無駄になってほしい“予行練習”

きっかけは、虎ノ門書房さんの店頭で販売されていた これ でした…

 
地図ですから活用しなければ意味がありませんが
そのコンセプトを考えると、出番が来ないことを祈るばかり。
でも、“もしも”の時に慌てないように読み込んでおいた方がよいもの…
 
内容を頭に叩き込むには実際のルートを歩いた方が手っ取り早いので
日曜日(8/7)に以下の条件で歩いてきました。
 
◆ルート 
  JR新橋駅(職場最寄り駅)~JR浦和駅(自宅最寄り駅)へ至るルート
  中央通り~白山通り~中山道(国道17号)
 
◆歩行距離
  約27km(新橋~巣鴨:10km、巣鴨~浦和:17㎞)
  ※帰宅支援マップのルートを遵守、
    新橋駅~ルートまでと埼玉県庁~浦和駅は最短コースで歩行
 
◆予定所要時間
  7時間 (4.5km/h、休憩:1時間)
  ※休憩は1回につき10~20分。ペースは普段よりやや遅めに設定しました。
 
◆服装・携行品
   ただし靴は運動靴、熱中症対策として帽子を被る
  ・水は最初500mlのみ携行
   以後、ルート上にあるコンビニエンスストアで適宜補充(すべて500mlペットボトル)
  ・帰宅支援マップ
 
◆気象状況
  晴れ、微風または無風、気温:35℃/27℃
 
 
 
結果はこのようになりました。 ※( )内は交差点、地名
 
  8:00   JR新橋駅(SL広場)出発~中央通り(新橋)へ
  8:30   日本橋通過
  8:50   万世橋(秋葉原)通過、国道17号へ(神田明神下)
 
  9:00   スポーツドリンク購入

  9:10   国道17号から春日通りへ(本郷3)
  9:25   春日通りから白山通りへ(春日町)

 

 10:00   スポーツドリンク購入
 10:10   JR巣鴨駅通過
 10:30   高速道路下(こはら児童遊園)で休憩(10分)
 
 11:10   ミネラルウォーター購入
 11:45   薬師の泉”にて休憩(25分)
 
 12:25   ミネラルウォーター購入
 12:35   戸田橋に到達
 12:40   県境通過(埼玉県戸田市)
 12:45   戸田橋のたもとで休憩(10分)
 
 13:05   スポーツドリンク購入
 13:30   蕨市歴史民俗資料館にて休憩(20分)
 
 14:15   ミネラルウォーター購入

 14:20   東京外環自動車道下通過(南浦和)
 14:40   歩道橋下にて休憩(10分) ※足を冷やすため

 14:45   武蔵野線ガード下通過(駅入口)
 
 15:00   ベンチにて休憩(5分) ※足の裏をマッサージ。
 15:05   埼玉県庁通過(県庁前)~支援ルートを外れ、浦和駅方面へ
 15:20   JR浦和駅西口到着
 
 所要時間:7時間20分(うち休憩時間80分)
 
 
思ったより時間がかかってしまいました…
以下、歩いてみた感想です。
 
・太陽は侮れない!
 私の場合、後半になるにつれペースダウンしていきました。
 疲れもありますが、気温と直射日光(特に、身体の前面から)が特に辛かったです。
 夏場はできる限り気温の低い時間帯に出発した方が良いと思われますが、夜の
 移動は危険ですので、周囲を判別できる程度に夜が明けたら 即出発した方が
 良いかもしれません。どうしても歩かなければならない場合は日陰を歩くなど
 何らかの日除け対策が必要だと感じました。
 
・水分
 今回は検証ということで、節約を全く考えずに飲みましたが
 結果は上記の通り、500mlペットボトルを7本消費しました(+公園等の水飲み場)。
 実際に被災した場合、これだけの量を調達できるか不安です。
 なお、人によって好みは分かれるかもしれませんが、スポーツドリンクは飲みやすかったです。
 (ただし、モノによっては甘さが口に残ってしまう場合も…)
 
・服装等
 ある程度動きやすい格好の方が良いと思いました(ロングスカートは重過ぎます…)
 バッグは持たない方が良いです(当たり前?)。
 後半はバッグの重みが背中や腰などに負担をかけていたような気がします。
 手には何も持たない方が良いかも…(せめて軽めのリュックサック程度)
 
・“帰宅支援マップ”について
 ルートおよびその特徴(道幅など)や目標物、コンビニエンスストアの位置など
 正確にまとめられていて大変役に立ちました。
 これがあると無いとでは大分違うのではないでしょうか?
 ただ、地図の大きさに対して情報量が詰め込まれすぎているため
 人によっては見辛い面もあるかも…
 
・その他
 支援マップには記されていない場所で何ヶ所か休憩を取りました。
 (“薬師の泉”“蕨市歴史民族資料館”“歩道橋下”など)
 こういう場所は実際に支援ルートを歩かなければ分からないです。
 
 今回は食事を摂りませんでしたが、日の高い時間帯などを利用して
 食事がてら身体を充分に休める時間も必要かな…と感じました。
 正直、27kmを一気に歩ききるのは無謀かもしれません(私にとっては)。
 実際、浦和駅に到着して20分ほどは疲労で動けませんでした。
 でも、実際に被災して帰宅することになった場合、目的に到着して
 動けなくなるようでは反って危険が増しそうな気がします。
 
 自分に合ったペース、水分補給等のタイミングなどを知るためにも
 全部、または一部のルートを実際に歩いてみた方が良いかも…
 
 いろいろと勉強になりました。
 反省点だらけなので、もう一度チャレンジしてみたいです。
 …もっと涼しい時にでも(^^;)
コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • ミィ  On 2005/08/09 at 18:20

    すっごぉ~い!!歩いたんだね~!感動しちゃった・・・・・わたしは大阪なんだけど 阪神大震災のことを思い出したよ!喉元過ぎればなんとやら・・・で今はすっかり無防備になってるんですよね・・・^^;知識や情報はとても大切なんだけどシュミレーションすると 更にその情報は生きてきますね!でも そのシュミレーションを本当に実施するがんちゃんがすごい!!えらい!!

    いいね

  • モンモン  On 2005/08/10 at 02:28

    すっ、すごい!!!(><)実際歩いておくと、もしもの時に少しは楽かもしれませんね!私は都内に行くことのほうが少ないので、もしもの時も近所に居るでしょけど^^;私も歩きたい!!!涼しくなったら、私も一緒にもう一度歩いてくださいよ~!!^^;なぁんて、もしも意外コリゴリですよね?(笑)

    いいね

  •  On 2005/08/10 at 09:07

    うっひゃ~。お疲れさまでした。実際に体験してみないとわからないことって、多々あるとおもいますが、「なってみないとわからない」では怠慢なんですよね。ましてや、子供を守る親として、もうちょっと真面目に考えておかなければ・・・と反省しました。

    いいね

  • Shin  On 2005/08/10 at 16:24

    いやあ、おつかれさまデシタねぇ~!(^^)!27kmを歩ききる! なかなか出来る事では無い!と思います。まして、当日は結構天候も良く、暑さとの 戦いもあったでしょう。でも、一度体験(経験カナ?)をされておくと “イザ”っというときに  おおいに役立つことデショウ。 (表題にもある様に、ムダになってほしいですね)後半は かなり 足のマッサージをされていましたね。次の日、かなりの“筋肉痛”だったのデハ? ...いずれにしても ほんとうに おつかれさまでしたー。美味しいモノでも食べて ゆっくり 休んで 下さい。( ^ ^ )   ↑てか、食べてるか ・・・。

    いいね

  • がんちゃん  On 2005/08/11 at 12:29

    ♪ ミィ ・・・様 ♪地図を見ただけでは満足(?)できなくて…つい。でも、かなり無謀だったと思います(^^;)万一の時にはこの“無謀なチャレンジ”が役に立つでしょうができればそんな日が来ないことを祈ります(-人-)ミィさん、大阪なんですか~♪余談ですが、私の彼氏や友人は関西圏在住なので、「早く嫁にこいっ!」ってよく言われます…友人から(汗)♪ モンモン様 ♪実は全然コリていなかったりして(^^;)涼しくなったら一緒に歩いてみます?到着後の疲労感はもの凄いものがありましたが感覚的にはちょっと(?)長めのお散歩でした♪でも…知らない場所を歩いている時は精神的に辛かったです。被災時はもっと不安だろうから、歩いておいてよかったかも?♪ Chamomile☆様 ♪にゃはは。ちょっと張り切りすぎました^^;もちろん、やらないよりはやった方が良いと思いますが真夏の炎天下にすることではありませんでした…ーー;自分のアホさ加減もよ~っくわかりましたとも。…すぐ忘れちゃうと思いますけど☆←コラ。♪ Shin様 ♪当日に“泡のでる麦茶”で乾杯しましたとも~♪(あ。ブログに載せるの忘れた…)20kmを超えた辺りから足裏が痛くなってしまいこまめにマッサージしていました。でないと足が進まないんですもの…(泣)でも、一番辛かったのは靴の中が熱くなること!自分の体温だけでなく、アスファルトのせいもあると思います。ちなみに、足に関しては筋肉痛を感じませんでした。今痛いのは背中から腰にかけて…疲れてくると前傾姿勢になるので、それを直そうとして無理やり背筋を伸ばしたのがいけなかったようで…あとはやっぱり通勤カバンですね。余計なものは持っちゃ駄目ということがよく分かりました。…無駄になって欲しいけど…う~ん。複雑かも…

    いいね

  • ろん  On 2005/08/11 at 21:26

    この暑い中、翌日は会社だというのに、試してしまうがんちゃんは、すごいですね…。まぁ実際に災害は、暑かろうが、寒かろうが、いつ起きるかわからないのだから、いつやってもいいんでしょうけど。ルートを見ると、自宅とかなりニアミス?してますね(笑)感想はかなり参考になります。歩いていなければ決してわからないことばかりです。一番気になったのは、水の問題です。今回は暑かったせいもあってこれだけの水分が必要になったのかもしれませんが、それでも相当量の水が必要になることは間違いありません。いつか起きるかもしれないと思ってはいても、なかなか実感できない災害なので、こうして実際に身体に教え込むのもいいことですね。でも次の日が休みじゃないと、なかなかできないなぁ~

    いいね

  • がんちゃん  On 2005/08/13 at 14:10

    ♪ ろん様 ♪お返事遅くなってすみません~!こんなへっぽこレポートでもお役に立てるようでしたらとても嬉しいです。猛暑でのチャレンジはかなり無謀だったと思います。戸田橋を越えてからは暑さと疲労との闘いでした。思考力も低下して、支離滅裂なことばかり考えていたような気がします…本番でなくて良かった…やはり、ご自宅に近い場所を歩いていましたか(笑)。実は、巣鴨を出てから戸田橋へ至るまでの区間が精神的に一番辛かったです…知らない場所ですし。水に関しては、職場の方が新橋から巣鴨まで歩かれた時にも1リットル近く消費したという事ですので、災害時の調達方法を真剣に考えた方が良いかも?日曜日決行は予定外だったのですが、意外にも翌日に響かず平気でした。と言っても、整骨院でマッサージしてもらった時にはあちこちで悲鳴を上げていましたけど…(笑)

    いいね

トラックバック

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。