日別アーカイブ: 2005/05/04

彼女はやっぱり不思議ちゃん。

※この記事は「彼女は不思議ちゃん。」の続編になります。

 恐れ入りますが、はじめに 前編 & 後編 をお読みください…

 (でないと、意味が繋がらないのです…すみません。)

 

  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★  

 

Uさんから「お食事でもご一緒に…」という電話が入ったのは4月の初め。

あの話、冗談では…なかったんだ…やっぱり。(^^;)

なにしろ、Uさんと私との関係は「微妙なラインの知り合い」(by sillywalk様)。

しかも、ここ数年は年賀状のやりとりしかしていなかったのに…急にどうしたの???

 

まあ、こういうきっかけでもないと専業主婦の彼女が外出するのは難しいのかも…

いろいろと考えつつ、待ち合わせ場所の新宿へ向かったのでした。

 

 U「○○さん(私の本名)、お久しぶりです」

5年ぶりに会った彼女は、以前より少々痩せて見えたものの元気そうでした。

2歳半になる息子さんはご主人に預けてきたとか…残念!会いたかったのに。

 

とりあえず近くのレストランへ移動し、食事をとりながら

料理の話(作り方とか)などに花を咲かせていたのですが…

 

やっぱり彼女は どこか不思議。

 

 U「Winkのお2人のうち、○○さん(私の本名)はどちらがお好き?」

 

…え?いきなり何??というか、今までの話題(料理)との関係はっ???

あまりにも唐突に尋ねられた私

 私「Winkのファンではなかったので分らないです…」 

と答えるのが精一杯でした。実際、Winkには興味なかったし。

 

でも…そんな空気を全く察していないUさん。

 U「私は鈴木早智子さんの方が好きなんです」

から始まり、彼女の容姿がどうとか、声がどうとか… (以下略)

 

で、ひとしきり喋り終わって満足すると

 U「でね、芸能人の○×さんに会って一緒に写真を撮った事が…」

と、芸能人に関する話題を30分にわたって喋り続けたのです。

 

その間の私、「へえ…」「そうですか…」と、適度に相槌を打つだけ。

さすがに間が持たなくなってきたので、別の話題を振ることにしました。

 

 私「あの…お子さん(Kくん)はお元気?」 

 U「ええ、おかげさまで元気ですよ~」

 

そこからしばらくは子供の話、ご主人の話などが続いたのですが

ママ同士との交流話にきて、またまた 不思議パワーが…

 

 U「…『Kくんのパパ』も良いといってくれるし…」

 

なぬ?

一瞬聞き流しそうになりましたが、Kくんって…Uさんの子供のことだよね??

つまり、Kくんのパパ=Uさんのご主人 だと思うんだけど…

 

ということで、ちょっと実験(?)してみました。

 私「Kくん、今日はご主人が面倒見てくださってるの?おばあちゃんとかじゃなくて」

 U「ええ、そうなんです。Kくんのパパが面倒を見てくれているんです」

 

…子供が絡むと呼び方が変わるようです。

そういえば、独身時代の頃のことを話していたとき

ご主人のことを「主人」ではなく「彼」と言ってたっけ…(ーー;) 

(※普段は「主人」と呼んでいます)

呼び方はその時、その場でいろいろ変わるものだとは思いますが

ここまでキッチリ使い分けているとは。

思わず「ご主人とKくんのパパって、別人?」 と突っ込みたくなったのですが

相手はUさんだしなぁ… 冗談、通じないよね…きっと(ーー;)

 

 

その後は またもや血液型の話だの 「あの人は今」元職場バージョンなど

電話と同じ内容を延々と喋り続けたUさん。

…もしかして、いつも同じ話をしているから覚えているのかな?(^^;)

 

最初はちょっと憂鬱だった彼女との約束ですが

お別れするときには「次は浦和で食事を♪」ということになっていました。

彼女にとっては良い気分転換になったようで、とっても生き生きしていたし

(待ち合わせ場所で顔を見たときは「どこのオバサン?」って思ったし…)

なんだかんだ言って とても楽しかったですし(^^;)

 

でも…やっぱり不思議な人です…

ブログのネタにしている私が言えた事ではないんですが。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。