花より…

酒、そしてお菓子。やっぱりこちらも楽しまなきゃね♪
CIMG7493IMGP9531
 
桜リキュール「ひとひら」は大山桜のエキス入りの軽いお酒。
青森の酒造メーカー・六花酒造さんから取り寄せました。
薄~い梅酒というか、紫蘇ジュースを飲んでいるようなお味…かなぁ?
お酒に弱い方でも楽しめるかな?ちなみに私にとってはジュースです(笑)
(呑兵衛の主観なのでアテになりませんがーー;)
 
 
桜餅(&柏餅)は職場近くの和菓子屋さんで購入しました。
九州生まれの私にとって、桜餅は道明寺粉を使ったこの形が基本ですが
関東の薄皮を巻いたタイプ(※個人的見解^^;)も無性に食べたくなります。
関東では両方入手して楽しんでいましたので、ちょっと物足りないな。。。
 
柏餅は草餅の中にこしあんが入っていました。
私は柏餅といえば餡子を白いお餅か草餅に包む(つまり2種類)と思って
いましたが、餡の種類もいろいろあるみたいですね。。。
(味噌餡とか黒ゴマ餡の柏餅をいただいたことがあります)
地域の垣根がなくなったのか、食の多様化でバリエーションが増えたのか?
よく分からないけど… まあ、美味しくいただければいいか^^
広告
Both comments and trackbacks are currently closed.

コメント

  • Shin  On 2017/04/23 at 21:32

    リキュールはなぁ~ (ーー;)
    まあ、あっしにとっても「ジュース」ですな・・・
    あまり好んでは呑みませんがね^ ^;

    まして、その右側に写っているのは・・・
    (ーー;)ノ~☆ポイ
    そういえば、関東のは「薄皮のヤツ」ですね。
    道明寺粉のを見て、カミさんがビックリしてたっけ
    ウチ等が若い頃は、コッチ(関東では)今よりも出回って
    いませんでしたからね。
    ・・・ 栃木だけか?(笑

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2017/04/28 at 21:55

      ☆Shin様
      私もリキュール類はあまり口にしません(ビール系飲料ももれなく)が
      このお酒だけは季節モノとして楽しんでおります。
      甘いジュースという感覚でしかありませんが…まあ、たまにはね^^
      その横?
      ああ…これも季節モノ…ということのなるのかな?
      私の感覚では年中無休で販売されているように思いますが(笑)
      薄皮Ver.の桜餅は西ではほとんど見かけません。
      そもそも墨田区にある長命寺の桜餅がルーツみたいですしね~
      …て、あそこの桜餅は白しかなかったような気がするけど。
      関西版の桜餅は「道明寺」という名称で普通に出ていると思いますよ。
      浦和の行きつけ和菓子屋さんではよく見かけました。

      いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。