34年ごしの宿題

命をかけた願いが、どうか教育現場に伝わりますように。

そう願って今も活動を続けている方々がいらっしゃることを知りました。
即ち、自ら命を絶った彼の切実なあの願いはいまだ叶っていない。

「葬式ごっこ」

こどものいじめに教師までもが加担した衝撃的な事件。
"さようなら"の色紙は今もハッキリと記憶に残っています。
あんなに手の込んだ悪意を私は他に知りません。

が…あれから34年経った今、当時の教師が語ったことは

「老後は静かに暮らしたい」
「あんなに思い詰めるとは思わなかった」

…と、どこか他人事。
1人の命を奪っておいてなお、自分に責任は無いと言わんばかり。

この教師に言ってやりたい。
「あなたは殺人犯です」と。
そして、事件が忘れられない私もまた被害者の一人だと。

神戸の教師間いじめの話を知った時に改めて感じましたが
教師ってお勉強的な知識はあっても人間的にどうよ?という人が多い…
そんな人たちが人間を育てているのか。。。

教育現場からいじめも自殺も無くならないわけだ~…納得。

コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • tabisurueiyoushi  On 2020/03/03 at 19:21

    葬式ごっこ、私も記憶にあります。
    衝撃的な事件でした。当時の教師、まだ生きていたんですね…。当たり前か…。

    教師の資質の見極めの難しいところは、面接で、思想とか考えとか、特殊のことは聞いてはいけないとなっていることと、最初の1年大人しくしていれば、よっぽどのことがない限り解雇できないという点。しかも、今は、団塊の世代の大量退職により、本来なら管理職になれない人が、管理職になってしまい、本来なら採用すらされない人が教員になってしまった…。管理能力のない人間が、資質のない教師をまとめられるわけもなく…。神戸の事件をみてもわかるように、あんな事件をおかしたとしても、やめさせられない、もどかしいものです。ただ、それは一部で大部分の先生は、一生懸命なんですけどね~”(-“”-)”
    そして、モンペのせいで、いい先生ほど辞めていく現実…(-_-)

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2020/03/03 at 23:29

      ☆tabisurueiyoushi様
      1人の人間を追い詰めておいて「悪ふざけが過ぎた」で済ませられると思っているところに教師としての資質を疑いますし、だからこそあの事件は起きてしまったのでしょう。
      教師は政治家以上に縁故だの家系だのと柵がたくさんあって閉鎖的な職業だと思います。実は私も教員を目指している時分に縁故云々の話がありました。頼って教員になっていたらその方には逆らえなかったかもしれませんね…実際には教師になっていないし随分前のことですから堂々と書いちゃいますけど(笑)
      モンペ…う~ん…ーー;今はその問題もあるんですよね。真面目に情熱的に取り組もうと頑張る先生ほど思いつめて壊れてしまいそう…

      いいね: 1人

      • tabisurueiyoushi  On 2020/03/05 at 14:56

        心身症になって休職→退職する先生が多いんですよ…。まさに、ブラックな職場です”(-“”-)”

        いいね: 1人

        • がんちゃん  On 2020/03/07 at 19:47

          私もそういう方を知っています…心が弱いとか割り切れとか周囲に言われていたようです。一部の先生の言葉でしょうが、まるでこどもを意思のない人形のように捉えているみたいで気持ち悪くなりました。

          いいね: 1人

  • photonspin  On 2020/03/04 at 19:26

    私もあのTV番組を見ました。絶句しました。決して忘れてはいけない事件ですね。

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2020/03/07 at 19:45

      ☆photonspin様
      お返事遅くなってすみません…
      ご覧になりましたか。。。
      当時は教職を目指していたので可能な限りニュースを追っかけました。この担任は当時も「そういう遊びだと思っていた」と言っていたんです…静かな老後?ふざけんな!と本人に直接言ってやりたいし、絶対に忘れません。

      いいね

  • みもー  On 2020/03/05 at 16:07

    私は仕事柄、学校の先生方と接する機会がとても多いので…
    確かに「お勉強は出来るけれど、常識が無い」御仁が多くて困ります。
    同業者にまで「赴任前に一般企業で2~3年勤める事を義務化すればいいのに」
    と言わしめるほどです。(これを言った方は、一般企業経験者です)
    素晴らしい先生もたくさんおられます。むしろ、情熱を持った方の方が多い。
    だけど、本当に困った教師が多いのもまた事実。
    「あんなに追い詰めると思わなかった」とのたまった元教師。
    静かな老後なんて送れると思うな。ロクな死に方しないぞ。
    私は、そう言ってやりたいと思います。

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2020/03/07 at 20:06

      ☆みもー様
      頭は良いでしょう…教師という立場上、それは必然でもあります。
      その頭の良さを、残念ながら自分の為だけに発揮する方がおられる。
      一握りにも満たない(と思いたい)その存在というのが実に厄介…
      そんなところなんでしょうね。
      腹立たしいことに立身出世の術だけはめっちゃ長けているので
      能力の有無に関係なく肩書だけ立派だったりするし(怒)
      教師に限らず「一般企業で~」的なことを言いたい輩は私の周囲にも
      存在します(というか、うちの職場内ですがーー;)。
      一般常識って一般的じゃないの?と首を傾げることもしばしば…

      「静かな老後」ってどの口が?
      34年振りの言葉に怒り再燃です。少なくとも私は絶対忘れない(怒)
      ドキュメンタリーを制作してくださったことに感謝しています。

      いいね: 1人

  • Tyakura  On 2020/03/08 at 20:54

    知らなかった事件ですが、先生って尊敬できる方もいたけど、変な先生が多かった気がします。中学時代に精神的に病んで退職した先生もいました。心が病む方が多いのかも、ベクトルの向きが自分か、他人かの違いかな。どの職種もそうなのかも知れませんが、人に教える存在なのだから、自覚を持ってして欲しい。向き不向きくらいわかる人であって欲しいですね。

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2020/03/08 at 23:14

      ☆Tyakura様
      変な先生…^^;
      私もTyakuraさんのその感想に概ね賛同です。残念ながら…という言葉を付け足した方がいいのかもしれません。
      教職員は文字通り「教える」ことが仕事ですが、事務的に「教える」だけでは済まされないとも思うのです。ましてや相手は人生が始まったばかりの「これから」の存在。そこを押さえたうえで教壇に立つべきだと思いましたが…実際にはどうなんでしょうね?

      いいね: 1人

      • Tyakura  On 2020/03/09 at 17:51

        この先生どうして先生になったんだろ?って思う先生いましたよね😅公務員だからとかの理由なら、他にあると思うんですが💦面接もあるだろうし、適正はみないのですかね?何か貫けるものがないとできない仕事だと思いますけどね🤔

        いいね: 1人

        • がんちゃん  On 2020/03/09 at 22:18

          教育現場に就いて初めて「自分に合わないかも」と感じた先生方はきっとおられると思います。その場合、彼らはどうするか?…なんだかんだとズルズル教職を続けるんじゃないかな…と思うのです。大変な思いをして掴んだ道だから簡単に捨てられない。加えて「学校の先生」という肩書だけで親族をはじめ周囲が特別な視線を向けていたら本人も辞めづらい。
          私自身が悩んだクチなので、目に見えている部分だけでは非難できないところもあろうかと推察します。
          もっとも、そういうことを差っ引いてもこの「葬式ごっこ」担任だけは許せませんけどね…想像力が足りなさすぎます。

          いいね: 1人

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。