たっぷりヤマトーク

行って参りましたよん^^
PICT0001DSCF0012
 
第一章、第二章観賞後、お待ちかねのトークショー♪
出渕監督と西井ディレクター、司会進行はプロダクションI.Gのグンジ氏。
 
内容は声優さんや音響、音楽に関する話題がメイン。
終盤に第三章の内容についてちょみっと触れて…
 
あっという間の1時間でした。
 
 
主にしゃべっていたのは出渕監督で、西井ディレクターは相槌ばかり。
もっとメカニックな面でのコメントも欲しかったかな???
(コレの前に京都で講演済みのため、内容の重複を避けたようです…)
 
メカニックと言えば、第七話(第三章第一話)ではヤマトの修理シーンが
細かく描かれてるとか…
併せて船体の細かい部分をじっくりと見ることができるとのこと。
例えば、第二章でエンケラデゥス上陸の際に使われた探照灯。
船体のどこに配置されているのか、実はよく分からなかったんですよね…
 
第三章の予習という意味で図録を購入したのは正解だったかな♪
…高かったですけど(お値段、2,000円也==;)
DSCF0008DSCF0014
 
 
今夜はちょっと興奮気味。
トークショーの詳細は明日にでもUPさせていただきます♪
 
 
コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • Shin  On 2012/09/23 at 02:21

    あ~ そういえばそんなん.. ありましたっけね^ ^;
    を!(゜o゜)  そういえば、シュルツ司令の娘さんでしたっけね。
    しかし、敵方の娘さんがどうやって物語に絡んでくるのやら・・・
    その「ネコ」は人気があるのぉ~☆
    浮遊大陸のラーレタさんも抱いていたっけね^ ^;

    そういえば今作はメカニックも細かく描写されてますよね!
    前作..(旧作)だったら    あ! っちゅう間に直っていたものを
    ずーーーと、修理していない状態で描かれていて・・・
    ま、本来 ↑が正しいのかもですね(;^_^A

    ところで・・ 前夜祭にも行くの?
    まあ、時間を見ると… (;^_^A

    いいね

    • がんちゃん  On 2012/09/23 at 08:44

      ☆Shin様
      そんなんあったんですよね~^^;
      大阪での開催なんてあんまり無さげな気がするので、
      開催情報を見て思わず“ぽちっとな”してしまいました。

      来場者特典…「なんでソレ?」と思ったんですけどね^^;
      監督さんも「なぜあの子がこんなに人気???」と思ったそうです。
      …出るでしょ!
      オッサンだらけのシーンにあんな可愛い子が出てきたら!!
      しかも「おとう~さんっ♪」でっせ!!

      あれ?それならなぜ私まで萌えてんのよ???(笑)
      あの猫ちゃんはポストカードの説明によると
      ザルツ産の猫型生物の“クラル”というそうです。
      ま、尻尾が2本あって耳が異様にとんがっている以外は
      地球の猫ちゃんと同じように見えますね^^

      そうそう!第二章の最後、船体に大穴が空いたままの状態で
      冥王星を出発していましたよね。
      あれどうするんだろ?って思っていたんですよ~
      どうやら第三章(第七話)の内容の伏線だったみたいですね(笑)

      前夜祭?
      別に行ってもいいんですけど…高いでしょうが~ 行けんわっ!
      劇場版BDや限定グッズには興味があまりないしね。
      でも、公開初日のチケットはしっかり押さえようと思っています^^

      いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。