光未来展+α(その3)

3回目にしてようやく登場の「+α」部分です…(^^;)

 

「光未来展」会場である モリゾー・キッコロメッセの右半分(入口を前にして)では

同じく期間限定の 「知的財産が拓く未来の夢」展 が開催されています。

主催者は 特許庁。

 

…なんか、固そうな展示っぽい…(ーー;)

と思いつつ、お隣さんのよしみ?で入ってみたところ、中身はやっぱり小難しい~!(^^;)

 

ところが。

意外にも(失礼?)楽しめるというか、興味を引かれる内容でした。

展示の仕方は上手いし、一般人の関心が行きやすいものを中心に

「実はこんなものにも○○の部分に特許が…」という手法で

知的財産権について大変分かりやすく説明されていて、勉強になりました。

だって…展示品として カップ麺やお菓子、ゲーム機がずら~っと並んですもの(^^;)

 

また、テレビや携帯電話などを製品第1号から最新のものまでずらりと並べた

「知財のタイムトンネル」では、ショルダーホン(携帯電話の第1号)の現物が

展示されていて非常に感動しました。というか、ホントにでかかった…

 

出口付近では 有名ブランドのバッグなどの本物&偽物を一緒に展示して

「こんな物を作ったり、買ったりしてはいけません!」と強烈アピール。

…ごめん。見分けつかないわ、私(^^;)

 

でもね。

実は、ここへ来た本当のお目当ては ↓ でした… 動機が不純ですみません。

「万博会場では、当展示でしか見ることができません~!」

という呼び込み(?)のお兄さんの言葉に惹かれて、つい…というのが

入館する気になった本当の理由でした(^^;)

TOYOTAのパートナーロボット(トランペットを吹いてるアレ)はどうでもいいけど

ASIMOは間近で見てみたいと ずっと思っていたのです。

残念ながら歩いてはくれませんでしたが、声や気配に反応して頭を動かし

手を差し出すと、握手するためか腕を伸ばしてくれました(触るのは禁じられています)。

指の動きもリアルで、ちょっと動作がゆるいことを除けば人間の動きのようでした。

 

あああ。幸せ~♪o(*^ー^*)o

 

ロボットは他にもいくつか展示されていたので、そのうち2点をご紹介します。

 

■ロボットスーツ「HAL」

 人間の身体に装着して使用します。これを装着して相撲を取ってみたいなぁ…(←卑怯。)

 

■HRP-2 Promit

 コレ見て「ガンダム~♪」と喜んだアホは私です(^^;)

 説明書によると「人間と一緒に働くヒューマノイド」。

 でも、どんなことができるのかイマイチわかりません…

  

 

 

他にも ヘビ型ロボットや清掃ロボットなど、多種多様なロボットが大集合でした。

一瞬、この会場が「知財関係の展示」であることを忘れてしまった私…

まあ… 確かにロボットは「知財」の塊が闊歩しているようなものですね(^^;)

 

こちらも開催期間は22日(日)まで。ちょっと遠いですが興味のある方は是非♪

…で、ついでに お隣の「光未来展」も覗いてくださると、非常に嬉しいです^^

 

 

※「知財展」イベント情報

  20日(金)は19:00から ロボットバトルでおなじみの菅原雄介さん

  がトークショーに出演されるそうです。アフロちゃん、連れてくるのかなぁ?

  行きたいけど…仕事がなぁ、外せないんだよなぁ…(泣)

コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • モンモン  On 2005/05/20 at 13:37

    ロボットバトルのアフロちゃんって、あの頭からシャボン玉が出てくるやつ?テレビで一度だけ見たことがあります。^^;あの動き、ちょっと可愛いですよね。

    いいね

  • K  On 2005/05/20 at 14:06

    HRP-2は、前に日本舞踊踊ってましたね。 ここだけでも、見に行きたい感じですねえ^^。多分一日中居れると思います^^

    いいね

  • ろん  On 2005/05/20 at 22:09

    以前読んだ本に書かれていて、僕自身もなるほどと思ったのですが、どうも日本のロボットは、やけに人間の形にこだわる傾向にあるのではないかということです。そしてそれを伝えるマスコミに問題があるのではないか…と。アシモは、実は、多くの機能は裏でオペレータが操作しているということを、別にホンダは隠しているわけでもないのですが、それをマスコミはあまり伝えないものだから、まるで「鉄腕アトムまであと一歩!」みたいな誤解が生んでしまってる気がします。アシモのサイトにはきちんと書かれてます。http://www.honda.co.jp/ASIMO/technology/tech_08_3.html> ASIMOは携帯用のコントロールパソコンを使って、> 思い通り自由に動かすことが出来ます。決して、ロボットは完成されたものではなく、まだまだこれからの技術であるという部分も、マスコミは伝えるべきではないかと…もちろんロボットを否定しているんじゃないですよ♪日本未来科学館で見た、アシモの人間そっくりのリアルな動きにはほんと「すごいなぁ」って思いましたから…すいません、長くなってしまいました…

    いいね

  • がんちゃん  On 2005/05/21 at 19:18

    お返事遅くなってすみません~!…って、最近こればっかりだなぁ…ーー;♪ モンモン様 ♪それです~バブリーなアフロちゃん♪あの子、可愛いですよね。私も欲しいです^^もっとも、操縦に関しては全く自信がないのでバトルには参加させないと思いますけど…♪ ポンK様 ♪日本舞踊ですか…見たことあります、多分。間近で見ると、意外と小さくてビックリしました。(ちなみにASIMOはイメージより大きく感じました)確かに、時間に余裕があったら1日張り付いていそうです^^♪ ろん様 ♪最近、TVでも似たようなことを特集していました。「何故、日本人は2足歩行ロボットにこだわるのか」…どうしてでしょう?もしかしたら、アニメーションで「ロボット」のイメージが確立しているのかもしれませんね。ASIMOに関しては「2本足で歩く」ことそのものに技術の素晴らしさを感じます。ちゃんと注に浮いているし、バックもできるのですから…自分の意思で歩き出したら、それこそ脅威ですね。

    いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。