1917 命をかけた伝令

見たのは先月ですが…なかなかUPできませんでした。
これ以上記憶が薄れる前に書いておこう。。。
20200308_201320

パンフレットの隅に書かれている通り、最大の敵は"時間"。
時は1914年、第一次世界大戦真っ只中のヨーロッパ。
伝令が間に合わなければ大勢の仲間が無駄死にすることになるため
決死の覚悟で敵陣営を突っ切り使命をを全うするまでの一部始終が
描かれています(若干ネタバレ?ま、この程度ならいいか^^)。

上映前から話題となっていた"ワンカット撮影"の技法は確かに凄かった。。。
実際にはワンカットに「みえる」撮影…ということになりますが
全編通して映像が連続しているため、息つく間がありませんでした。
また、狭い通路でぶつかり小競り合いになる…といった細かい演出が見事で
戦場に居るような緊張感と臨場感が…セットもリアリティ全開だしーー;

唯一心を癒してくれたのがこのヴィーカル曲でした。
残念ながらサウンドトラック未収録らしい…なんでだ。
"Wayfaring Stranger/Jos Slovick"

この曲を聴いているうちに、なぜか「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」
に出てくるピピンの歌を思い出しました。  
そういえば音楽も全体的にロード~の作品と雰囲気が似ていたような…
この2作品、作曲者は違うんですけどね???
単に私の脳みそ的に同じ分類として整理されているだけかもしれない。。。

個人的には観て良かったと思うしお勧めしますが、結構グロいシーンがあるので
戦争映画であることを理解した上でご覧になったほうが良いと思われ。

戦争は…本当に虚しいですね…

コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • Shin  On 2020/03/16 at 21:30

    あ~ これ、今上映中のやつですね。
    周りに観てきた方がいるんですけど
    物凄く感動してましたっけ・・・
    ストーリーもそうだけど、描写も凄かったって。
    ナンか、行って観たくなってきますね。

    そういえば、例の〇ロナ影響で「当日券」しか
    購入できなくなっているんですって!?
    (ーー;)
    まあ、会社の方からも
    「不特定多数の方が集まっている場所」は
    極力行くのを控えるように。 って連絡が入ったけど・・・
    早く終息してほしいですね。

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2020/03/16 at 22:19

      ☆Shin様
      ストーリーはある意味単調です。伝令に行くだけなので(笑)
      映像が連続しているのと緩急の切り替えが実に見事なので
      ぐいぐい引き込まれます。主人公と目線が一緒になるんですよね~
      あの臨場感はぜひ味わっていただきたいです。
      戦場モノなのでグロいシーンもそこそこありますが…ーー;

      そうなんですよ。当日しかチケットを購入できません。
      インターネットも当日0:00からの受付になっています。
      正直、3日前から売ろうが当日からだろうが上映直前まで
      観客入数がどうなるかなんて分からないので何の意味があるの?
      …と思ったのですが、事前にチケットを購入した方が
      体調不良を押して…というパターンは考えられそうなので
      無難な措置かもしれませんね。まあ、仕方ないかも。

      私の勤務先も注意喚起の事務連絡が回ってきています。
      どこへ行ってもコロナコロナって…正直鬱陶しい==;
      とりあえず職場用のペーパータオルをなんとか調達したいよ~
      (マスクと消毒液は言うに及ばす!)

      いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。