光未来展+α(その2)

さてさて。前日続き展示品をご紹介します。

まずは、うちの職場も開発に携わったこちらから。

ろん様がコメントで触れておられた白色LED。

一般家庭で普通に使用される日も近いんでしょうね…

 

 

「3原色が合わさるとこうなります」の実践版。赤・青・緑ですけど(^^;)

思わぬところで理科のお勉強…?

 

 

手元の簡単なボタン操作で、色の濃淡や組み合わせを楽しめる装置。

LEDの反応の良さや組み合わせの多様性が成せる業です。

(でも…素通りする人が多いんだよな。もったいない…)

 

 

信号機メーカーとして有名な小糸工業(株)さん製作の「まきまき信号灯」。

その名の通り、紙のように曲げることができる信号機です。

臨時に設置する必要がある場合(例えば起きてほしくないけど災害時など)には

この「まきまきできて持ち運びできる軽量仕様」が役立ちそうですね。

ちなみに、会場では点灯していない状態のものを触ることができます。

 

 

光で植物を効率よく育てる研究をしている「LED菜園」。

色によって成長速度が全然違うそうです。

熱をあまり放出しないLEDならではの実験ですね^^

 

 

以上、簡単にご紹介させていただきましたが、

できれば実物に触れていただきたいというのが正直な思いです。

これだけの技術を一度に見る機会なぞ そうそう無いと思いますので…

しかも、この展示会は22日(日)までの期間限定開催なので

本当に時間が無いのです。(※最終日は午後6時まで)

 

当然ながら、キッコロライトの工作教室も まもなく終了です。

実は… 相変わらず多いんです、問い合わせの電話が。

そして 「キッコロの形をしたライトですよね?」 という

妙に確信めいた言葉を発する方が多いのも変わらずのようで…(^^;)

 

関係者としての助言ですが、もし参加を希望されている方がいらっしゃいましたら

大変お手数ですが 開場と同時に モリゾー・キッコロメッセ へお越しください。

教室の回数は1日当たり3回ほど増設しましたが(1回の定員は45名)

早い時は 午後を回った頃には整理券が無くなると聞いていますので…

 

余談ですが、キッコロライトの形はカプセル状(全長約3センチ)です。

しかも青色LED。緑じゃありませんのであしからずご了承ください ^^;

※実物の写真を過去の記事に載せていますので、気になる方はそちらをご覧くださいませ♪

 

さて。次の記事は「光未来展」から離れまして

同じく22日(日)まで限定開催のお隣さんをご紹介します♪

コメント・トラックバックは受け付けていません。

コメント

  • ろん  On 2005/05/20 at 21:42

    本文で、私のコメントに触れていただいたみたいで…LED大好きな私としては、ほんと楽しいイベントですね。東京でもやってくれないでしょうか??「まきまき信号灯」は、先日ニュースでも取り上げられてましたね。LEDならではの商品です。「LED菜園」は、なるほど!と思いました。植物を育てるのに必ずしも自然光である必要もないし、ましてや白色である必要なんてのもないってことですね。植物に必要な色(…つまり波長ですね)があるのかぁ。これからも、いろいろな応用商品が出てくるでしょうから、とても楽しみです。

    いいね

  • がんちゃん  On 2005/05/21 at 19:04

    ♪ ろん様 ♪実は、ろんさんのコメントを見て写真を掲載しました。白色LEDの開発は大変だったと聞いていますが一般のお客様にしてみれば「蛍光灯とどう違うの?」かもしれませんね。東京でもビックサイトなどで「○○ショー」規模の催し物は行われているようです。ただし、この場合は企業別の展示となってしまいますので「○×社のLEDコーナー」になってしまいます。それ以前に、一般客を受け入れているかどうか…

    いいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。