月別アーカイブ: 3月 2012

チキンタツタ!?

DSCF0023
 
正体はローソンで販売されている
「Lチキをバーガーにして食べてもらいたくて作りました」
という、実に長ったらしく、自己主張の激しいネーミングのバンズ(70円・税込)。
DSCF0009DSCF0017DSCF0020
 
発売されたのはだいぶ前だと思います。
もちろん、面白いからやってみよう!と思いました…が、肝心のLチキが売切れ(笑)
そのまま今までず~っと忘れていたのよね…  ←所詮、その程度の認知度^^;
今日、ローソンに用事があって久々に立ち寄ったところ、
パン棚にずらっと並んでいるバンズを見て思わず購入☆
 
しかし。。。
このバンズ、見れば見るほど某Mのチキンタツタのに似てるよなぁ~^^;
…別に伏字にせんでも良いんですが、何となくイニシャルトーク(笑)
やっぱりレタスはたっぷり入っていると嬉しいね!
マクd…おっとっと(笑)、某Mさん、何とかなりませんか~?
 
ちなみに、チキンタツタはあの和風テイストが気に入っています。
今年も販売してくれるといいな~^^
 

春 大丸神戸~中華街

白木蓮の花が見頃です♪
DSCF0009
DSCF0010
 
ソメイヨシノの開花宣言が続々と出ていますね。
来週末くらいには見頃になるかな?
体調が良かったら今年こそ京都に足伸ばしたいです♪
 

今治タオル

失効する前にポイントを使っちゃえ!
…というわけで交換。上質なタオルです~肌触り最高っ♪
 
「洗濯はネットを使用し…」
 
すみません。そんなデリケートな取扱… 絶対!しないと思います==;
DSCF0018DSCF0026
 
ただ…これだけが気になった。
DSCF0022
 
今治タオルの交換ポイントの一部は某団体に寄付されるということで
それはまあ納得していましたが…
 
寄付を募って人道支援活動しているのなら、こんな立派な書状に金使うなよ(怒)
ついでに言うなら化粧箱も不要。エコロジーの観点からも最低限の包装で十分!!
 
あ~ 私、根っからの庶民なんだな。
そんなことをちょっと思ったりしたのでした。
 
ちなみにこのタオルは来客用にとっておく予定です♪
今まで客用に置いておいたコを普段使いに回すぞ~^^
 

大島トマトでミートソース

痛みが目立ち始めた大島トマト3個を使ってミートソースを作りました。
でも…なんだか贅沢な使い方をしちゃった気分^^;
DSCF0003DSCF0011
 
甘みと旨味を加えるべく、タマネギのみじん切り1個分を投入。
味付けは塩とブラックペッパーを軽く加えてだけですが
トマトの濃い味も加わり、素材の味が活きた仕上がりになった…と、思う…
ま、自画自賛の域を出ていませんけど(笑)
 
さて。次は先日習ったふき味噌でも作ろうかな♪
 

2つの故郷に感謝。

「キズモノだから売れないのよねぇ…」(by サンワのマチコお姉様)
 
というわけで、毎度おなじみ・サンワさんで大幅割引していただいた土佐文旦♪
傷といっても表面がちょっと荒れているだけ。値引きしてもらってラッキー~♪
DSCF0007
 
最近、柑橘の香りを絶やさないようにしている我が家。
“香り”担当を文旦に譲ったポメロは私の胃袋に収まり始めています。
…現在進行形なのは大きすぎて一度に食べきれないから(笑)
 
今回、一緒に購入したのは“甘柑南(うまかんな)”という長崎産のみかん。
新しく交配された品種だとか。みずみずしくオレンジのような甘い味わいです♪
ポンカンのような“へそ”があるのが特徴♪ちなみに1個250円…高いな~^^;
DSCF0002DSCF0013PICT0066
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
タイトルの意味ですが。。。
 
甘柑南の産地・長崎は生まれ育った故郷。
土佐文旦の産地・高知は青春を謳歌し、旦那と出会った第二の故郷とも言える地。
 
私にとってはどちらも大事な場所です。
就職を機に関東へ移り、工業地帯・尼崎で生活している今、
自然豊かな場所に生まれ育ったことのありがたみを痛感しています。
上手く表現できませんが、空気が美味しくて“まろやか”でした。
そんな環境で育った果物が美味しくないはずがないですね…
 
多分、終の棲家は兵庫の街中になると思いますが、
穏やかな環境で暮らせたことは私にとって大事な宝物です。
 

ピーチのつもりが

作ってみたら「すいとん」に…ミートソースにも合うんだね(笑) ←そういう問題?
DSCF0024
 
昨日のレッスンの復習を兼ねて、今日のお昼ご飯は手打ちパスタ・ピーチ。
パスタマシーンは不要。全て手作業で出来る手軽なパスタです♪
 
が。。。
レシピ&レッスン通りの分量のはずなのに、生地が水っぽくダレダレに(謎)
仕方がないので捏ねる時にも麺への成型時にも打ち粉をしましたが
ベッタリとした腰の無い麺に仕上がってしまいましたーー;
生地自体の弾力はしっかりあったため、伸ばしても戻っちゃうし…
柔らかすぎると反って成型できないんですね。ちょっと勉強になったかも。
DSCF0007DSCF0012DSCF0013DSCF0019DSCF0020
 
ちなみにコレが旦那の置いて行った小麦粉。。。
間違いなく強力粉だと思います。しかし、職場で一体何に使ったんだ???
(料理人でも食品メーカー&業界の人間でもございません)
DSCF0003DSCF0005
 
次回は水分を減らして挑戦してみましょうかね。
それでも出来がおかしかったら手順の問題だなーー;
 
粘土遊びの感覚で楽しむことにします~
 
 

強力粉の使い道!

「うどんでも打とか?」
 
強力粉(ビニール袋に直接入れてある^^;)と塩を持ってきた旦那の言葉。
あれから3ヶ月が経過。
粉も塩も置き去りにされたままの状態です…旦那、全然来ないんだもん(笑)
 
 
で、ここから話は少しばかり変わりますが…(というか、ここからが記事のメイン^^;)
キッシュでお世話になったお料理教室に行って参りました。
 
メインではなくデザートが目当てという、実にケシカラン理由が参加の動機。
でも、強力粉の使い道としてパスタもいけるやん!と、ちょっと思ったもので^^;
…あくまでも「ちょっと」だけ(笑)
 
実際に作ってみたら、手打ちパスタ作りはとても面白かったです♪
なんだか料理が楽しくなってきた…かも…  ←断言できないトコがポイントーー;
 
 
…と。
与太話はここまで。本題に入りましょ^^;(※毎度毎度長すぎ!)
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
参加教室:inizio 様(ブログはこちら⇒ 今週のお献立 冷蔵庫の管理人
参加日時:2012年3月24日(土)15:00~18:00(※ほぼ時間通りに終了)
メニュー :ピーチ(手打ちパスタ)、ふきのとうの肉味噌ソース、
       春キャベツのサラダ、デザート
 
 
■ピーチ(パスタ)のふきのとう肉味噌ソース和え、春キャベツのサラダ
PICT0040PICT0043PICT0035
 
参加を決めたものの、疑問だったのがパスタの名称。
「桃を使っているような感じには見えないけど、なぜにピーチ???」
 
答え:ピーチは英語(peach)ではなく、イタリア語(pici)。
 
南イタリアのパスタなんだそうです。ホント、パスタって種類が多いですね… 
代表的なものすら覚えきれていませんもの(舌噛みそうな名前、多くないですか?)
 
手打ちパスタは今回が初めての経験でしたが、やってみると意外と簡単…?
少なくともピーチは私1人でもちゃんと作れるかも~♪
…ポイントをきちんと押さえていれば、ですが(←忘れっぽいーー;)
 
もっとも、麺の出来栄えにはかなりの差がございましたが(泣)
左の画像はお料理教室常連の方が作られた麺で、右のが私。
1本当たりの太さの均一感はもちろん、長さまで全然違いますT。T
PICT0032PICT0033
 
麺は1つの鍋に参加者全員が作ったものを合わせて茹でましたので、
お皿には上手い方(※私以外、皆さんお上手です!)のもそうでない私のモノも
すべてが混ざり合っております… 私のせいで調和しきれていないと思うーー;
皆様、バラバラ食感にしちゃって本当にごめんなさい~!!!!!
 
 
話を戻して。
 
旬のふきのとうが入った肉味噌ソースは、赤味噌の色や味わいが強いですが
意外にもまろやかな口当りでした(濃いけど濃すぎない…うまく表現できませんが)。
パスタのみならず、ごはんのお供に良し、豆腐や蒸し野菜にかけても良い感じ♪
冷凍保存もできるとのことで、多めに作ってストックしておくと便利そうです。
 
こちらでは挽肉の火の通し方にポイントがありました。
先日の胡椒もですが、ちょっとしたコツで仕上がりが変わってくるんですね~!
こういう小技が自然に使えるよう精進いたします…今はまだ応用できないと思う(泣)
 
 
春キャベツのサラダはサラダとスープの中間といった風体。
スープが温かく、この時期には嬉しいかも^^
キャベツのしゃきしゃき感が大事なので、こちらはちょっと頑張らなきゃな~
(※どうしても火を通し過ぎてしまうんですーー;)
冷蔵庫でちょっとおねむさん状態の春キャベツがあるので早速作ってみようっと♪
 
 
■ワサビのムース お汁粉仕立て
個人的にはこれが今回のメインディッシュ(笑)
PICT0047
 
「ワサビとお汁粉…合うのかな?」
今回のメニューで一番の疑問。
でも、ワサビを使った和菓子はせんべいやあられ系のものしか思い浮かばず
どうにも味のイメージが掴めなかったのです。
悩んでいたところに定員に空きが出たという告知があり、即飛び付いたわけで^^;
 
ですが…実はちょっとしたアクシデントがありました。
盛りつけて「お待ちかねの実食♪」というところで先生から思いがけない言葉が。
 
「ワサビが入っていない…」
 
実は私、パスタの生地を作っていたためムース作りには参加していませんでした。
(材料を混ぜる際のポイントなどは聞いたのですが)
バットに流し込まれたムースを見て「白いな~」と思ったものの
室内の照明のせいでそう見えるものとばかり…
でも、言われてみれば確かにワサビ投入の話は聞かなかったかも?
 
急きょ、先生がワサビのソースを作ってムースにかけてくださいましたので
完成した状態の味はしっかり堪能させていただきました^^
食べた感想…ワサビがスッキリ感を演出していて良い感じ~♪
辛味はほとんど感じませんでした。
コツは「材料をきちんと混ぜ合わせる」ことだとか…
ワサビが偏ってしまうと所謂“ロシアンルーレット”状態になってしまうので。
 
それはそれで面白そうだね♪(←ヲイ。)
 
     ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 
今回も楽しいレッスンでした。
…私の手際の悪さも前回と同じでしたがーー;
 
でも…お料理って実は結構楽しいものだったんですね。
料理にはもともと苦手意識があるし、作れなくても食べられるから困らないしで
真面目に取り組んだことが無かったんですが…
少しだけ前向きになれそうです。
 
とりあえず包丁の使い方から覚えなきゃいけませんけど^^;
 
inizio様、参加者の皆様、いろいろとお世話になりありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
 
 
さて。
まずはピーチをモノにしないとね♪
幸いにも強力粉の量は約1.5kg。消費しきる頃には上手くなっているさ!…多分(笑)
 
 
 
■追記■
ワサビのムースは元々白っぽいそうです。
「なので、黙って食べていただくと、反応が面白いですよ(^∇^)」 ←先生からのメール(笑)
 
というわけで、騙されてくれる人を募集中です~♪
…書いたら意味ないって(笑)
 

ほんわり、さくら味♪

今年もてりたまの季節ですね~!
というわけで、久々にマクドナルドでごはん。
「さくらてりたま」なる目新しいメニューを発見、早速いただいてみました♪
DSCF0005DSCF0010
 
何が嬉しいかって、レタスの葉っぱが大きい(切り刻まれていない)こと!
しかもたっぷり入っていました…個人的には大満足~^^
 
てりやきソースはいつもの味。
HPには「淡いピンク色のさくらソースでアレンジ」とありましたが
分解してみてもそれらしきソースは見当たらず(笑)
でも…ほのかにではありますが、さくらっぽい味は確かにしました。
さりげな~い演出という感じで割と良かったかも^^
 
蛇足。
購入時にいただいたレシート。
「サクラテリタマ」に続けてなぜか(ピンク)という表記が…
DSCF0031
単純に「ピンクのラップの商品が“さくらてりたま”です」という案内?
それとも他にラップの色が存在するのかな??
 
多分、前者だと思うけど…客だけでなく店員さんも区別しやすいしね^^;
 
 

サンワさんで果物三昧♪

本日のお昼ご飯はこちら^^
DSCF0002
DSCF0005
生スターフルーツジュース(1杯200円)。
名前の通り、スターフルーツのフレッシュジュース(笑)
グレープフルーツのような爽やかな柑橘系の味わいと
トロピカルフルーツの甘みを足したような味です。
…全く説明になっていませんね(苦笑)
 
以前、ケーキに飾り付けられていたスターフルーツを食べたことがあるんですが、
全然美味しくなかったんです…苦みと青臭さが強くてーー;
おそらく熟しきっていなかったんだろうと思いますが、
その時の印象が強すぎてスターフルーツには手が出ませんでした。
 
あまりにも「記憶の味」と違いすぎて仰天しましたよ!==;
次は丸ごと買ってお家で食べてみようかな^^  …お値段にもよるけど(滝汗)
 
 
今日もサンワさんで柑橘類を購入~☆
DSCF0021
 
一番大きいのは以前紹介したことのあるポメロ。
手前にあるのはたんかん(左の2個、鹿児島産)と、はるみ(右の3個、広島産)。
 
今夜ははるみを実食♪清見とポンカンの掛け合わせだそうです。
とても甘く酸味はほとんど感じません。水分は少なめかな。
 
たんかんはポンカンとネーブルの交配種で、
手で剥かずにオレンジのように切って食べるのが良いとか。
明日の朝ご飯にしましょう♪
 
ポメロは数日部屋に置いて柑橘の香りを堪能した後でいただきま~す♪
 
 
 
最近、柑橘系の香りに飢えています。。。疲れているのかなーー;
 
 

大島トマト

父の元職場・長崎の大島造船所にて栽培されているトマト。
皮が固く、実がしっかりしているのでこんなに薄くスライスしても大丈夫♪
DSCF0015
DSCF0027
父曰く「孫へのホワイトデーついでに送ったる!」とのこと(笑)
嬉しい“タナボタ”♪だってこのトマト、本当に美味しいんだもん!
皮も実もしっかりしていて、糖度が高い上に酸味もしっかりある。
トマトが好きな方にはぜひとも味わってほしい逸品です。
でもこれ、生産量が少ないらしく、あまり流通していないのよね…
 
 
このトマト、今はすっかり有名になった「甘太郎」が出回る直前に販売開始されました。
実が詰まっていてしっかりした食感。とても甘くて、でも味はしっかりトマト。
初めて食べた時の感動は今も記憶に残っています。
 
2年前、結婚報告に佐世保へちょっと里帰りした時に持たされたお土産もこれでした。
久々に食べてやっぱり感動しましたよ…
 
この美味しさ、多くの方に味わってほしいと本当に思います。。。
さ。今夜も贅沢に“丸かじり”するか♪
 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。