半分。

以前は5g入が主流だったような気がします。
今はメーカーを選ばなければ1.5~4.5gとラインナップが充実しているらしい…
IMGP9317
 
削り節の少量パックに限って言えば、このくらいの量が私は嬉しい。
冷奴にかけたり、チョイ足しなどの調整がメイン使いなので
5gだとちょっと多すぎて2~3回に分けて使っていたのよね…
出汁用にはお徳用サイズを別途用意しているし^^
(小分けパックだと細かすぎるので取り出すのが大変なのよ~!)
 
そういえば、お砂糖も以前は1㎏袋が主流でしたが
こちらも半分くらいのサイズが普通に出回っていますよね。
砂糖って意外と使わないので使い切るのが大変だったんです。
消費するためだけにお菓子やホットケーキ、プリンを作っていたもの^^;
 
 
使い勝手を考慮しての少量化は大歓迎です!
 
が…
実際には物価の上昇とともに内容量が目減りしていたりするのよねーー;
マーガリンも衣料用洗剤もこっそり減量していたし。
パッと見、容器が変わっていなくて気付きにくいのが曲者なんだよな~==;
 
 
価格転嫁的発想からの少量化は騙されているようでちょっと嫌。
単純に値上げして消費者の反感を買うのは嫌かもしれませんが
結局は家計を圧迫させているわけだし、経済活動の状況も見え辛くなる…
それって反って危険だと思うんだけどな。
 
 
 
は~
せめて食料品だけは消費税免税にしてほしい~!!
広告
Both comments and trackbacks are currently closed.

コメント

  • Shin  On 2015/08/30 at 21:27

    ・・・ おや? イッタイ何に使っているのかな?^ ^;
    まさか、料理ではないだろうし(;^_^A

    物価の上昇に伴っての「価格」の対応や、
    値上げを抑えての「内容量の減」...
    メーカーも大変って事ですね。

    コンビニの「おにぎり」や「パン類」も小さくなったと思いません?
    やはり「値上げ」よりも「内容量」で対応しているんでしょうね。
    さすがに「110円」 ⇒ 「120円」ったら多少は抵抗がありますからね^ ^;

    消費税免税...
    まあ、税収の見込みが「高い」ものは、得てして【減税】はしませんわな
    ・・・ 減税だと「せんせい方」が.. (;^_^A

    もちっと「発想」を変えて考えてみてほしいですね。
    「せんせい方」は、一本道だからなぁ~ ^ ^;

    いいね

    • がんちゃん  On 2015/08/31 at 21:51

      ☆Shin様
      食べる以外の目的でどう使うのか、逆に教えていただきたいです。
      食材を無駄にしているかのような書かれ方は大変残念であり、
      そんなふうに思われていたのかと思うと、正直ショックです…

      いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。