初“てっぱく”

浦和に住んでいた頃は都合がつかず行けなかった鉄道博物館。
混雑を覚悟していたのですが、意外と空いていました…駐車場はパンパンだったけど^^;
オープンから5年以上経って落ち着いたのかな?それともお盆のせい??
 
エントランスにも展示物がたくさん。入館前から気分が盛り上がります~!
IMGP5318IMGP5320IMGP5323
 
入場には手持ちのSuicaなど交通系ICカードを使います。
所有していない場合はICカードの貸出システムを利用できます。
入場ゲートはもちろん自動改札^^
IMGP5325_edited
IMGP5327
入場して左手にあるのは食堂車と同じ食事ができる“日本食堂”。
更に奥にはお土産品が購入できる売店があります。
もっと奥へ進んでいくとミニ運転列車のコーナーがあるのですが
長蛇の列ができていたので今回は断念。
 
入場ゲートから右手側にあるのは、実物の列車が展示されているヒストリーゾーン。
C57形式蒸気機関車が乗った転車台を中心に、これまで活躍した列車たちが
所狭しと展示されております。
その多くは中に入ることも可能。意外にも姪っ子が大はしゃぎでした…ビックリ。
IMGP5357
IMGP5362IMGP5358IMGP5334_SP0000
 
照明が暗いせいか姪っ子が怖がって外に出たがったため、てっぱくひろばへ。
ミニ新幹線・はやぶさに乗せたのですが…終始生真面目な顔をしていました^^;
IMGP5343IMGP5344
 
0系新幹線の展示室。
そういえば最初のシートはこんなんだったよな…座りにくかった記憶が^^;
IMGP5346IMGP5348IMGP5350
 
2Fヒストリーゾーンでは“LOVE新幹線”という企画展が開催されていました。
姪っ子…ダイヤブロック製の新幹線から動きませんでした^^;
IMGP5374_edited
IMGP5369IMGP5370_editedIMGP5371_editedIMGP5378_edited
 
てっぱくと言えば巨大ジオラマ!ド迫力でございましたよ~
IMGP5366IMGP5365IMGP5368
 
個人的萌えポイント、1Fヒストリーゾーンの有人改札。懐かしい~!
IMGP5342IMGP5341
 
姪っ子が疲れてぐずってしまったため、あまり多くは回れませんでしたが
それでも3時間ちょっと滞在できました。
とても面白かったです。次は1日かけてゆっくり楽しみたいな~^^
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
てっぱく土産(※自分用)。これは外せないでしょ♪
IMGP5500DSCF9035IMGP5501
石炭あられ(左)&燃える石炭あられ。
石炭そのものを模した第一号に対し、第二号の“燃える~”は「SLの中で燃える石炭」
をイメージしているんだそうです。 …インパクトは第一号のが強いかな?^^;
 
 
 
 
あ~ 明日から仕事か… 盛大に遊びすぎたせいか、ちょっと憂鬱。
そんな風に思ってしまうほど、今年の夏休みはとても充実していたということですね…
うん。良いことだ♪
 
というわけで、今夜はとっとと寝ます!
コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • みもー  On 2014/08/20 at 15:37

    愉しい時間が過ごせたようで、良かったですね!(*^_^*)
    それにしても、有人改札…懐かしいです。
    昔は「鋏の達人」…居ましたよね。
    リズミカルな鋏捌きの駅員さんを、子供ながらにリスペクトしていました。
    今は便利と引き換えに、風情や人情が無くなってしまった気がします。
    それから、石炭あられが気になります…インパクトありますね。

    いいね

    • がんちゃん  On 2014/08/22 at 00:52

      ☆みもー様
      折角の関東行き…みもさんと飲み明かしたかったわぁ~!!!!!
      (↑超本音^^;)
      近所に住みつつ行けなかった“てっぱく”。とうとう行けました♪
      「童心に帰る」とはああいう現象を言うんでしょうね…自他共に納得です(笑)
      有人改札といえば思い出すのは上野駅の中央改札。
      あの広い建物いっぱいにずらっと並んでいたこと、今も懐かしく思い出されます。
      鋏の達人!そうそう!!懐かしい~!!!
      あれほど「リズミカル」という言葉が似合うものはないと今も思いますよ。
      当時は自動改札に感動しましたが、今は有人改札の鋏の音が懐かしいです…
      人間ってなんて欲深いんだろう(笑)

      「石炭あられ」は竹炭を使っているんですよ~
      旦那に見せたら大受けしていたのでお土産として持って帰ってもらいました。
      旦那の職場には鉄分の濃い同僚がいらっしゃるとのこと。
      その方の反応を聞くのが実に楽しみでございます^^

      いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。