「あ、電車!」

という、男の子の可愛らしい声を聞いて振り返ったのですが…
高架には電車の姿も音もありませんでした。
DSCF0038
 
が。
ふと思ったこと… もしかしてこの部分のこと?? ⇒ DSCF0038_edited
 
 
このデザイン…意図的か、はたまた偶然か。。。
いずれにしても小さいお子さんの観察眼って凄いな…と思いました。
見習わなければ!
 
 
コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • みもー  On 2013/02/08 at 15:47

    おお!ほんとだ!言われてみれば電車に見えます!
    子供の着眼点には驚かされますよね!大人の思考回路では考えつかないような…
    うちの子は、きゅうりを切っていた時に「さん、さん、さん…って音がする」ですと。
    その音の捉え方には、ちょっと感動したものです(←親ばかw)。
    でも、息子の着眼点には日々「脱力」させられております(笑)。

    いいね

    • がんちゃん  On 2013/02/09 at 01:46

      ☆みもー様
      この場所…何度も通っているし見ているんですけどねぇ…^^;
      実際に電車をモチーフにして建てられたかどうかは不明ですが
      ここまでしっかり電車に見えるとなると…やっぱり意図的???
      それにしても子供の先入観のない捉え方は実に素晴らしいです。
      頭がやわやわなんだろうな~
      片や私の脳細胞なんてほぼ死滅していると思う…(泣)

      きゅうりが「さん、さん、さん」ですか。。。
      私は「きゅうりを切る音=包丁がまな板に当たる音」と記憶しています。
      つまり…きゅうりそのものが切れる音を認識していない^^;
      今度きゅうりを着る時に気を付けてみよう…

      息子さんの着眼点は多角的、もしくは多次元なのかもしれませんね。
      ん~ なんだかクリエイティブな才能がありそうな。。。

      いいね

  • Shin  On 2013/02/11 at 22:45

    ふふふ..  純真なお子さんには見えて、我々大人には見えないモノが
    あるって事ですよ!
    娘等がまだ小さかった頃に車に乗っていたときの事・・・
    東北のとある温泉宿に向かっていたんですけど、
    夜も遅くなってしまい、ちょっと人里離れた場所だったんですよ。
    んで、山道を走っていたら娘等が 「 ぱぱ あそこで くるまが ねているよ 」
    ちょっと暗くて遠かったんですけど、確かに車が事故っているようだったんですよ
    近くへ行ってみようかと思ったら、カミさんだけが状況を把握できなく
    モシカシテと思い、カミさんに聞くと 何も見え…

    あ! 話が違ってきましたな(^ ^ゞ
    元町かぁ~ ポートタワーに行ったときは、そこからバスだかタクシーで
    行った記憶が.. 
    ま、遠い昔の事ですわ(;´▽`A“

    いいね

    • がんちゃん  On 2013/02/12 at 13:09

      ☆Shin様
      …それ、Shinさん(大人)にも見えていたんでしょうが^^;
      しかし…
      「くるまがねているよ」ってまんま事故の状況が見えていたってこと???
      それとも誰かの残留思念的なものだったんですかね。

      そういえばですね~
      四国はやたらと「思念」の残る神社や寺院が多くて。。。
      小さいお子さんが境内に入るなりギャン泣き!とか、たまに見かけました。
      ああいう時の泣き方って尋常じゃないんですよね…
      ちなみに私も当時は霊感強めだったんでキツかったですーー;
      (現在はそうでもないですが、時々ダメな場所に遭遇します)

      え?バスかタクシーで行かれたんですか??
      まあ…確かにちょっと距離はある…というより道路がやや歩き辛いかも。

      いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。