タグアーカイブ: オカルト

なんかこわい。

手袋の片方がバッグに乗っているだけなんですが… なんかホラーな雰囲気???
20190104_203636

今日は仕事始め。
ガッツリ仕事してまいりましたよ~

電車は空いていました。
今日は金曜日。土日を繋げて長めのお休みを取った方が多かったのかも。
私も仕事が本格化するのは7日からだしな。。。

7日と言えば七草粥。
今年の正月は胃腸に負荷がかかるような食事はしておりませんが
恒例行事として仕込む予定です。
いつもはシンプルに塩のみの味付けですが…
今年はみそ仕立てにしてみようかしら?
広告

トリップ

しそうになりました…自覚している中では20年振りくらいかな?
無自覚にトリップしたことはあったかもしれないので、何とも言えませんが。
なにしろ昔は頻繁にやっていたから。無自覚に。
 
ナンノコッチャ?
そう思われる方が多いでしょうね…多分。
というか、これで意味がお分かりになる方は同類なんだろうな~^^;
 
というわけで。。。
本日は少しばかり不可思議というかオカルトめいたお話です。
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
昨日は朝から盛大に眩暈を起こしてしまい、仕事に行けませんでした。
多分、低気圧のせいでしょう…メニエール持ちの大敵でございます==;
そんなわけで朝から夕方まで布団の中にいたわけですが。
 
午後… 2時か3時くらいだったでしょうか?
蒸し暑いうえに無風状態で不快指数が次第に増していく中
いきなり体が地面にへばり付くような感覚でパキン!と硬直。
金縛り?久々やな~ は~やれやれ。
と思い、指を動かして解こうとしましたが…
 
ん?解けてくれない。珍しいな??
幽霊さんは…う~ん…いない。変な気配もないし。
多分、脳みそが寝ちゃっている系の硬直だね~ …さてどうしたものか?
別に苦しくはなかったのですが、体が動かないのは気分的に嫌。
しばらく放置していたら動けるようになるかな?と思っていたのですが…
 
ふいに足先からお腹に向かって何かが覆いかぶさってくる感触が!
例えるなら薄手の掛け布団が何枚も何枚も高速で積もっていく感じ?
でも、厚みも重みも熱さも全く感じません。
足が恐ろしいほど痙攣していることに気付いたのはそれから間もなくでした。
痙攣は少しずつ上半身に移っていき…胸の辺りまできたところで
 
マズい、抜けちゃう!!!
必死で指先に力を入れました。
 
そして。
身体のすぐ横に投げ出していた雑誌に触れたところで…脱力~
 
それまで痙攣していたのが嘘のようなリラックスモード。
気持ちも落ち着いていました。
 
が。。。
ひと眠りした後で思ったのです。
とっさに「抜けちゃう!」と思っちゃったということは…
あの時やっぱり幽体離脱しかかっていたんだろうな~とーー;
 
20年程前、自分の足が肉体を伴わずにスポンッ!と「抜けた」時のあの衝撃…
今も忘れられないもの==;
 
 
この「抜ける」感覚が世間一般的に言われている「幽体離脱」かどうか?
真偽のほどは定かではありません。
もしかすると夢うつつに変な妄想を抱いただけかもしれないし。
でも、そんなことはどうだったっていいんです。
自分がどう実感したのか…という覚書みたいなものだから。
 
ただ…
同じような経験をお持ちの方がおられたら、お話を伺ってみたいし、
もしかしたら私の体験が誰かにとっては情報になるかもしれないと思って
記事にさせていただきました。
 
というのも、こういう奇妙なことは小さい頃程よくあったんです。
でも…親は信じようとしませんでした。
ひょっとすると親にとって私は妄想癖の塊に映っていたのかも…
そんな風に後年思い至ったもので。
今や親子関係は修復不可能なところまでいっちゃっていますし。
 
とはいえ、食物アレルギーゆえに食べ物を選別している私に対して
「好き嫌いが多すぎる」とばっさり切り捨てちゃうような人だしな~
はなから合わないのかも^^;
 
 
トリップというお題宜しく、話が脱線してしまったのでこの辺で!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。