CATS

ミュージカルで有名な作品ですが観たことがなかったので
映画化の情報が出た時から公開をず~っと楽しみにしていました^^
日本語吹替え版、字幕スーパー版ともに鑑賞♪
20200216_063109

あらすじは…端折ってもいいですかね?だって有名だし(笑)

ミュージカルのテイストを大事にしているんだろうな~という印象でした。
が、劇場版オリジナルの設定もいくつかあるようで…
映画では白猫のヴィクトリア(雌仔猫)の視点で描かれていますが
ミュージカルでは決まった「主人公」がいないようですね。
長老猫の性別も雄から雌に変わっています。
他にも設定変更や演出の違いがちょこちょこあるようです。
例えばヴィクトリアは人間から捨てられるという設定で作品冒頭に出て
きますし、それに付随して?映画オリジナルソングが作られています。  
気になる方はWEB等でリサーチしてみてくださいませ^^

以下、キャッツ初心者としての率直な感想。。。

まず一番印象深かった代表的ナンバー「Memory(メモリー)」について。
元々好きな曲でしたが、一層好きになりました。
サビの"Touch Me …"という歌詞…あんな意味だったんだ!!
場面を知って感動したというか、衝撃を受けたというか。
作品中2回出てきますが、4回とも泣いてしまいました(2回×2度鑑賞=4回)。

ストーリーについては…結構唐突に始まるので「…はい?」という感じ^^;
映画では袋詰めにされた仔猫のヴィクトリアが人間に捨てられるシーンから
始まりますが、袋を破って助け出した野良猫?たちがヴィクトリアを囲み…
突然歌い出すんです。それはまあいいんですが…
彼らが言う"ジェリクル"って何??
野良猫のことかと思いきや、家猫もどうやら"ジェリクル"の一員っぽいし。
「猫には秘密の名前がある」というのも最後まで何のことか分からず…
グリザベラ(メモリーを歌う猫)が登場した辺りからストーリーが一気に
動いていくのでサクッと忘れましたが(笑)
こちらもWEBなどで調べるとそれなりの回答に辿り着きますが
感覚的に理解する部分みたいなので書けないかな~
ご自身で掴んでください、としか言えません…すみませんーー;

ちなみに私なりの総括は「面白かったけどちょっと難しい?かな??」。
理屈っぽく考えず楽しんだ者勝ち!なんでしょう…私は理屈っぽいの(苦笑)

日本語吹替え版と字幕スーパー版はどちらも分かりやすかったです。
字幕スーパーがそのまま日本語の歌詞です!という感じでした^^
ただ、ヒアリングに自信がある方、少しでも英語が理解できる方は
字幕スーパー版のがいいのかな~と思いますね。。。
自分なりの翻訳との違いを楽しむ醍醐味がありますから。
(今回の翻訳は自分の解釈とほぼ一致していたのでスッキリでした♪)
それ以上に歌と演技との一体感が違う!
多分、皆さんの発声が素晴らしく綺麗で聞き取りやすかったのが大きいです。
元がミュージカルなので「歌い聞かせ」に優れているのでしょうね。    
英語の歌詞ってヒアリング苦手なんだぁ…割と意訳も多いし。    
(グレイティストショーマンは聴き取りづらくて大変だった==;)

う~ん。。。思いのほか長くなってしまった。
読み辛いですね…すみません。

コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • tabisurueiyoushi  On 2020/02/22 at 12:52

    四季のミュージカルは何度か観たことあります(^.^)
    この映画も気にはなっていたんですが、まだ観れてないです…。
    でも、今、映画館行くの怖いから、DVDでたら買おうかな?(←映画の醍醐味台無しですね…(^^ゞ)

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2020/02/22 at 21:54

      ☆tabisurueiyoushi様
      わぁ、良いなぁ。。。
      キャッツシアターで観劇したくて狙ったことがありますが、当時は半年待ちとかザラだったので途中であきらめてしまい…それ以降はチケットを取る気力すら萎えてしまったという(笑)大阪で公演されている時に行っておけばよかった…と後悔しきりです。大阪駅の目の前だったのに^^;
      新型肺炎の影響か映画館は割と空いているので、事前に空席情報を確認してから行かれると良いかもしれません。でもまあ…画面の大きさや音響が気にならないようでしたらDVDでも十分楽しめるのではないかと思います^^

      いいね: 1人

      • tabisurueiyoushi  On 2020/02/23 at 11:25

        定価以下で販売される「宝塚おけぴ」というのがあるんですが、(これが以前お話した「非公認だけど公認してるサイトです。東宝は公認してます)そこで、四季のチケットも買ったことあります。最前列中央の席とかとれますよ(*^^)v
        宝塚の場合は、このサイトでも、運がよければ12列前後、大体1階20列以降の席しかないですが、四季は割と良席が出てますね。ただ、四季がこのおけぴを公認してるかどうかわからないので、今の時期、チケットを買ったはいいけど、入場できないってなったらキツイですよね…”(-“”-)” また、近いうちに大阪でもやるんじゃないですかね~(多分…(^^;)

        DVD、そうなんですよね…。
        「レミゼラブル」も「オペラ座の怪人」も結局は舞台のがよかったって思ったのは、大画面で見てないからかな~って思ったり…(^^; 映画はやっぱり映画用に作ってありますからね。でも、多分、DVD購入すると思います(#^^#)

        いいね: 1人

        • がんちゃん  On 2020/02/23 at 22:52

          おけぴ…オーケストラピットのことでしょうか?なんだか可愛らしいネーミング^^宝塚以外のチケットも取り扱われているんですね…ちょっと覗いてみましたが「交渉中」の文字が結構多くて利用率の高さが窺い知れました。こちらも探ってみようと思います。ありがとうございます~!!
          大阪四季劇場では現在「リトルマーメイド」の公演が行われています。「レ・ミゼラブル」は観たかったなぁ…オペラ座の怪人はテレビでほぼ全幕観ましたが、平面的で面白みが無かったので舞台で観てみたいと思いました。他にはオペラの「ニーベルングの指輪」…絶対に観たい作品です。序幕から第3幕まで4日間通わなければならない超大作でお財布的にも結構痛いですけど^^;
          劇場や舞台でないと!という作品って結構ありますね。。。

          いいね: 1人

          • tabisurueiyoushi  On 2020/02/24 at 11:18

            オーケストラピットのことなのかなぁ??考えたことなかったです(^^ゞ
            そうなんです。宝塚以外もあるんですよ。管理人さんは、制作発表に出席したり、出演者にインタビューしたりしてるので、まあ、業界の人だとは思います。
            確かに「交渉中」多いですね。朝に掲載されても昼には交渉中になってしまうので、行こうと思ってる日と合えば、速攻連絡って感じですね。ただ、ここは「譲渡」よりも「交換」のが良席があるので、掲載者が交換を諦めて譲渡に切り替えた時は、狙い目ですね(^_-)-☆

            「レミゼラブル」はNYのブロードウェイで見ました。ちょうどパリのコンサートでテロが起こった後だったので、戦闘のシーンはちょっと怖くて、「これ、違うよね…」みたいな(^^;
            「オペラ座の怪人」はロンドン、ブロードウェイ、四季で見ました。四季もいいですが、やはり、海外の劇場のが、劇場の仕様から違うので、臨場感は半端ないですね。あと、演者さんの歌唱力も半端ないです。もし、興味があれば、レミゼもオペラ座の怪人も25周年コンサートのDVDが出てまして、コンサート形式ですが、圧巻ですよ(*^^)v もしかしたら、you tubeでも見れるかも??

            リトルマーメイドは観たことないんですよ。勝手に、子供用かな?って思ってしまってて…。まあ、そんなことないんでしょうが(^^;
            オペラは長いですよね~。学生時代に劇場でアテンドしてたので、オペラもいろいろ観たのですが、どうせ観るなら、やはり海外の有名の劇団の公演をお薦めします。チケットも高いですが…(@_@)

            いいね: 1人

            • がんちゃん  On 2020/02/24 at 21:45

              おけぴさんは情報がどんどん更新されているのでマメにチェックしておかないと良席を逃しそうですね^^;とはいえお安く購入できるので頑張ります!この手の情報には疎いので教えていただいてありがとうございます!
              オペラ座の怪人はテレビで観たことがありますが、おそらくDVD版的構成だと思われます。ダイジェストではなくまるっと鑑賞してみたいですが…なかなかタイミングが合わないですね^^;関東だともう少しチャンスがあったかもしれませんが。レミゼラブルはDVDでもいいから観てみたいです。原作が好きですので。
              リトルマーメイドはただいま大阪の四季劇場で公演されています。アリエル役の方の腹筋力が凄いという噂。が…実は私、ディズニー物にやや苦手意識がありまして^^;ライオンキングも観ておりません。独特の…なんというか「型」みたいなものがダメっぽいようで…抽象的な言い方で申し訳ないですーー;
              オペラは…やっぱり海外の有名劇団の公演が良いですよね…チケットもお高いですが、それ以前に入手困難だったりしますし。それこそ”おけぴ”さんの出番かも。

              いいね: 1人

              • tabisurueiyoushi  On 2020/02/25 at 12:42

                ちなみに、宝塚やほとんどの芸能界が公認してるのが「チケトレ」ですが、こちらは手数料がやたらと高く、しかも宝塚に関しては、そもそもチケットが売られてないです…。
                オケピは行けなくなって売ったこともありますが、個人でやりとりするというデメリットはありますが、手数料もなく、今まで買ったり売ったりで騙されたことは一度もないです(*^^)v

                レミゼ、原作読まれたんですか!!すごい!!
                昨日、久しぶりに25周年コンサートを見ましたが、やっぱりすごいと思いました(^^)/

                リトルマーメイド、アリエルの腹筋について私もテレビで見たことあります。すごいなとは思いましたが、まだ観に行くにはいたってないです。私もライオンキングは見てないですね~。「美女と野獣」は見ました。友人にチケットをもらったので…(^^ゞ

                四季の発声は独特ですよね。まあ、それを言ったら、宝塚も独特なのかもしれませんが、私も四季はイマイチ…。オペラ座の怪人のような歌ばっかだったらいいのだけど、セリフとなるとどうしても…(-_-;) ま、これは好みでしょうね~。友人で、四季好きだけど、宝塚ダメという人もいますし…。

                チケット難…そうですね。コネのある人が羨ましい…(-_-;)

                いいね: 1人

                • がんちゃん  On 2020/02/25 at 22:23

                  チケトレさん…確かに宝塚は「購入成立」のオンパレードでした…手数料も確かにお高いですね。もちろん送料などの手数料は支払うべきと思いますが…まあ、確実性と安全性が担保できるなら良いのかしら…--;おけぴさんは本当に善意で運営されているのかもしれませんね。やはり舞台は観客あってこそですから。

                  レミゼラブルは児童向けの書籍が出版されていて、最初はこちらを読みました(和訳の表題は「ああ無情」です)。なんというか…救いがあるのかないのか理解に苦しむ作品だと思いました--;ジャン=バルジャンを執拗に追いかけていた刑事がなぜ自殺したのか理解できなかったんですよね…最後に読んだのは20代の頃なので今読むと違う感想が出てくるかもしれません。

                  あ。やっぱり独特だと思われますか…作品の作り手(演出家であったり劇団であったり様々ですが)のカラーというか、型がハッキリしていることって結構よくあるな~と思います。まあ、だからこそ自分好みの劇団や作品にドハマりしちゃったりするわけですが^^;

                  ミュージカルやオペラのチケット入手はなかなか難しいものがありますが、映画なら確実に観ることができるので当分の間は映画館に通うことにします…4月までに消費したいチケットが5枚残っていますので^^

                  いいね: 1人

                • tabisurueiyoushi  On 2020/02/26 at 16:03

                  レミゼは昔「あぁ無情」って訳されてましたね。なんで無情なのか、どうしてそういう訳になったのか、不思議でした…。

                  私も刑事が自殺したのは分かりません。日本人には分からない何かがあるのかもしれないです。例えば、ジャンバルジャンがコゼットを養女にしたり…。血族の考えがある日本人だと、いくら、悪かったと思っても、その娘を養女に…とはならないと思うのですよね。でも欧米は養子縁組が普通にあるから…。宗教も関係してるのでしょうかね~、よくわからないのですが…。

                  4月までに5枚!!それはすごい(゚д゚)!
                  まずは映画館ですね(^_-)-☆

                  いいね: 1人

                • がんちゃん  On 2020/02/27 at 20:39

                  小さい頃は「悪いことをしたら一生後ろ指を指される」という認識でしたが、今思うとジャン=バルジャンは自分のためではない犯罪のために一生を台無しにしたことが「無情」なのかな…と。刑事さんの自殺も帰依する宗教由縁かもしれません。なんにせよ難解な物語という感想は変わりませんけどね~^^;
                  映画観賞券5枚の消費方法はぼんやりとですが決まっています。予定通り消化できると良いのですが…何しろ私、浮気と心変わりが凄いですから^^;

                  いいね: 1人

                • tabisurueiyoushi  On 2020/02/28 at 12:54

                  なるほど、そういう「無情」なんですね~。
                  物語としては長いし、難しい。一度原作を読んでみたいとは思うけど、そんな気力はなく…(^^ゞ
                  浮気と心変わりをされたとしても、きちんと5枚消化されるような気がします(^_-)-☆

                  いいね: 1人

                • がんちゃん  On 2020/03/01 at 06:29

                  私もちゃんと理解しているわけではないと思います…そもそも話の半分くらいを忘れている気が^^;久しぶりに読んでみようかな?
                  昨日、仕事帰りに1本観てまいりましたのであと4本…リストアップされている映画のうち4月公開が1本あるので間違いなく消化できますが、そこまで残っていないかも(笑)

                  いいね: 1人

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。