私も暴言を吐きたいわ。

というわけで、言葉を選ばず叫ばせて(文字ですが…)いただきますので
不快に思われたら申し訳ありません。
それ以前に支離滅裂な内容で読みづらいと思われますが^^;

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

連日報道されている小4女児虐待死に深い絶望を感じています。
見殺しにした連中に先日辞職した暴言市長を同じ言葉をぶつけたい。
「温い対応ばかりしやがって!」と怒鳴り付けてやりたい。

何人のDV被害者を絶望の淵に追い詰めれば気が済むの?
何人死ねばきちんと対応してくれるわけ??
自分の身内が被害に遭っていると思えばもっと必死になるでしょ?
あんたらがやっているのはそういう仕事だよ。公僕ってのは!!

大人の男が小学生に暴力を振るえばどうなるか…普通に考えても分かるはず。
ましてやそれが自分の父親なら、子供は基本的に抵抗できません。
だって保護者だもの。衣食住を与えてくれる存在だもの。
逆らったら生きていけない…本能でそう感じるから逆らえないんです。
それでも身の危険を感じたから、第三者に助けを求めるしかなかったのです。

なぜわかるかって?
私も暴力の元で育ったから…私の場合は母親でしたけど。

小さい頃は1mものさしと布団叩きで連日叩かれまくり。
どちらも壊れました。そして母親の言い訳は「お前が悪い子だから壊れた」。
モノを使う理由は「自分の手が痛くなるのは嫌だから」。

身体が大きくなると抵抗されると思ったのか精神的な攻撃が増えました。
とにかく行動の全てにケチをつけるんです。粗探しレベルで。
地味な嫌がらせもたくさん受けましたっけ。
食器類を洗おうと洗い桶に手を入れたらなぜか包丁が何本も沈められていて
手を切ったことも1度は2度ではありません。
冬場でも給湯器を使わせてくれませんでした。母親は率先して使うくせに。
日曜日は1週間分の洗濯物(家族全員分)を片付けるだけで終わりました。
受験期だろうがお構いなしに「家事手伝い」を強要し、
そのくせ成績が下がることだけは許さない。とにかく要求が滅茶苦茶。

それでも健気に母親の言う事には従っていましたよ…
もはや洗脳に近かったと思います。
「親の言うことは絶対」。自分が至らないから暴力を振るわれるのだと。
私も体を叩かれる時はお尻だったり背中だったりと服から隠れる部分が
ほとんどでしたが、周囲は気付いていたようです。
たまに友人やその親御さんから探りのようなものが入りましたから。
…だからと言って状況が変わることは無かったですけどね。。。

ちなみに妹と弟はここまでの暴力は受けていません。
私は父方では「長男の最初の子供」で祖父母に大変可愛がられたので
(「養女によこせ」とまで言ったらしい…さすがに非常識ですがーー;)
母親はそれが気に食わなかったようです。
自身は姑からケチを付けられてばかりだったようですから。
(ネチコク愚痴るので私も祖父母と一時期関係が途絶えました)

忖度という言葉は嫌いですが、子供は実の親に対しては忖度するもの。
だから表面だけで判断するのは危険です。
私が小さかった時には見過ごされがちだったかもしれませんが
今は家庭内暴力の存在が肯定され、知識や理解は深まっているはずだし
データベース化もされているはず…ですよね?
なのにDVによる被害は後を絶たない。どういうことなんでしょう??
結局、他人事でしかないんでしょう???
だから温い対応をしては記者会見に追い込まれる。
そして毎回同じ言い訳の繰り返し… もううんざり!

私は自分が家庭内暴力の被害者だとは思っていないし思いたくないです。
命の危険まではとりあえず無かったですから。
寒い日に門限を守らず1時間以上締め出しを食らったこともありますが
南国の18時台。滅多なことでは氷点下にならないもんね~笑

ま。
仮にお役所に駆け込んでもこの程度でDV認定してくれたかどうか…
もし対応してくれたとしても、無責任に親を呼びつけて
偉そうに「厳重注意」とかしちゃったりして。そんなところじゃない?
結果、逆上した親から更なるDVを受ける…と。
ヒトゴトだから形ばかりの対応でシミュレーションを一切しないの。

ねえ…オヤクショさん方、反論できる?
人の未来を潰しておいて「配慮が足りなかった」で済ませられる??
いい加減、人命を預かっているという自覚を持ってほしいよ…
コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • みもー  On 2019/02/05 at 11:48

    「民事不介入」…でしたっけ?
    通報があったとしても、親から「躾だ」と言われたら引き下がるしかないとか。
    確かに保護責任者が親である以上、ある程度までは任せないと、なんでしょうが
    命の危険があるのにそれで済むはずはないんですよね。
    なかなかお子さんを授かれない友人が、この手のニュースを聞くたびに
    「殺すくらいならうちにくれよ!」と憤っております…。
     
    暴力を振るう方はそれで自分の鬱屈を発散していい気分なんでしょうが
    やられた方の気持ちは一切考えていないんでしょうね。
    一生、死ぬまでの心の傷になるということ。
    身体の傷は癒えたとしても、心の傷は消えることはありません。
    ましてや、それが親から向けられた牙であれば尚の事。
     
    DVをする側は自分の行為を正当化しているのだから
    反省なんかする訳ありません。厳罰に処して欲しい。
    いじめにも共通することですが「やられた側の気持ちを配慮する」という
    想像力が著しく欠損している。

    担任に「先生、なんとかなりませんか」とハッキリしたSOSを出していたのに
    学校側もいったい何をしていたんだろうかと思います。
    本当に、この手のニュースを聞くたびにやり切れない気持ちになります。

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2019/02/07 at 19:34

      ☆みもー様
      返信しようとしたらコメントがぶら下がっていませんでしたが
      どちらかというと更なる自己主張と化してしまっていましたので
      改めてこちらに書かせていただきます。すみません。。。
      私も子供が欲しくて授からなかった身なので、みもさんの御友人の
      お気持ちがよく分かります。というか私も言いたいですもの。
      なぜ親の主張が一番なんでしょうね?不可解で仕方ないです。
      母親へのDVに関してもこの女の子はちゃんと語っていたようなのに。
      しかも続々と対応の不手際が明らかになるし。。。
      でも…いじめ問題ですらあれだけ消極的なんですものね。
      家庭内の親子関係なんて完全に「他人事」扱いなんだろうな…
      昔とは違い、今は被害者の意見聴取が比較的簡単なハズ。
      想像できないなら学べば良いのに…そう思わずにはいられません。

      いいね: 1人

  • がんちゃん  On 2019/02/07 at 00:44

    ☆みもー様
    警察は通報があれば駆けつけますが…この場合はおそらく家庭で
    立場の強い「親」が関係ないと一蹴すれば説諭で終わってしまう
    でしょうね。むしろ火に油を注ぐ結果になったかもしれません。
    が…このケースに関しては本人から申告があったことなのに
    適切な対応を取らかった(というか中途半端すぎ!)ばかりか
    頑張るべき大人が保身に走って守れるはずの命を守れなかった。
    この事件はこんな風に簡単に整理できてしまえるほどシンプルです。
    今までも同様の事件が起こりましたし、似たような反省の言葉が
    繰り返されてきましたよね…
    「あと何人の子供を犠牲にするつもりなのか?」と聞きたい。
    児童憲章の前文を毎日復唱しろよ!と言いたい。
    親は子供の保護者ですが、子供は親の付属物ではありません。
    …ここで語っても仕方のない事ですが。。。

    この女の子は勇気を振り絞って学校に相談したと思うのです。
    生活の基盤たる自分の親に”背く”のは抵抗感が強いはず。
    相当な覚悟があったはずです。なのにその気持ちを踏みにじった。
    私にはそれが許せないんです…本当に可哀想すぎます。。。
    余談ですが、私は「日本が銃社会でなくて良かった…」が
    高校時代辺りからの口癖でした。
    そちらの方向に考える子供も少数ながらいることも理解してほしい。
    でも世間はおそらく「何があっても殺人はダメ」とか言うんだ…

    いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。