ブログネタを走り書き。

ですが… 何に対してそう思ったのか、思い出すのに少し時間がかかりました。
メモの意味、無いじゃん==;
DSCF1365
 
それにしてもヘッタクソな字だなぁ…==;
 
コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • 昔の乙女  On 2013/11/03 at 14:17

    こんにちは。
    時間がかかっても思い出したのだから、
    メモした甲斐があったって事よ(^0^)

    いいね

    • がんちゃん  On 2013/11/03 at 19:05

      ☆昔の乙女様
      こんばんは!
      結果を考えるとメモしておいて正解でしたね。
      が…すぐに思いだせなかったことにショック。
      頭が動いていないです(泣)

      いいね

  • みもー  On 2013/11/06 at 17:31

    わははは!(*^_^*)あるある、そゆこと、しょっちゅうw
    最近はド忘れも多いし(^_^;)
    あたしなんか、メモしたことすら忘れちゃうし(滝汗)。

    いいね

    • がんちゃん  On 2013/11/07 at 22:05

      ☆みもー様
      いやもう…このところ物忘れが多くなりましてねぇ…トシかな(泣)
      数年前からメモるようにしていますが、メモを忘れたりメモが紛失したりして
      意味があるんだか?な状況であります。
      今回は「メモったけどワケワカラン」まで加わった格好になりますね~
      ああもう!
      ちなみにこれ、とある文庫本を読んでの感想であります。
      近いうちにUPしますね^^

      いいね

トラックバック

  • […] 忘れないようメモしたのに、後から見直したら何これ?状態に陥ったアレです^^;   あかねさす(加藤千恵/河出出版)   選出された新古今和歌集22篇をそれぞれ現代版ストーリーに絡め、 最後に短歌で締めるという、なかなか斬新なスタイル。 内容は恋物語がメイン…ですかね(←苦手^^;) 更に言うなら片恋多し。   まあ…和歌は恋愛絡みの内容が多いからねぇ… 帯にも「せつないラブストーリー」って書いてあったし(あ。帯を写すの忘れた^^;)   とはいえ、苦手意識を差っ引いても、共感できたかどうかは…どうなんだろ? 22話全て読み切りでそれぞれのストーリーに関連性はないと思いますが (※但し、1話だけ後日談のような形で同じ主人公が出てくる話があります) 何と言いますか…話の構成がよく似ているものがチョイチョイ出てくるのよーー; 思わず「男女の視点を変えているんか?」と読み直すこと、数回。 でもって、1話1話読み終えるたびにじわじわっと湧きあがるのは   「もどかしい」 「じれったい」   果てには 「イラつくぅ~!!」  ←え。     「ああ、そういうこともあるかもね~」と思いながら読み進めていても 最終的には「え?そんな結末で良いの??信じられん!」となってしまうのです。   改めて思ったこと。 私に恋心を持て余すような繊細さは無いらしい(泣)   と言いつつ、ストーリーを踏まえて詠まれた短歌の中には、 気に入ったものが何篇かありました。 ストーリーありきの短歌なのに、本編はダメで短歌OKって…一体どういうこと? う~ん。。。 自分探しの旅にでも出るか?==;        ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★   こんなレビューを投稿しても良いんだろうか?と思いつつ書いておりますが。 読みやすい本ではあると思います。 巻末の解説にて「感覚的に描かれている」と記されていましたが 脳内での映像化は確かに楽でした(※私は「映像読み」する性質です)。     他の方の感想もぜひ伺いたいところ。とりあえず妹宅に送りつけようっと^^ […]

    いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。