フルーツバスケット-prelude-

昨日と今日の2回鑑賞。
好きな作品だと複数回鑑賞は普通ですね~連日でも平気で観れちゃう^^

ムビチケを購入したので特典のA4クリアファイルもGET!
缶バッジ目当てにポップコーンも購入。食べないくせに^^;
(ポップコーンは帰宅前に立ち寄ったErinさんにお渡ししました…)
DSC_0028
DSC_0020DSC_0028DSC_0017

感想…書くのが難しいな…原作もTVシリーズも長編だし。
まずは物語の概要をザックリと。
本編の主人公・透はひょんなことから夾、由希、紫呉の秘密を知ってしまい
彼ら"草摩"一族が抱える"十二支の呪い"に関わっていくことになります。
実際には夾は透の母・今日子といろんな意味で関わりが深いため
透との関係に影響を及ぼしていきます…拗れまくりな両片思い方向に。

こんな感じでよろし?気になる方は原作を読んでくだされ。←投げた。

フルバ展の記事でも少し触れましたが、本作品は透の両親の物語です。
原作マンガでは夾が回想する感じで語られていますが
尺の都合でTVアニメでは端折られちゃったんだろうな。。。

作品序盤はTVシリーズのダイジェスト版のような感じになっています。
幼い頃の夾と今日子との出会いや本編時間軸での透への想いと罪悪感。
これがまあ…長いの長くないのってーー;
透両親(今日子と勝也)のエピソードを楽しみにしていた分、焦れました。
2回目鑑賞の今日は序盤の長さを知っていたのでそうでもなかったですが
復習の意味合いとしてもちょっと盛り込み過ぎ?とは思ってしまった。。。
エピローグは高校を卒業して2人で暮らし始めた透と夾の様子が描かれていて
この部分の原案が入場者特典として配布されています。
本作を含めてアニメ版フルバの完成形…ということになるのかな。

ん~…フルバの世界観を綺麗に纏めているな…とは思いましたが…
絶命寸前の今日子がつぶやいた「許さないから」の取り扱いに不完全燃焼。。。
夾にとって重い枷となってしまったことはがっつり描かれているのに
今日子がどういう意味で呟いたのか…という部分がハッキリ伝わらなかった…
ふんわりと「それらしい」ことは語られているんですが。
(原作ではしっかり描かれています。夾に伝えようとしたことも)
もうひとつ。
魂の存在になって波間を漂う今日子を勝也が迎えに来るシーンで
勝也のセリフがカットされていた!パンフレットには書かれていたのに!!

それとね…(まだ言うかーー;)
最近のアニメ作品では当たり前のようにCG技術が取り入れられていますが    
主体は2Dで併用している形が多く…作品によっては処理が…うぬぬ。
気になる、ならないの問題だと思います。私はがっつり前者。
海、特に波打ち際のシーンとか海鳥が飛んでいるシーンとかはダメでした。
これはもう、好みの話になってしまうのでどうしようもないのかな…
ちなみに他作品では「もののけ姫」のラスト(芽吹きのシーン)とか
「千と千尋の神隠し」での大湯のシーン(お湯がボコボコ膨らむ)も苦手。

ああ…久しぶりに原作を読みたくなってきた…
引越しの際に処分してしまったのが悔やまれます。電子書籍を買うか。

コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • Shin  On 2022/02/19 at 21:14

    ヤマトは?^ ^;
    てっきり“毎週”観に行っているんだと思っていたのにさ~☆
    ま、書かんだけで実際には.. (;^_^A
    映画よりも「本」は読んだ??
    薬屋のひとりごと・13巻! 出てるやん。
    次はいよいよ原作4巻!
    6月かぁ~  まだまだ先やん ( 一一)

    ・・・また脱線してると言われそうだが
    んなん、気にせんぞ^ ^

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2022/02/20 at 20:54

      ☆Shin様
      フルバ前後に観る予定だったんですけどね…時間が合いませんでした。
      上映館が違うので移動時間も考慮すると案外難しいんですわ。
      ピッタリハマる時はハマるんですけどね…こればかりは仕方ないです。

      薬屋~の13巻、予約購入でしっかりアプリに入っていました。
      蛙ネタ!きましたね!!(笑)
      原作は”なろう”で読んでいるのでさほど待ち遠しいというほどでも…
      挿絵は楽しみですが。こちらは今回も電子・紙とも購入予定です。

      脱線…?はて。Shinさんに限っては通常運転でしょ♪

      いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。