カテゴリーアーカイブ: コミック

ハクモクレン

撮影したのは3月19日。今は散ってしまっています。
例年なら今もまだ楽しめたと思うのにな…
20200319_072939
20200319_07290920200319_072903

こちらはソトベニハクモクレン。
20200319_07310620200319_073018

木蓮の花…好きだな。
「ぼくの地球を守って」のせいで違う世界観にトリップしがちですが(笑)

ジンチョウゲ、ジンチョウゲ

沈丁花の花を見ると「ポーの一族」の1シーンを思い出す私。
もっとも、ここの沈丁花は腰丈ほどの低木なので、
どんなに頑張ってもメリーベルの髪など絡みつかなさそうですが^^;
20200301_164957

20200301_164948

甘くてちょっとクセがある香り…好き^^

心も満たされるのだ…

LINEマンガで知り、面白かったので買ってしまいました。
5巻も予約済^^
20200220_225120

広告会社、男子寮のおかずくん(オトクニ・著)1巻~4巻

広告代理店勤務で男子寮住まいの"おかずくん"こと西尾和(にしお かず)。
毎週金曜日は寮仲間である同期の東良、先輩の北さん・南郷さんの4人で
食卓を囲んでいます。
メニューは男子飯からお菓子まで多方面にわたっていて面白い!
ごはんの支度はもちろん、レシピも味の感想も丁寧に描かれているし
4人を取り巻く人間関係にほのぼのしたり、悩みや葛藤に共感したり…
とにかく「イイ」。この一言に尽きまする。

というわけで…ブログの更新を忘れて読みふけっていたのでした^^;
またしてもコメントのお返事が滞ってしまいました…申し訳ありませぬ。
炬燵のお誘いを振り切って布団に移動します(実はちょっと危なかったーー;)

「コレット~」の続き。

このレモンケーキのパッケージが "ガイコツ" に見えるのは私だけ?
20190909_203347

お話を御存じない方へ。
「コレット ガイコツ」でググると画像が出てきますのでご覧あれ^^

で。

似てますよね?
…え?全然違う??

失礼しましたーー; ←自己完結。

レモンケーキの感想はそのうちUPする…かも???

届いたっ!

コレットは死ぬことにした13巻 & 花とゆめ13号 連動プレゼント企画の…

特製クリアファイル!
抽選で180名様に当たるコルクコースターセットは見事に外しましたが
応募券だけでA4サイズのファイルがいただけるなんて…感激だ~!!!
20190909_211444
20190909_21151920190909_21150220190909_211543

福衛門レースの続編も読みたいな~♪
幸村アルト先生、是非よろしくお願いいたします^^

クリアファイル…コレクション入りだな。。。←レアアイテム扱い。

「肩より上…」

天皇皇后両陛下の伊勢ご訪問のご様子…というより(失礼…)御付の方を見て
"パレス・メイヂ"(久世番子/花とゆめコミックス)のこのシーンを思い出しました。
CIMG6864CIMG6868

東宮侍従の御園が立太子礼で御剣の捧持役を頑張っているの図。
この後のシーンでは箱に収められた御剣を同じく肩上に掲げています。
でもこれ…かなり重いんでしょうね。。。

両陛下の伊勢神宮ご訪問と状況は違うでしょうが、実際にこういう
取扱いをするんだな…と、少し不思議な気持ちになりました。
感動というより実感したというか…語彙力がなくてすみません^^;

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

12日後には令和なんですね…
今日は「平成最後の満月」だそうで。しかも十五夜!(※案外一致しないんです)
なんでもかんでも "平成最後" を謳うよな~と苦笑しつつ
久しぶりにお月様を撮影しようかな?などと考えております。。。

なんだかんだと踊らされている私(笑)

びっくりぎょーてん

先日大人買いした「狼陛下の花嫁」の最終話一歩手前の連載…
まさかの展開が待っていました!
 
思わず「そこから始まっていたんかい!!」と。。。
なんだかんだと干渉しまくっていたんじゃん^^;
(…と書くと分かる方には分かるネタバレ情報を投下。)
20180623_06130620180623_061407
 
先月号にて夕鈴パパに狼陛下と夕鈴の関係を知っているような言動があり
「おや?」と思っていたのですが…そういうことでしたか。
夕鈴パパが最終章にしてやっと登場した理由もそこにあったようで…
 
この分だと最終話もきっと読み応えがあるんだろうな~ 楽しみ^^
 
 
 
書かずにはいられなかったので書いちゃった~
作品をご存じない方には意味不明な記事ですみませぬ。。。
(実はブログ表題も単行本収録ネタだったりして…^^;)

買っちまった。。。

毎度おなじみ衝動買い。
漫画本「狼陛下の花嫁」、最新刊までの18冊を大人買いしてしまいました。
さすがに全部新刊で…というのはお財布事情的に無理がありましたので
15冊は某大手古書店での入手でございますけど。
20180616_130429
 
狼陛下の花嫁(可歌まと、花とゆめコミックス)
 
コンセプトは少女漫画系の王道…ベッタベタの恋愛系です。
つまり私にはどちらかというと苦手分野^^;
 
なのですが。。。
最新刊収録の「狼陛下」の過去篇で思いっきりハマってしまいました。
で、白泉社運営のアプリ「マンガPark」で読み始めたのですが
無料で読み進めるには時間がかかるし、課金する気もないしで
「ええいっ!現物を入手しちゃえ!!」と… ←書物は紙媒体が基本。
 
ストーリーをザックリ説明しますと。。。
「王宮に割の良いバイトがある」と聞かされてやってきた下町の元気娘・夕鈴。
そこで告げられた仕事の内容は
「冷酷非情の狼陛下」と名高い白陽国王・珀黎翔のお妃「役」だったという。
「夫婦のふり」を続けているうちにお互いを意識するようになっていく2人。
あくまでも「ふり」なので心の中で線引きするという苦しい気持ちを抱きつつ
演技と称してお互い本音をぶつけ合っているという…
読者としてはかなりもやもやが募る展開です。
そこに政治的な陰謀や2人を取り巻く人間関係なども絡んでくるので
単なる恋愛物語とはちょっと違って読み応えがあるんですよね~
しかも主要登場人物のバックボーンがきちんと設定されているので
ストーリーに深みがあるんです。
私がハマった最新刊の「狼陛下の過去篇」なんてその集大成みたいな感じだし。
結果、あと1冊で完結する…というところで手を出してしまったという^^;
(ただいま最終章がLaLaで連載中。あと2話で完結予定。)
 
余談ですが…
読み切りだった第1話…実は私、雑誌掲載時に読んでいたんですよね。。。
そして「お、結構面白いやん?」と思っていたという。
つまり…ハマるべくしてハマったんだと思いますです、ハイ^^;
(2巻収録の「星の夜にはあふれる嘘を」もお気に入りだったり…)
 
 
 
 
 
なんだかんだと衝動買いには理由がある…多分、ね^^;

ポーの一族 復刻版 限定BOX

ついに手を出してしまった。。。 ←1年以上悩んでいたヒト^^;
CIMG4426CIMG4413
 
妹・メリーベルを人間として生かすため吸血鬼(バンパネラ)となり
永遠に14歳の姿のまま存在する運命となった少年・エドガーの物語。
後にメリーベルも吸血鬼となりますが銀弾を撃ち込まれ消滅、
彼女に思いを寄せていた少年・アランを”仲間”に引き入れ
その後は2人で行動を共にします。
が、永遠に少年の姿、しかも割と人の記憶に残るような行動をとったため
(絵画のモデルになったり出会った人が手記に残していたり…^^;)
結果的に最終話でアランが消滅することになり…
ここで話は終わります。残されたエドガーの行方は謎のまま。
 
中学生の頃に読んだきりかな?それでも案外覚えていましたね…
メリーベルとアランの消滅シーンはもちろんですが
“人間のふり”をすることで自分の姿を鏡に映すことができたり、
十字架に触れることができ教会へミサにも行ったりとか。
(彼らが恐れるのはモノではなくそこに込められた「信仰心」らしい)
 
エドガーの切なすぎる運命とミステリアスな設定がたまりませぬ。。。
作品全体がいろんな面で緻密というか、読み応えがありますね~
ページの端から端までしっかり読み込むという感覚…久しぶりでした。
 
去年、40年振りに新作が発表されました。
「続きだったら読みたくないなぁ…」と思っていたのですが
(だってアランが消滅しちゃったしーー;)
どうやらその前の出来事のようですね…
 
 
 
近いうちに買っちゃうな、こりゃ(笑)

まさかのピンポイント攻め

それにしてもなぜメガネから?^^;
 ※画面をクリックすると稲井カオル様ブログ「171号室」の該当ページにジャンプします。
CIMG4282
 
ちなみに完成した作品はこちら。
メガネ主体の話ではないし、もちろんオカルト物でもありません(笑)
CIMG4288
 
CIMG4291現在2冊出ている稲井カオルさんの「うたかたダイアログ」。
ドラッグストアわかばの高校生バイトコンビ・宇多川さんと
片野君を軸に登場人物の愉快な掛け合いが楽しい作品です。
 
 
今回紹介したこの回はメガネな彼が面白かった!
芋けんぴとみかんジュースをこよなく愛する彼… 
君の出身地はどこだ!?(パッと思い浮かんだのは四国2県ですけど)
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
稲井カオルさんの作品が好きになったきっかけは
花LaLa Online に連載されていた「銀河系不動産ほしの」。
こちらもコミカルタッチで描かれていて楽しい作品です。
確か3話掲載されていて、どのエピソードも読み応えがありましたが
相棒?のワンちゃんネタが特に好きでした…脱力系な感じで。
なのに。。。
花 LaLa Online の終了(※マンガParkへ切替)と同時に
連載はもちろん閲覧すらできなくなってしまいました。
コミックスを出す気配もないしなぁ。。。残念すぎ--;
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。