カテゴリーアーカイブ: ちょいと意見など述べてみる。

パニック?ミステリー??

いやいや。
カテゴリー的にはディザスター(災害)作品ということになるようです。
かなり社会風刺的な内容でした。
DSC_0013

英映画、サイレント・ナイト(SILENT NIGHT)。

タイトルからイメージできる通り、クリスマスの出来事。
ウキウキワクワクどころかこの日に毒ガスが英全土を覆うため
国民は苦しみながら死ぬしかない。
英政府は「尊厳ある死」を推奨し国民に自殺するためのピルを配布する。

目前に迫る絶望と、それがゆえに現れる本性、そして葛藤。
なかなかに心を抉る内容でした。まったく救われないな、と。

毒ガスの発生理由については自然発生的…というニュアンスでしたが
全世界を覆うため人類は滅亡するという状況にあります。
だからこそ政府は「尊厳ある死」を国民に求め人々もそれに従う。
ただ、本当にその選択が正しいのかはわからない。みんな死んでしまうから。

新型コロナウイルス感染症に全世界が恐怖を抱いている今、
いろいろと考えさせられる作品ではありました。
これだけは言えます。人生の終焉まで政府に縛られたくないわーー;

作品中で一番共感したのは親の考えに異を唱える少年・アートの言動かな。
大人・親の考え方は絶対ではないんですよね。
なのに大人・親は子供の考えをないがしろにしがち。
しかも良かれと、正しいと思っているので本当に質が悪い!
口論のシーンに胸がすく思いでした。
もっとも当事者にこの気持ちを理解してもらえるかは不明ですが。。。

大迷惑

流石に悪質だと感じたので取扱局も含めて情報を晒します。
この手の話は随分前に聞いたことがありますが、まさか自分が迷惑を被るとは。

このブログでもちらっと書かせていただきましたが、
決算期に一度、3時間ほど休日出勤(※無給ですが)しました。
ところが。。。
不発に終わりました。届くはずの郵便物が配達されなかったからです。
ルール違反

ちなみにレターパックライトの配達ルールはこちら。
配達局には23日に付いているのだから当然この日に配達されるべきであり
私が職場に行った24日も出入口門扉はしっかり開けてありました。
ルール違反2

郵便局に苦情を申し入れたところ配達担当者らしき方から連絡がありましたが
「休日だから」「門扉が開いていなかったから」と言い訳しまくられたので
頭にきて「私、出勤していたんですけど?」と返したところ

「申し訳ありません。お休みだと思い込んで配達しませんでした…」

いやいや。レターパックライトだよ?
土日休日配達するってしっかり案内されているよね??
会社が休みでもポストに入れられるから!!
「3連休で誰も出勤していないから配達しても無駄」とか思ったんでしょ。

結局サボりやん。。。舐めとんのか!!!!!(怒)(怒)(怒)

急ぎの書類だったので気を利かせてライトで送ってくれたのに。
決算に係る書類だったのでさっさと取引先に送りたかったのに。

幸いにも写しがあればどうにか支払手続きが進められるものでしたが
先方にはルーズな会社だと思われたかもね。。。
遅れた理由を説明できるように配達記録は出力済みですが!

あ~もう。
信書は郵便局しか取り扱えないというあの妙な法律、とっとと撤廃してほしい!
独占しているから胡坐をかくのでしょ?
保険のことといい、なんかもう信用できない。。。

やってしまった…

昨日の「どこに配達したの?」な荷物の続き。
再配達に依頼した時間帯は18:00~20:00。来てくださったのは18:49。

だけど。
昼間出掛けて疲れていた私…がっつり居眠りしてスルーしちゃった!(泣)
DSC_0051-edited

再度、明日の午前中枠での配達を申請…
8:00~12:00ならば寝倒すことはさすがにないです。
洗濯と掃除の予定なので出掛けることもないし。

明日、クロネコさんに謝らなきゃだ。。。ーー;

さびしいよ…

本日未明、取引先の方が仕事帰りに交通事故を起こして亡くなりました。
仕事疲れで気が緩んだのか、単純に帰宅を急いていたのか。
そんなことはどうでもいい…分かっているのは二度と会えないという事だけ。

交通事故で知り合いを亡くすのは初めてではありません。
だからこそ理解していることがあります。
私にとっては悲しく受け入れがたい出来事だけど、世間にとってはただの情報。
平たく言うと"他人事"なんですよね…
実際、私自身がそうだもの。
可哀想だ・大変だと思うことと、その命を惜しむことはリンクしません。

でも…少しでも関わっていると話は別。
事故の報道を見聞きするたびに無機質で冷たいと感じてしまいます。
淡々と事実を述べているだけだと頭では理解していても感情が伴わない。
世の中全体で悲しんで欲しい、悲しんで当然だと思ってしまうのです。
冷静に考えると滅茶苦茶利己的になっているよな…ーー;

だからこそ思います。自分はこんな死に方をしたくないと。
こんな私でも大事に思ってくれている人が少しでも存在するならば
悲しませることだけは絶対に嫌。

できればこんな気持ちを置き土産になんてしないでほしかったけど
残された者としてできるのは貴方の命を無駄にしないということだけ。
自分から命を落とすような行為は絶対にしません。心に刻みます。

どうか安らかにお眠りください。。。

パンケーキを毒見する

タイトルからして攻めの姿勢ですなぁ。。。
作品冒頭の「甘いパンケーキの中はスカスカ」もですけど。
DSC_0018

「新聞記者」ほどではありませんでしたが、観終えた後の嫌悪感たるやーー;
「新聞記者」公開時は選挙戦真っただ中であからさまだな~と思いましたが   
本作もまたタイミングを狙って公開されたことがパンフレットに記されていて
口封じだの情報操作だの…どの口が?と呆れ果ててしまったという。

確かに菅総理の答弁には頭が「?」で埋め尽くされることも多々ありますが
何度も緊急事態宣言が発出されることを無能だと斬り捨てるのならば
国民のだれもが納得する鮮やかな解決策を示せばよろしいでしょうに。

数年前、安倍総理(当時)が街頭演説時にヤジを飛ばした団体に対して
「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」と返して物議を醸しましたが
(この作品中にも当時の映像が流れました)
演説が聞こえなくなるほどのヤジ…どう考えても妨害でしかないでしょ。
なのに。
野党には主張する場所がない。だから声を張り上げるしかない。
そんな風に正当化されるのはちょっと。。。
説得力のある政策に耳を傾けない国民はいません。バカにしないで!

ラストの「若者よ、選挙に行こう」だけは全面賛成ですけどね。。。

本当はもっと書きたいことがたくさんありますが
政治や宗教関係を話題にするのは難しいです…ブレ幅が半端ないので。
私自身、決まった政党を応援しているわけではないし宗教にも無関心ですが
それはあくまでも「現在は」であって今後もそうとは限らないですもの。
出来レース的な結果が嫌で選挙に行かない時代もあったしなぁ。。。

だらだら書きすぎちゃったので総括。
作品自体は否定しません。ただ、鵜呑みにするのは危険だと思いました。
中立性を保つなんて人間にはほぼ無理。努力はできるでしょうが。
「誰か」の意図を以って制作されている以上、中立はありえません。
その点をご留意の上でご覧になるとよろしいかと思われます。。。

トラバ返しっ!

…が目的ではないんですよ。本当よ?←アヤシイ…^^;

先日、某所にて佐川急便さんから不在通知メールが届いたという記事を拝読。

私のスマートフォンにも同様のものが送られてきたことがありましたので
注意しなきゃな…と思っておりましたら。

今日はNTTを騙るメッセージを受信!(呆)
頭にきたので電話番号検索サイトのコメント欄も載せちゃう!!!
Screenshot_20210622-123734Screenshot_20210622-124024

SMSで送ってくるのはうっかり発信するのを狙っているのかもね…
ああ、やだやだ。

皆様もどうぞお気を付けくださいませ。。。

私は騙されない。

某N〇KのタイムCM「ストップ詐欺被害」ではないですが…
検温結果に騙される(?)のは嫌なので宣言しておきます。

今日は映画館には絶対に行かないっ!!!
予約した後で体温が上がって泣く泣く断念…なんてもう嫌だし。
お金がもったいないし、何よりも心が抉られるから(泣)
DSC_0001

緊急事態宣言を受け、大阪市内の映画館が土日休業しているため
映画を観るには兵庫県内の映画館を選ぶことになります。
地元尼崎の映画館でヤマトは上映されていませんが神戸まで遠征すればOK。

が。
今日から新バージョン上映開始&豪華プレゼント配布のシン・エヴァ。
昨夜の時点で売切れていました…大阪からの出張組がいそうな気配…ーー;    
人の流れを止めるはずの休業要請が逆に流れを作っているんだけど(怒)
満席…ーー;

ヤマトは月曜日の仕事帰りに大阪の映画館で鑑賞予定です。
神戸まで遠征する気はありません。
というか…あの映画館、足の悪い私にはちょっと辛いんだ。。。
バリアフリー対応ではありますが、劇場スタッフの介添が必要っぽいし。
さすがにそこまでしてもらいたくないよーー;

…不貞寝しようか。←コラコラ^^;
とりあえず昨日処方箋をいただいた解熱剤を取りに行こう。
ついでにお買い物も。今日は引き籠って宴会だっ!!!

◆おまけ画像◆

PCR検査時にコソッと撮影した1枚。
DSC_0004

かかりつけ医では敷地のスミッコに検査用のBOXを設置しておられました。
幅・奥行きとも1mくらいかな?高さは2mくらいだと思います。
ちょっと狭いかな?と思いましたが被検者しか入らないので十分かも。
周囲が壁なので若干の息苦しさはありましたけどね…←閉所恐怖症気味。
調べてみたらそこそこお値段が張るようで。
それでも導入する必要があるのか…医療関係者各位、本当にお疲れ様です。

ピンクの花

白と黄色に続いて色シリーズ第三弾…かな^^;

サフランモドキ。…サフランの花って紫寄りだと思うんだけど^^;
ちなみにこの花は毒性がありますので食さない方が良いと思われ。
DSC_0003

シレネに似ているけどちょっと違うような。。。
DSC_0015

以下は…ピンク…に分類していいのかな?^^;

紫に分類すべき?なアメリカオオアザミ。ぷっくりしていて可愛い♪
DSC_0028DSC_0009

ヒメヒオウギ。ピンクではなく赤と白…という感じですね^^;
DSC_0016DSC_0017

ムラサキカタバミ。紫…(笑)私の中ではピンクなんだいっ!!!←コラコラ。
DSC_0098

さて、次は何色で集めてみようか。。。

対COVID-19ワクチン接種の案内

今月に入って2回配布されました。我が家は今のところ対象外ですが。
DSC_0013

費用対効果ってどうなっているんだろう?
な~んてことを思わず考えてしまったのですが。
対象者を絞り込んで書類の準備をして発送して…という手間を考えると
チラシを印刷して人海戦術でサクッと配布したほうが効率的なのかな?
いずれ順番は回ってくるので情報共有という点でも理に適うかも。

しかし。
裏面の接種会場リストに思わず笑ってしまいました。
自宅から遠いし公共交通機関を使おうにも交通の便がよろしくない。
それでいて時間厳守…というか「時間通り」の行動?無理でしょ==;

結論。
頑張って足を治そう。。。

不自由を実感する時

いまや当たり前のように設置されている手指消毒用の設備。
足踏み式の消毒液スタンドを最近よく見かけるようになりました。

DSC_0007

「手で触れる機会を極力減らす」
その結果がこれなのでしょう。もちろん私も異論はありません。
ただ、私の足の状態ではこの設備は使えない。それだけ。
足が不自由な方は私と同じもどかしさを覚えておられるのでは?

経験しないと分からないことがある…本当に、それだけのことなのです…
だけど少しばかり思うことがありまして。
ああ…やっぱり世の中は多数決社会なんだな、と。

バリアフリー化がどんどん進んでいる現在、
この程度の不便を障害と考えるのはおこがましいことです。

とはいえ…やっぱり考えてしまうんですよね…
上りエスカレーターしか設置されていない場所を見るたびに実感します。
足が悪い人間ならば上りより下りに恐怖を抱く方が多いのではないかな?
だって…上りでこけても痛いだけ。
でも下りでこけたら…下手すると落っこちちゃいますから。
なだらかなスロープですら怖い。手摺から手が離せません。

エレベーターも下りより上りを利用する人が多いよな。。。
羨ましいです。下りを制御できる足を怠けさせているなんて!
使わないなら私に譲ってほしい!←超本音。

というわけで…ちょっとした愚痴でした。
負傷から4か月以上経った今も杖が手放せないことに
若干の焦りを感じているせいかな…

寝ます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。