日別アーカイブ: 2017/05/10

マイノリティ

「こんな母親いますか?」という投稿に共感…私も片親とは確執があるので。
           ※楽しい話題ではありません。予めご了承ください。
 
 
自分の友人知人、親戚筋に「自慢の子供」アピールする親。
やれ学級委員をやっているだの偏差値の高い学校に入っただの。
それを支えている「けなげな自分」アピールも抜かりない。
 
一方、家の中では徹底的に「自慢の子供」の人格を否定。
勉強、手伝いなどは完璧にできて当たり前。
少しでも親が(一方的に)課した設定目標に達していないと罵倒し
進路や将来設計に口を挟み、 “言いつけ” を守らず行き詰って立ち止まると
 
「ほ~ら、親の言う事を聞かないから!」 と、嬉し気に “勝利宣言” 。
 
小さい頃は布団叩きと竹製の1mものさしが怖かったな…
折檻の道具だったから。
親の両手で首を絞められたことも覚えている(※精神的後遺症アリ)
 
そんな親でも尊敬すべきと “世間” は思っているらしい。
「育ててもらった恩」を感じろと何度言われたことか。
虐待を知っている親族ですら
「過去のこと。許してあげなさい。親ももういい年なんだから。」
そして、追い打ちをかけるようなこの言葉。
「子供を持ったことのない貴女に親の気持ちなんて理解できないよね」
 
 
 
…こどもは親を「絶対神」として崇め奉らないといけないのか?
命を絶たれても文句は言えない??
 
 
 
「親を敬う」
盲目的なほど当然の行為と思っている方を、私は羨ましく思います。
 
 
◆追記◆
元ネタのリンク先が削除されているようですので
関連記事のリンクを貼り付けます(元ネタの反響が記されています)。
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。