洋画2本立て☆

だいぶ時間が空いてしまいましたが洋画2本の感想をば。
DSC_0007

◆ライフ・ウィズ・ミュージック(Life with MUSIC)
アルコール依存症のリハビリ中のズーはある日祖母死去の連絡を受ける。
祖母と同居していた妹・ミュージックと一緒に暮らし始めるが
自閉症のミュージックとの生活は困難の連続、更には仕事にもあり付けない。
それでも少しずつ姉妹仲が深まり、周囲の信頼も得ていく…

ザックリ書くとそんな内容。
途中途中でミュージッククリップが入るという斬新な構成になっています。
映画のタイトルは"妹・ミュージックとの生活"であり
"音楽と共に生きる"という2つの意味を掛けているのかな?
構成や題材に対して賛否両論あるようですが…私は好きかな~

◆ガガーリン(GAGARLINE)
かつてパリに実在した公営住宅"ガガーリン団地"を題材にした話。
老朽化と再開発のために取り壊しが決定したガガーリン団地を何とか残そうと
住民が退去する中ひっそりと隠れ住んだ青年・ユーリの物語です。
人類初の有人宇宙飛行を達成したユーリ・ガガーリンと同じ名を持つ彼は
立てこもったアパート内を"宇宙船"に見立てて改造を施していくが
彼の存在を知らない行政当局はいよいよ建物の爆破解体を決断。
いまにも起爆スイッチが押されようとしたその時、建物が光り始め…

宇宙や宇宙船への憧れや秘密基地を作るワクワク感。
ものすごく夢を感じる話でした…現実は容赦なかったけどーー;
今はもう無くなってしまったガガーリン団地…実物を見てみたかったな~

溜めていた映画の感想をようやくUP。
この調子で明日は邦画2本の感想を上げます~☆

広告
コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • Shin  On 2022/03/19 at 19:50

    やっぱ、洋画の方が面白そうだな~☆
    どちらもヒューマンドラマでしょうか..
    今の現場が6月には落ち着くので、観に行きたいなぁ~
    ・・・ま、それまで上映はしていないでしょうけどね。
    6月は某作品リメイク15話が公開!
    それを楽しみに待つか^ ^;

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2022/03/20 at 11:15

      ☆Shin様
      この2本はどちらもヒューマンドラマですね。
      ファンタジー要素もちょっと入っているかな。
      洋画は発想やスケールの大きさが邦画と少し違う感じがします。
      バーン!とアクションとか迫力で押し通す感が強い気も^^;

      6月某作品…短いPR映像が出始めていますね~
      TV放映版を思い起こさせる感じだけど映像が実に滑らかかつ繊細!
      ビームライフルの揺らぎっぽい表現とか素敵すぎました。
      これを皮切りに初代もリメイクしてくれないかな…

      いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。