(LOUIS JADOT)はだいぶ前に飲んだことがあります…多分(笑)
飲みやすいですが…こんなに軽かったっけな?(というか、薄かったかな??)
 
いつもなら1本まるっと空けますが、今日は1/3で止めておこう…
明日寝込んじゃったら、ワインを買いに行った意味が無くなっちゃうもんね^^;
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
6日後の解禁に向け、おつまみを梅田の阪急百貨店で調達。
チーズ売り場だったのに「主役」のチーズは見向きもせずな内容。
お店の方に苦笑いされました^^;
ちなみにチーズは解禁日の前日に購入予定でございます。
だって~ 今買ったら本番前に食べちゃうもの!  ← そんな理由かい…==;
DSCF0985
 
今年のワインの出来はどうなんだろう?
楽しみだな~^^
 

私の、たったひとつの望み…

「内なる可能性を以て…人の人たる力と優しさを世界に示す…」
「人間だけが神を持つ。今を超える力、“可能性”という名の内なる神を」
 
なんだかんだと episode 1 は一番印象に残っているようです。
ブライトさんの「良くも悪くも」というセリフ…やっぱり重いわ…
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
中世から残る希少なタペストリーを6面すべて見ることができるという貴重な機会。
大阪での開催は10月20日までということだったので、平日狙いで行ってまいりました。
現物を撮影することはできませんので、記念撮影用パネルでご勘弁を^^;
DSCF0070
DSCF0068DSCF0069DSCF0078
 
照明が落とされた暗い展示室。やはり強い光は大敵なんですね…
ところどころ色褪せたタペストリーに歴史を感じつつ、じっくり鑑賞。
緻密なデザインを目の当たりにして思ったことは
 
「これは本当に織物なのか?油彩画の間違いでは??」
 
そう思ってしまうほど繊細な仕上がりでした。
人物の表情はもちろんですが、今にも動き出しそうな動物たちに感動。
植物も丁寧に表現されていて、現代でもちゃんと種類が分かるとか。
 
こんなんが6枚…制作に一体いくらかかったんだ?
思わずそんな下世話なことまで考えてしまった私…根っからの庶民ですな^^;
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
お土産コーナーを覗いてポスカとチョコレートを購入。
ポスカは最初から購入予定でしたが、チョコレートは缶に魅かれての衝動買い♪
「我が唯一の望み」(一応、これが公式邦訳らしい)…確かにインパクトがありますものね。
DSCF0127
DSCF0125DSCF0117
 
ちなみに売店売上№1はチョコレート、№2はポスカとのこと(※10/11現在)。
他にも図録やクッションカバー、クリアホルダーに絆創膏などもありました。
高いよな~と思いつつ、フランスまで行って観賞することを考えると
この手のグッズを買い漁るのは安いお買い物になるのかな?とも思ったり…
ま、私にはそんな財力はありませんがね^^;
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
実物を見ての率直な感想は「思っていたよりも大きい!」でした。
某作品で見た時には自分の背丈よりは大きいかな?という認識でしたが
一般家庭ではまず飾れない大きさであることは間違いありません。
少なくとも我が家では無理だ!(…アパート住まいがナニ言ってんだか^^;)
 
総括。
宇宙世紀ではありませんが、私にとっては正に“ユニコーンの日”でありました。
やはり、本物の放つオーラは凄いわ。。。
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。