久しぶりの読書

最初は円居挽さんの「ルヴォワール」シリーズを読もうと思いましたが
                                                                           (※1作目は読了、2・3冊目を積読中でございます^^;)
読みだしたら間違いなく続きが気になってしまうだろうし
だからといって2冊を一気に読了する気力は…ハッキリ言って全くない==;
 
というわけで、今回選んだのはこちら~☆
…多分、この本も1年以上“おねんね”状態だったと思う…==;
 
十角館の殺人(新装改訂版)/ 綾辻行人 講談社文庫
IMGP7954
 
あらすじは言わずもがなかな…と思われますが^^;
 
無人島で1週間の合宿を行うことになったミステリ研究会の学生グループ。
半年前に殺人事件が起こったいわくつきの島で望んで孤立状態となった
彼らですが…何者かによって次々と殺されていきます。
 
同じ頃、元サークルメンバーの本作主人公の元に意味深な手紙が届き…
 
 
あらすじはこんな感じでしょうかね。 ←簡潔に書くのが苦手^^;
 
 
私が読んだものは発表当初の文章を全面改訂されたものとのこと。
(※内容の変更はないそうです)
そのせいかな?ものすごく解りやすいというか…読みやすかったです。
ただ、WEBでの評価では発表当初の文面がよかったという意見もあり、
読み比べてみるのも面白いかな?と思いました。
 
ちなみに、殺人事件なので当然ながら「殺人犯」がいるわけで、
必然的に登場人物と同じく犯人捜しをしながら読むことになります。
本作に関しては割と早い段階で“容疑者”に目を付けていましたが
途中からそれが2人になりまして。
悶々としていたら第十章の最後で「あ~!なるほど!!」となりました。
途中から時系列の整頓を始めていたので理解が早かったかも。
 
それにしても…
いつもは根負けして最終章を先に読んでしまうんですけどね~
珍しく最後まで引っ張ったわ! ←自慢にならんって==;
 
 
黙々と鶴を折るのも良いですが、読書もリラックスできますね♪
まあ…読書はジャンルや作風に左右されるので何とも言えませんが^^;
次は何を読もうかな~
坂木司さんの“ひきこもり探偵”シリーズならサクッと読めるかな?
3冊あるけど比較的薄めの本だし。
…ルヴォワールシリーズは四半期決算後に回そう(笑)
広告
Both comments and trackbacks are currently closed.

コメント

  • 白川君  On 2015/05/31 at 23:41

    読書も自分の世界に入り込めますからね☆ミ
    映画とともに、俗世間から離れる手段の一つですヽ(´▽`)/

    いいね: 1人

    • がんちゃん  On 2015/06/01 at 22:56

      ☆白川君様
      ど~っぷりと無人島での生活を満喫(ただし殺人付^^;)しました♪
      あえて別世界に迷い込むことも時には必要ですね…

      いいね: 1人

  • みもー  On 2015/06/04 at 13:01

    おお、十角館、いかれましたね!(*^_^*)
    クローズドサークルものとしては秀逸だったと思います。
    もっとも、あの手のやつで「外れた!」って思った事が余り無い(^_^;)
    殺人…が気になるようでしたら、東野圭吾の「ある閉ざされた雪の山荘で」
    なんか、お勧めしますよ~♪

    いいね

    • がんちゃん  On 2015/06/06 at 23:21

      ☆みもー様
      いっちゃいましたよ!ついに!!
      そしてきっと「館シリーズ」は今後も追っかけるんだ…(笑)
      その前に「十角館」の発表当時の文章を読んでみたいです。
      同じ作者でも印象が違って感じられるかもしれないし♪
      (「星の王子様」はやっぱり内藤濯さんの訳書が好きですが)

      東野圭吾さんは一時かなりのブームになりましたよね。
      ということは…某B○○K●FF(伏字になっとらん^^;)にありそう♪
      探してみます^^

      いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。