ジンチョウゲ、ジンチョウゲ

沈丁花の花を見ると「ポーの一族」の1シーンを思い出す私。
もっとも、ここの沈丁花は腰丈ほどの低木なので、
どんなに頑張ってもメリーベルの髪など絡みつかなさそうですが^^;
20200301_164957

20200301_164948

甘くてちょっとクセがある香り…好き^^

コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • tabisurueiyoushi  On 2020/03/02 at 12:57

    ポーの一族、私も読んでましたよ~(^.^)
    沈丁花、きれいな花ですね(*^^)v

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2020/03/03 at 22:51

      ☆tabisurueiyoushi様
      わ!嬉しい!!結構昔の物語なのでなかなか知っている方に出会えないんですよね…川原泉さんの漫画「笑う大天使」で沈丁花の下りが出てきた時には私も一緒に盛り上がりました(笑)
      沈丁花は実家に咲いていて甘い香りを楽しんでいました。濃いピンクと白、そして葉っぱの緑…全体的な色彩も素敵ですよね^^

      いいね: 1人

      • tabisurueiyoushi  On 2020/03/05 at 15:36

        ポーの一族は復刻版で読みました(^^♪
        宝塚でも2003年にポーの一族をモチーフにした「薔薇の封印」が、2018年には原作そのままに「ポーの一族」を上演しましたよ(*^^)v

        「笑う大天使」はすいません、わかりません(^^;
        実家に沈丁花ですか~。わ~素敵(#^^#)

        いいね: 1人

        • がんちゃん  On 2020/03/07 at 20:42

          私も新刊と一緒に復刻版も買って久しぶりに読みました^^
          「ポーの一族」は宝塚の演目として合いそうですね♪いちいち絵になるというか…いやま、実際に漫画なんですが(笑)

          「笑う大天使」は川原泉さんの作品で高校生3人娘が主人公の…学園モノ…かなぁ?(笑)他にも北斗の拳とか出てきます…カーラさんワールドはハマると危険です。
          実家には沈丁花と金木犀がありました。どちらも香りが良くて好きです^^

          いいね: 1人

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。