それでも親を敬えと。

無事に保護されて良かった。
布団たたきで殴打疑い、母逮捕 奈良・大和郡山、小1男児虐待か

布団たたきですか…いつの世も変わらないんだな。
私には1mものさしも折檻の道具として記憶されていますが。
叩き過ぎて壊れた時にはこう言われましたっけ。

「お前が悪い子だから壊れたんだ。勿体ない!」

ただただ怖かったです。痛いのはもちろんだけど。
でも、生きるために親は必要だと分かっていたし(本能というものかな)
一緒に住んでいるのだから好意を持ってほしいとも思っていたので
必死で言いつけを守ろうとしたし…とにかく顔色を窺ってばかりの毎日でした。
もっとも、親がこちらの言動を好意的に受け取るとは限らなかったけどね…
布団たたきを手に持った時の親の顔だけはなぜか今も覚えています。
文字通り鬼の形相をしていることが多かったと思います。
そして…笑顔を浮かべていることも。目が笑っているんです。怖いほどに。

近所にも折檻の際の声や物音は聞こえていたと思います。
たまに近所の方や同級生から探るような質問を受けていました。
そのたびに「うん…私が悪いから…」などと答えていましたが
暴力自体を否定しなかったことで噂がどんどん広がったらしく。
それを知って逆上した親から更なる折檻を受ける。その繰り返し。

妹も弟も"悪い子には布団たたき"に遭っていましたが
私ほどではなく…むしろ私にとばっちりがきました。
「お姉ちゃんの真似をするから!」責められるのです。私が。

今考えても理不尽な扱いを受けていたと思います。
嫁姑戦争のとばっちりと折檻に関係があるらしいと気付いたのは
実家から離れてからでした。

思えば祖父母の私に対する愛情は異常なほどでした。初孫だったからかな。
私も可愛がってくれる存在が嬉しく、無条件に甘えていました。
(親がアレだったので余計にね…)
その一方で嫁姑戦争はかなり凄かったようで(少なくとも親にとっては)
それでも祖父母の前ではイエスマンのイイコチャンでした。私の目には。
まさか自分にそのストレスが向けられているとは思わなかったけどね~
本人にも自覚は無かったかもしれないけどさ…

折檻を受けていただけでそんな考えに至るのは飛躍しすぎれは?
と思われるかもしれませんが…理不尽な扱いはこれだけではありません。
妹や弟、従姉妹たちが出席する親族の結婚式に私だけ出席できなかったり
遠縁宅への訪問日になぜか私だけ外されたりと
親の親族関係のイベントから意図的に外されていたことを後から知りました。
親族は私も呼ぶつもりだったのに、親が理由を作って断ったのだと。
「幼稚園に行きたいと駄々をこねた」「○○ちゃんと遊びたいと言った」
…まるで私が我儘を言ったかのような理由ばかり!
親族が私に確認をしてきたことで発覚し、驚いて親を問い質すと
「幼稚園が楽しいって言っていたじゃない」…いつの発言だよ、それ?
さらには「(結婚式場は)席数が足りなかったの!」とまで。
小さい子供だから適当なことを言っていれば騙せるとでも思ったのかな。

小さい時だけでなく成人式の着物を仕立てる時もそうでした。
私の振袖は妹も着用することになっているから…と妹が試着。
当然と言えば当然ですが妹が似合う色柄で仕立てられました。
姉妹揃って着用するなら私が帰省している時に選べばよいものを。
(ちなみにお願いした呉服屋さんも親の遠縁です)
とはいえせっかく仕立てたのだし、何度も着る機会がある訳でもないので
成人式の年の正月(親族へのお披露目)と本番に着用しました。
妹の成人式にはまだ先なので次の年の正月にも着たいとお願いしたところ
「汚れるから着んといて!」
いやいや、結婚式の披露宴会場とかで着ることもあるって言っていたよね?
正月ならまだ管理しやすくない??実家に置いてあるんだし。

私は「妹のために仕立てた着物を先に着させてもらっただけ」でした。
姉妹のものじゃなかったんです。最初から。候補の柄すら見ていないもの。
なんかもう、すっかり失望しましたね…
親にとって私は最初から子供ではなく傀儡であったと。

それからです。親を徹底的に避けるようになったのは。
就職してからは絶縁宣言して交流を完全に断ちました。
親はせっせと手紙を送ってきましたが、全て読まずに破棄。
(「読まない」と事前に言っておいたので当然の措置です)

そのうち親の姉妹と祖母が連絡を寄越すようになりました。
探りを入れているのは明らかでしたが、一応普通に接していました。
が…「仲直りしろ」という圧がどんどん強くなってきたので絶縁。
「老い先短い祖母を安心させてくれ」「折れてあげたら?」
そんな言葉の数々に嫌気がさしていたこともありますが
決定打となったのは「血縁・親子の関係は絶対だ」と言われたこと。
私にとっては「絶対的な関係=絶対服従」…と言われたも同然で
これまで必死に隠していた殺意にも等しい感情が一気に噴き出しました。

あの女さえいなければ。

私がそう思うことは間違いなのでしょうか?
そもそも親子関係の問題になぜ祖母や叔父叔母が立ち入ってくるの??
血縁のみならず故郷の友人からも散々言われました。
「アンタは親になったことがないから親の気持ちが理解できないんだよ」
これがきっかけで友人との関係も壊れました。

そんな風に私の人間関係をも次々に壊していった存在。
自分の人生には不要だし、邪魔でしかない。
「育ててくれた恩があるだろう」とご立派な説教を垂れる方々には
親ならば子供の人権を無視しても許される…と仰っているに等しいと言いたい。
親の意に沿わない子供は命を奪われても当然、と言っているに等しいとも。

布団たたきは布団をたたくものだよ。。。
そんなことも理解できない親を持った子供は一体どうすればいいんだよ!?

実は…昨年末に絶縁しているはずの親から手紙が届きまして。
このことがきっかけてついに兄弟との絶縁を決断しました。
一番気掛かりだった存在は既に他界しているのでもういいかな~と。
そのために必要な作業を先月末に終えたところでした。
ちなみに手紙の内容は…もうね~反吐が出るほどの安定っぷりでした…
私が小さい頃から全く変わっていないし、今更変わることもないでしょう。
家族ごっこなんて今更できません。むしろサスペンス劇場になるよ!

私のように血縁関係で悩んでいる方は案外多いと思っていますので
(血縁第一という考え方が蔓延っていて公言し辛いこともワンセットで)
いつかきちんと纏めて記事にしたい…と思っていましたが
布団たたきという、私にとってNGワードに等しい単語が出てきたので
勢いで書いてしまいました。。。

似たような記事は 2年前4年前 にも投稿しているんですけどね^^;
おそらく一生忘れないだろうから、今後も書いてしまうんだろうな。

ただ…
今回の「布団たたき」はご近所さんがたびたび通報してくださっていたと
記事に書かれていて少しだけ救われた気分になりました。
小学生なら助けを求めることができるだろうと思われるかもしれませんが
実際には無理です。親から「お前が悪い」と言われたらその通りだと思うし
そもそも親を悪くいう事は子供にはどうしてもできないんです。
私自身がそうでしたから。

あ~…なんかもう泣けてきた。。。強い酒飲みたい。

コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメント

  • tabisurueiyoushi  On 2021/02/14 at 00:43

    がんちゃんさんの楽しい記事からは想像できない内容で、ただただ驚いています。
    どんな言葉をかけていいのか分からず、自分の語彙力のなさが情けないです。

    現在の日本は事なかれ主義というか、関わりたくないという人が多く、見てみぬふりをする傾向がありますね。今回は周りの方によって救われたようで何よりです。
    おかしいと思っても家庭の問題ですからと親に言われてしまえば引き下がるしかないのが現状ですが(アメリカみたいに有無を言わさず保護するというシステムがないから…)、それでも、近所の方々が見守っていける世の中になるといいなあと思います。

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2021/02/14 at 19:55

      ☆tabisurueiyoushi様
      こんな内容にコメントいただいて恐縮です…コメントを読みながら泣いてしまいました。読んでくださるだけでもありがたいです。
      既に過去の出来事として処理しているので普段は思い出すこともなく平和に過ごしていますが、この手の事件が起こるとどうしても無視できなくて。心の傷という言い方はあまり好きではないですが、忘れることができないのです。恨みに近い感情はなかなか消えないようです。未熟だわ…^^;
      私が小さかった頃と今とでは状況がかなり変わったと思います。ご近所さんが通報しやすい環境になりましたし、WEBという手段で情報収集や発信ができるようになりました。
      それでも2年前のような事件が起こってしまうし、声を上げられない子供はまだまだたくさん存在しているかもしれません。虚しくなってしまいます…

      いいね: 1人

      • tabisurueiyoushi  On 2021/02/15 at 13:46

        未熟じゃないと思いますよ。
        人間はそういう生き物です。

        親じゃないですが、小学校の時に担任から受けた仕打ちとか、今だにふと思い出すことがあります。
        その担任はひいきがとてもひどい人で、私はその先生のお気に入りではなかったんです。

        ある時、私の傘がなくなって、バキバキに壊された状態で捨てられてるのを自分が見つけました。当時は外部の人も入れる状態だったので、誰がやったのかは分からないですが、先生に、私の傘がなくなったということ、壊された状態でみつかったということを報告したんです。

        そしたらその担任は「だから何?私がやったとでも言いたいの?」って。
        「そんな風には思ってないです…」と言うと、「だったら、私に犯人を見つけろと?クラスの中に犯人がいると言いたいの?友達を疑うなんて、なんて性格なの!!」って。なんかいろいろ言われて、ほとんど忘れましたが、当時小学生だった私は泣いていたんです。それで「先生にご迷惑かけて申し訳ありませんでした。」って謝らされて終わったんです。
        その先生は、何かあると、児童に難癖をつけ、「申し訳ありません」って言うまで泣かせる人でした。

        ある時、その担任は私に対し「あなたのお父様って○○さんだったの!?どうして早く言ってくれなかったの~(^.^)」って言われて…。私は「は??」って思ったんですが、その担任はその日から私に対して気持ち悪いぐらい気を使うようになりました。どうやら、私はその担任のお気に入りになったみたいでした。こんな大人にだけはなりたくないって切に思いましたね。

        当時、私が使っていたのは赤い傘で、それは母親のお気に入りの傘で、私がねだって貸してもらったものでした。最近、雨の日に赤い傘を見ると、その一連のことを思い出します。小学校高学年の頃だったので、30年以上経っていますが、今だに担任に対しての何とも言えない感情が湧き出します。それだけ、子供の心に残った出来事というのは、大人になっても消えないものだと実感してます。

        どーでもいい、私の出来事をダラダラと書いてしまってすいません。。。
        誰にも話したことないことですが、気持ちが楽になりました。

        いいね: 1人

        • がんちゃん  On 2021/02/18 at 20:17

          未熟ではない…そうだと良いのですが。恨みや怒りを消すことが正しいとは思っていませんが…上手に消化できればいいな、とは思います。実際、気が昂ったら何をしでかすか自信が無いものでーー;

          学校の先生に関しては私もちょっとありますが、tabisurueiyoushi様ほどの凄まじさはなかった…かなーー;とはいえ、昔の先生って縁故採用なの?と思ってしまうほど教職員としてどうよ?と首をかしげるような方が割と多かったように思うのですが…気のせいかなーー;
          それにしても大人に従順な年齢の、それも自分の教え子に人間不信を受け付けるような方が教員として偉そうに君臨しておられたとは!気持ち悪すぎます。どう考えても変でしょ、その先生の態度は。子供によっては先生・学校そのものを拒絶してしまいそうです。でも子供がが不登校になったところで意にも介さないのでしょうね、こういう人ってーー;

          白川君様も仰っていますが、気持ちを吐き出すことは大事だと思います。WEB社会になってから私も随分楽になりました。実は気持ちを吐き出しているのは記事に貼り付けた2つの記事だけではないんです。会社のこと、社会全般のこと…正直、愚痴・毒吐きがかなり多いです。「毒吐きです」などと前置きして書くこともありますが、ありがたいことにそんな記事にも温かいコメントを寄せてくださる方がいらっしゃって。ブログを開設した10数年前と比べると明らかに気持ちが前向きになったと思います。本当に感謝しかありません。だからというわけではありませんが、同じような悩みをお持ちの方がおられるかもしれない…と、マイナス思考的な記事だと承知で少しずつ投稿するようになりました。昔は完全に毒吐きでしたが、最近は投げっぱなしにならないように努力しています。まあ…読み返してみたらやっぱり毒吐きメインですけど(笑)

          いいね: 1人

          • tabisurueiyoushi  On 2021/02/19 at 13:53

            いえいえ、そういう風に自覚している人は、何もしでかしませんよ~(^.^)

            小学校の先生って、特に女性(おばさん)に変な人が多かったように思います。
            (こう言うと、また女性差別だ~ってなるんでしょうね~(^-^;)
            自治体が小さい村や町役場の職員であれば縁故もあるでしょうが、教員の場合は少なくとも1次試験は今はコンピューター採点なので違うと思います。ただ、以前、摘発されましたね。九州のどっかの県で点数の改ざんが…。大統領選挙もあんなんなので、もう何があっても驚きはしませんが…(^-^;

            小学校の先生って必死に勉強して社会経験なく教員になっている人が多く、教員同士での序列はあっても、長い時間を過ごす教室では自分が一番。子供しかいなければ自分が大将ですし。例え問題があったり変な教員だったとしてもクビにできないので、変なのが残っちゃうんでしょうね…”(-“”-)”

            その先生のクラスの子供が不登校になったら、その子供や家庭が悪いと言いそうです。
            確か私が小学校を卒業して十数年たったころ、その先生のクラスが学級崩壊で問題なってるという話を風の噂で聞きました( 一一)

            自分のことばかり書いてしまった記事に返信いただきありがとうございます。
            がんちゃんさんの記事なのに、すいません。。。

            吐き出すこと…そうですね。
            基本的に小説家は自分の考えやイライラを文章にしてるだけだけだ…と大学の先生が言ってました(^^♪
            ほら、紫式部日記だってそうですし…。
            がんちゃんさんもそのうち「がんちゃん日記」なるものを出版??(^.^)

            いいね: 1人

            • がんちゃん  On 2021/02/20 at 11:39

              いや…気のせいではないと思いますよ。実は私も「変な先生」だと感じたのは女性が大半を占めていますので。総じてヒステリックで威圧感丸出しだったな~と…男性だとやたらと触ってくる教員に不快感を覚えました。当時は小学4年生でしたが、ちょっとおおらかすぎるというか…現在だったら間違いなくセクハラ扱いでしょうね^^;
              私は九州で生まれ育ちましたが、縁故採用の話…実はよく耳にしていました。誰それに口利きしたとか金を包んだとか。私自身、大学進学時点では教職を目指していましたが、その話を聞いて地元で就職する気が失せました。それ以前に義務教育のシステムに疑問を感じて教職への道には進めなくなりましたけど…何もかも歪んでいるな、と思ってしまって。あれでは先生方がストレスを抱えるだろうしノイローゼにもなっちゃうよ…(私の感じ方がそうだったというだけで、教員の全てがそうなると言っているわけではありません)。
              小説家は第三者に訴えかけるだけの表現力を持ち、更に共感する読者を得ることで商売として成り立たせているんですよね…WEBの片隅でコソッと更新している私とは次元が違い過ぎます^^とはいえ自分自身をベースにしないと書くことはできませんから、そういう意味では気持ちを発散していることになるのかも?う~ん。。。金になるだけの表現力…身に付くように頑張ってみるか?←コラコラ^^;

              いいね: 1人

              • tabisurueiyoushi  On 2021/02/21 at 15:32

                確かに当時はスルーされてても、今はアウトの先生も多そうです。。
                大体、廊下に立たせる→授業を受ける権利を奪ったみたいになりますし…。
                私が小学校の頃は、給食が食べられない子が掃除中に正座させられ、埃が舞う中、泣きながら食べてましたが、今だったら完全に体罰ですからね~。
                あとは、今は、ちょっとのことで父兄が騒ぎすぎです。ノイローゼになる教員が多いのそのせいでは?と思ったり。。。

                あくまで一般論ですが、田舎の場合だと、就職先がないため公務員志望が多く、結果、教員や公務員の倍率が高くなります。そこで、金が舞うのでしょうが、その結果、縁故の能力のない人が採用されますし、がんちゃんさんのように、そもそも優秀な人が受けなくなるという、負の連鎖ですね。

                確かに第3者が読んで面白い…は重要ですね。
                大学の先生の言葉には続きがあって、「ただ、小説家は能力があるから作品になる。たいていの人は自己満足で終わる」って(^^;
                あとは、文壇へのコネですね。ってやっぱりここでもコネかい!!

                いいね: 1人

                • がんちゃん  On 2021/02/21 at 19:44

                  当時受けた「罰」の中には体罰相当だと思うものがたくさんあると思いますが、今は今でなんでもかんでも体罰だと騒ぎ過ぎるよな…とも感じます。仰る通り父兄が騒ぎ過ぎですよね…というか、家庭でのしつけの範囲じゃないの?というところまで学校に求めたりしている節もあるしーー;

                  確かに田舎は就職先が少ないですものね…公務員は基本的にどの市町村でも就職先として存在する上に安定感あるイメージなので狭き門になっても仕方がないかも。それでもきちんと職務を全うしていただければ文句はないのですが。。。これ以上は書かんとこ(笑)

                  私もWEB上に公開していますので読みやすいように気を付けてはいるのですが…結構難しいですね。書いた時点で満足、というのは当たっていると思います^^;
                  文壇へコネで上げてもらっても読者が付かないと「一発屋」の烙印が押されて終わりって気がします。ゴーストライターでも囲っていたら話は別ですが(コラコラコラ^^;)

                  いいね: 1人

                  • tabisurueiyoushi  On 2021/02/24 at 13:54

                    しつけの範囲…分かります。
                    実は、私の母親は小学校の教員でした。
                    保護者面談の時に、「子どもに箸の使い方を教えて欲しい」と保護者に言われ「それって親の仕事じゃない?」って思ったそうです。そもそも給食は1日の食事のうちの1回ですからね~。まあ、これは1つの例ですが、押し付けすぎっていうのはありますね。今は騒ぎすぎだし。あとは、保護者が教員をバカにしている家庭(ヤンキーに多い(^^;)だと、子供も教員をバカにする傾向にありますね。学級崩壊も先生というより、ほとんどの確率で家庭に問題があると思うのですが、まあ、これはあくまで私の個人的見解です(^-^;

                    例え一発屋だったしても、本が1発当たれば、その後は夢のような印税生活が~~。
                    って、違うか…(^-^;

                    いいね: 1人

                • がんちゃん  On 2021/02/25 at 21:17

                  箸の使い方は明らかに家庭で躾けるものでしょう!給食における学校での役割は配膳の練習や集団で食事する際のマナーなど家庭では教えられない部分だと思います…好き嫌いを減らす目的もあるかな?
                  私も学級崩壊の原因の全てが学校にあるとは思っていません。むしろ一部の”問題児”が引き起こすケースが多いのではないかとすら思っています。恐ろしいことに壊すのって割と簡単なんですよね。授業をボイコットとか…いじめもそうかな。親の姿勢が子に伝染というのは私も同意です。だって子供は良くも悪くも「親の意見を尊重する」のですから。
                  お~印税…確かに。一発だけでも当ててみようかしら?^^←ヲイヲイ。。。

                  いいね: 1人

                • がんちゃん  On 2021/03/02 at 21:36

                  私もおこぼれを期待しております♪←コラコラ^^;

                  いいね: 1人

                • がんちゃん  On 2021/03/09 at 21:33

                  Yeah!\(≧▽≦)/

                  いいね: 1人

  • Shin  On 2021/02/14 at 09:03

    ( 一一)
    子供に布団叩きで“叩かれた事”はあるけど
    コッチから叩く事はなぁ~
    「まま いじめちゃだめ!」  ってさ~ (ーー;)

    ネットが発達してきたからなのか、世相がそうなってきているのか
    はたまた、時代の変化なのかは解りませんが
    親が子を・・ 子が親を・・
    そういったニュースが出てますね。

    そういえば、がんちゃんも・・・  ( 一一)

    ウチは幸い、そういった事は無いのでナンですが。。。

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2021/02/14 at 20:29

      ☆Shin様
      …布団たたきって折檻の道具にしやすいんですかねーー;
      実際”叩く”道具だから持ちやすい・力を入れやすい造りでしょうけど。
      実家の布団たたき、布団ではなく私を叩くためにあったよな~
      そんなことまで思い出してしまいましたーー;

      親子間での事件は昔から存在していたと思いますよ…
      仰る通り、それを良しとしない世相や情報を露出しやすい環境が
      整ったことで耳にする機会が増えたのではないかと。
      私の場合、幸いにも親が世間体を気にする質だったこともあり
      命の危機を抱くことはほとんどありませんでした。
      まあ…精神的に病んでいたことは間違いないですけどね。。。

      いいね

  • 白川君  On 2021/02/14 at 10:12

    どのような形であれ、感情を吐き出すのは、精神的に、良いことだと思います。
    心に安らぎが訪れますように✿

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2021/02/14 at 20:34

      ☆白川君様
      ありがとうございます…
      WEBの普及で同じような悩みを抱えている方が案外多いと知りました。
      みなさん、吐き出す場を欲しておられたのだと思うと…(泣)

      いいね: 1人

  • みもー  On 2021/02/16 at 17:40

    「折れてあげたら」なんて、簡単に言って欲しくない。
    がんちゃんが受けた心身の傷は、そんな生易しくないと思うもの。
    あと「親になったことがないから云々」の“元”友人さん。
    あたしは親ですが、そんな気持ちわかりません。縁を切って正解です。
    その方には「じゃあがんちゃんの気持ちは分かるの?」って訊きたい。
    分かってないから、そんなデリカシーのない言葉をかけるんだ。

    どれだけ辛かったかは、本当に本人じゃないと分かりませんて。
    だから、私は想像することしか出来ないですけれど…。
    でも、寄り添うことはしたいと思います。(住んでる所は遠いけど)
    いつも思うけれど、こんなに辛い思いをしてきたのに
    よくぞ真っ直ぐ素敵な大人になってくださった、と。。。
    私だったら耐え切れなくて、ひねくれてしまっていたと思います。

    思い出したくない過去を背負うのはしんどいことだけれど
    せめて少しでもたくさん、楽しく明るく過ごしてもらいたいです。

    ワタクシもバカ話のブログ記事UPして、笑ってもらえるよう頑張ります。

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2021/02/18 at 21:07

      ☆みもー様
      みもさんには毎回励ましのコメントいただいて…嬉しいです。
      世の中も少しずつではありますが理解が深まっているように感じます。
      まあ…今もやはり話しをうんうん、と聞いてくれているようでいて
      「でもね」と説得に入るようなケースもそこそこありますが。。。
      経験していないことを理解しろとは言いませんが、否定してほしくない。
      そもそも人間関係に正しいも正しくないもありませんので。
      だけど…親子、血縁というだけで特殊な「何か」があるのだと
      信じてやまない方がまだまだ多いんだな…と思います。
      きっと私のこういう考え方も冷たいとしか思えないんだろうな~ーー;

      う~ん…性格はだいぶひねくれていると思いますよ^^;
      大学時代の寮生活や接客関係の仕事が財産になっているのかな…
      血縁に縛られた生活から解放されたことが大きかったと思います。
      あのまま地元にいたら…あまり考えたくないかな。。。
      家族でも血縁でもない方々の助けがあって今の自分がいるのだと
      温かいコメントをいただくたびに感謝の気持ちがこみ上げてきます。
      親しくなった方々を悲しませたくないからちゃんと生きようと
      とても前向きな気持ちになれるのです。
      いつもいつもありがとうございます…

      いいね: 1人

コメントありがとうございます♪

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。