日別アーカイブ: 2016/03/13

あれから5年。

東日本大震災が発生した当時に感じたことを振り返ってみました。
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
当時勤務していた神戸の職場でも震度2を観測したあの時。
別棟で遅い休憩時間をとっていた方が事務所に飛び込んできて
「東北が凄いことになっているみたい!でも、こっちも揺れたよね?」と…
(※私は立ち仕事をしていたので気付きませんでした)
 
その後、職場では情報収集に追われましたが…
津波警報発令でパニック状態になったらしい経営者の所業たるや
「非常時こそ人間性が見える」のわかりやすい見本でしたね(笑)
従業員一同に「こういう時には会社を守るものだ!」と
土嚢袋や木の板をホームセンターに行かせて出入口等に積み上げさせ、
家族がフラッシュバックを起こしていないか心配し帰宅したいと申し出た
従業員の懇願を無視し、全員を20時近くまで会社待機させ。
一部の従業員は社長命令で職場で一夜を過ごしたそうで、
翌日出社するなり「会社を守ってこそ社会人だ!」
ワケワカラン訓辞を垂れて居残り組に大賛辞を送っていました。
…本人たちにとってはむしろ大参事だったろうにーー;
従業員やその家族の命よりも会社が大事って… 一気に心が離れましたわ。
 
私にとっての「5年前」はそんな感じでした。
阪神淡路大震災の被災体験談があちこち話題に上るたびに
被災地での大変さを理解できず、もどかしく感じた時期でもありました。
どんなに頑張っても想像しきれないのです。
状況を理解しても心理状態までは再現しきれませんから。
そういう経験がないことは本当に幸運なんですけどね…
 
関東を離れて2年後の大災害…あまりにも絶妙過ぎるタイミングに
「私が住んでいる場所は安全」という変な噂?も一部で流れたな^^;
ちなみに阪神大震災の3年前に四国から関東へ移り住み、
阪神大震災の2か月後に起きた地下鉄サリン事件の当日は遅番出社でした。
(職場に到着してから一時的に呼吸困難になったけどーー;)
生命の危機に陥るような出来事には触れずに済む運の持ち主なのかも。
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
5年という節目の年に、奇しくも震災発生当時と同じ金曜日という巡り合わせ。
アフター5や休日の予定にワクワクしている方もおられたでしょう。
平々凡々な日々を過ごすことが決して当たり前ではないと思い知ったあの日。
 
なんというか…
日々不満に思っていることとか、本当にちっぽけだな~と。
それでも目先のことに囚われて思い詰めて方向性を見失って
変な方向に突っ走ったりしちゃうんだよね…
そんなことを5年という節目を迎えて改めて思った次第です。
 
一個人の事情と震災がもたらした試練ではスケールが違い過ぎるけど
 
生きていきたい。
幸福に、できれば苦労のない人生を送りたい。
多分…気持ちはみんな同じじゃないかな。
 
うん。頑張ろう。
自分に恥じない人生を送ろう。
 
 
 
 
最後になりますが…
被災地の一日も早い復興と、被災された方々の心が癒されることを。
そして…震災の犠牲となった多くの御霊が安らかであることを。
心よりお祈り申し上げます。

JR川西池田駅にて

多分、城崎温泉行の特急「こうのとり」が停車します アピールだと思う…
「これに乗って日本海の海の幸を食べに行きましょう」的な?
IMGP2347
 
アピールは一向に構わないと思うけど…
ホームの連絡橋より改札の外側においたほうがええんとちゃう?^^;
というか。
塚口から4駅先(つまり普段は乗降する理由がない)の川池の駅情報を
何故私が知っているんだ…(滝汗)
 
 
 
当面の目標は「乗り過ごさない!」で決まりだな…
次にやっちゃったら乗り過ごした区間の乗車賃を払おうーー;

いよいよ!

JR塚口駅改札横のコンビニが閉店しました。
現在、京阪神地区では駅のコンビニが「セブンイレブン・ハートイン」へ
切り替えられており、とうとう地元駅もか~と思っていたら…
建設中のビルに移転!?しかもオープン…4月9日!!!?
IMGP2350IMGP2353
 
 
現在の駅ビル… まだ工事中~ 間に合うの?^^;
DSCF7620
 
そういえば浦和のパルコがオープンする直前にも
「本当にオープンに間に合うの?」と書いたような気が…
 
間に合うというか…間に合わせるんですよね。
お疲れ様です。。。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。