久々に比較。

缶入りレッドアイを購入…で、なぜか撮影タイムに突入(笑)
フラッシュありとなしではこんなに色合いが違うんですね~!
ちなみに現物の色合いはフラッシュ無しのが近いかも。
DSCF0016PICT0004
 
大分の別府温泉名物、“血の池地獄”と“海地獄”を思い出しました。
鮮やかな血の色、海の色の画像が多いですが
現物はそれほど鮮やかな色合いではないと聞いたことがありますので…
 
ヒトの目が節穴なのか、それともカメラorフィルムの補正機能なのか。
画像が皆が同じ物を見ることができる“客観的資料”であることを考えると
個々の感性による脳内補正の可能性は否めませんが。
 
“客観的資料”たる画像がフラッシュひとつでこうも違うと…うむむむむ==;
 
 
コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • みもー  On 2012/08/02 at 12:44

    人間の体ちゅうもんは大概、高性能だなぁと思う事がしばしば。
    電車の中で連れと会話が出来るのも、その他の雑音を脳内がカットしているからで
    目から入って来るものも随分と補正されているんでしょうね。
    結婚前のダンナも、あたしの脳内で補正されていたみたいだ(笑
    それにしても…レッドアイ、激しく気になります。
    今日はこれから買い物に行くので、探してみようと思います♪

    いいね

    • がんちゃん  On 2012/08/03 at 21:59

      ☆みもー様
      人間の脳みそは見事に“主観”を優先してくれますよね。
      便利な機能だと思います。
      ただ…客観的に見たい時もやっぱりあるので、
      スイッチの切り替えができるとなお便利なんですが…
      そう!旦那のこともね!!(笑)
      …向こうは私以上に「なんでこんなヤツを…」と思っているかも(泣)

      レッドアイは見つけられたでしょうか?
      ちなみにこれ、セブン・イレブンで購入しました。コンビニだと探し易いかも。
      ご近所のスーパー(ダイエー)では見かけなかったような気がします。
      「トマトのお酒」なるモノはありましたけどね~ ←そっちも気になっている(笑)

      いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。